馬淵澄夫はなぜ山本太郎と勉強会を立ち上げたのか 警戒する立憲民主が妨害?

馬淵澄夫はなぜ山本太郎と勉強会を立ち上げたのか 警戒する立憲民主が妨害?

「消費税減税研究会」の設立総会で握手する馬淵澄夫衆院議員(右)とれいわ新選組の山本太郎代表

 ボディビルは趣味。その鍛えられた肉体は、映画「ターミネーター」主演のアーノルド・シュワルツェネッガーのようだと永田町でネタになったほど。民主党政権時代に国交相だったが、尖閣諸島の中国漁船衝突映像流出事件の責任をとり辞任。会見では「I'll be back(私は戻ってくる)」と映画のセリフそのままを残して去った。その後、党代表選に出馬するなど復活したが、2017年の総選挙では希望の党の合流騒動に巻き込まれ落選してしまう。

 ただ、そんなことで終わらない。今春現職が辞職することになり何と比例で繰り上げ当選。苦境に陥っても、必ず戻ってくる――それが馬淵澄夫衆議院議員だ。

 じつはその馬淵氏こそが、なかなか前へ進まない野党結集のいまや重要なキーマンなのである。タッグを組んでいるのが参院選で200万票以上の票を掘り起こしたれいわ新選組の山本太郎代表。山本氏はいま馬淵氏を「兄貴のように」(馬淵氏周辺)慕っているという。

 馬淵氏は、民進党時代は選対委員長など党務で力を発揮した。復帰後、そうした力量を買う立憲民主党の枝野幸男代表や国民民主党の玉木雄一郎代表などは入党を持ちかけた。にもかかわらず、馬淵氏は断り無所属を貫いている。その真意は野党結集のためにはその立場の方が誰にでも対等に会えて動きやすいからだ。馬淵氏は私に明かした。

「永田町に戻ってきて、想像以上に野党のバラバラ感が大変なものだなと。たとえば採決でも微妙に違うんですよね、国民と立憲は。こんなことをやっていたら、自民党を利するだけ。無所属というポジションでいようと思ったのはどの政党にも等距離で野党間の結集の核になれるからです」

 その馬淵氏が、最も重要だと仕掛けているのが結集のための政策の柱。たくさん必要はない。いくつかが合致すればそれで十分だという。その一つが、10月30日に発足した「消費税減税研究会」だ。馬淵氏の「減税」へのこだわりは半端ではない。

「私は2010年から増税に反対して来ました。民主党政権時代、菅直人元総理退陣後の党代表選に出たときからデフレ下での増税は絶対にダメだと訴えてきた。デフレ脱却議連も率いて、日銀法改正で日銀に私案を申し入れに行ったりもした。民主党政権が終わって下野し民進党になったあとも代表選に必ず出るぞと減税政策を磨いてきました」

 馬淵氏はその後論文も書き、17年総選挙では個人で独自にマニフェストとして掲げた。今回、この「減税」を野党結集の際の基本政策にできると研究会を発足させたのだ。

「減税論文は1年半かけて有識者や若手官僚などと一緒に研究して作りました。消費税を下げ、減税分の財源確保は所得税や資産課税の見直しなどをミックスする。アベノミクスに真正面から対抗できるし、国民の支持、生活者の支持を得られる。これを野党結集の目玉政策にできます」

 ただ、その研究会は共催者がいる。野党結集のシナリオの中で大きな存在感を示している山本氏だ。馬淵氏は2人で組んだ狙いや山本氏の存在についてこう話した。

「野党結集にはいろいろな役目を果たす人がいる。自分もその一人として果たさなければならないが、もう一人挙げるなら山本代表です。野党結集のためには誰をリーダーにするかも大事だが、それ以外にも発信力やインパクトがあって世論を動かすような役回りが絶対に必要。山本さんの発信力や参院選で200万票以上を取ってきた力は凄い。この人を野党連立に取り込まないといけない。放っておいたら自民党に手を突っ込まれてしまう。彼をグリップするためにあえて減税研究会は一緒に立ち上げた。彼もまた減税政策をやるべきという考えですから」

 一方の山本氏だが、参院選公示日前日に、私との一対一の取材にこう語った。

「私は与野党の持っているパイを削りに行こうという気はさらさらない。やろうと思っているのは、いま政治に関心を持ってない人たちの浮動票に対して語りかけたい。小沢一郎さんや同じ会派だった国民民主党の幹部に、私にそれをやらせてくださいと言いました」

