河井案里議員のウグイス嬢「日当3万円」疑惑 専門家に「プロじゃない」と言われる理由

河井案里議員のウグイス嬢「日当3万円」疑惑 専門家に「プロじゃない」と言われる理由

河井案里議員

 7月の参院選で初当選した河井案里議員(広島選挙区)の選挙陣営が、ウグイス嬢に公職選挙法で定められた日当の上限(1万5000円)の倍となる3万円を支払った疑いで、夫の河井克行衆院議員は10月31日、法務大臣を辞任した。今回の疑惑、公選法では買収行為に該当するが、実は、ウグイス嬢へ上限を超える日当が支払われるケースは珍しくないという。

 ***

 報道によれば、河井案里氏の陣営は、ウグイス嬢13人に対して、一人につき日当3万円を支払うため、領収書を選管に届け出る「河井あんり選挙事務所」宛てと、「河井あんり事務所」宛ての2枚に分けて出していたという。これが事実なら、連座制が適用されて、河井案里氏の当選も無効となる可能性もある。一方、ウグイス嬢の1人は新聞社の取材に、運動員(ウグイス嬢)として8日間の報酬12万円以外に、選挙公示前に備品代として12万円を受け取ったと説明している。真相解明までには、しばらく時間がかかりそうだ。もっとも、ある選挙プランナーに言わせると、

「今回のような話は、よくあることです。正直言って、日当1万5000円程度では優秀なウグイス嬢は集められません」

 実際、過去に似たようなケースで何件も事件化している。例えば、

 2017年10月の衆院選で、自民党・谷川弥一衆院議員(長崎3区)の選挙陣営が、運動員に違法に報酬を支払っていたことを陣営関係者だった男性が今年7月、長崎県警に告発。谷川陣営は、ウグイス嬢4人に対し、法定上限額を超える分の報酬として、合わせて78万円を支払っていた。

 東京地検特捜部は2016年4月、2014年の東京都知事選で落選した元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏と選対事務局長だった島本順光氏を公選法違反で逮捕した。田母神容疑者の都知事選の選挙運動費用収支報告書には、ウグイス嬢5人の人件費として計22万5000円しか計上されていなかったが、実際はウグイス嬢5人に280万円を渡していた。島本容疑者は17年7月、懲役2年執行猶予5年、田母神容疑者は18年12月、懲役1年10ヶ月執行猶予5年の刑が確定している。

 2013年7月の参院選挙では、生活の党から出馬して落選した広野允士(ただし)元参院議員の公設