 そして、あくまでも目指すのは野党結集だ、と私に断言していた。

「(参院選で)野党がまとまって大きな受け皿となれるなら、(れいわは)やる必要がないと思っていましたが、できなかったから行動した。いまの政治に足りないものは緊張感。野党側がもっとガチンコで喧嘩するという姿勢を見せるしかない。私は体を張って、掘り起こした票と共に外側から野党みんなの尻を叩いて党結集の起爆剤になります」

 じつは馬淵氏の復帰後山本氏はその下を訪ね、総選挙や野党結集などで意見交換を求めてきたという。そのときの山本氏は「経験のある馬淵さんにいろいろ教えて欲しい」と謙虚で、逆に山本氏の存在感が必要と考えていた馬淵氏も「じゃあいろいろやって行こう」と意気投合したという。参院選後、週に1〜2回のペースで会っているようだ。


■立憲民主は疑心暗鬼?


 馬淵氏の野党結集シナリオには、じつはまだまだ二の矢、三の矢がある。それは、一つの政党が唯一の道ではないというもの。再び馬淵氏。

「私は足掛け20年二大政党制を信じてきたが、成熟社会の中で、多様な価値観を一つの政党で補い二大政党に収れんして行くのは難しいのかもしれない。いまの政権だって自公連立。野党がもちろん一つの政党になるに越したことはないが、できないなら連立政権でもいいじゃないか。来春をめどに野党の連立政権構想を示す。二大政治勢力でもいい。立憲や国民がいろいろあってすぐに一緒になれないなら連立でも国民に選択肢を示して政権交代できる」

 その際に山本氏が生きてくる。

 一つの政党だと代表がいて幹事長がいてとポジションが限られ、役職に就けなかった者同士のパワーバランスや軋轢でいがみ合ったりする。しかし、多党連立なら多くの役者がズラリ横並びでそれぞれ個性や存在感を示せる。

「山本さんは山本さんらしく発信していまやっておられるように全国を回って対話をやる。そして票をとってくる。一方で経験的に言えばリーダーはやはりこの人みたいな、野党みんなでそういう理解をしながら進めて行く…、連立政権構想とはそういうことです」

 減税研究会の第一回目の会合。広く野党への呼びかけに対し現職議員は22人が参加したのだが、なんと、立憲民主党内には通達がばらまかれた。そこには逢坂誠二政調会長と蓮舫参院幹事長の連名があり、他党や他会派の勉強会への参加は党の許可が必要というものだった。馬淵氏や山本氏が主導する野党結集に不満があるのか。それとも、立憲の議員が山本人気や馬淵氏の減税政策に引き寄せられ離党者などが出るという疑心暗鬼があるのか。だが、逢坂氏は「自分は通達の存在を知らなかった」と党内の若手に話しているという。では、一体誰が書いたのか、ここでも度々あった野党間の感情的しこりなどが相変わらず背景にありそうだ。

 ただ、馬淵氏も山本氏もそんなハプニングは予想の範囲内だ。次期総選挙へ向けて野党が一つの政党であれ、連立であれ、とにかく結集しなければもうあとはないのだから、特にリアリストの枝野代表や玉木代表らはそこへ向かって党内をリードして行くはずと馬淵氏らは考えている。そうでないならそう持って行くのが役目と覚悟している。

 山本氏は、研究会のあとの会見で「(通達は)脅威と思っているんじゃないですか」とチクリ。その分をカバーするように馬淵氏が「野党が結集していく軸として、消費税減税を次期衆院選に向けて公約にしたい」と大所高所から立憲へラブコール。役割分担を早速披露した。

 そうした中、11月4日に馬淵氏が奈良で単独の自動車事故に遭い大ケガをしたとの一報が私のところに入った。驚き、確認したところ命に別状はないとのこと。安堵した。ただ全治1ヶ月の重傷。妻の運転する車で政策意見交換の会合の帰りに道路脇の崖の壁への衝突事故だった。本人は「2週間で退院する」と話しているという。野党結集のキーマンとしてなくてはならない存在。We hope 「You'll be back」。(了)

鈴木哲夫/ジャーナリスト

週刊新潮WEB取材班編集

2019年11月7日 掲載

関連記事(外部サイト)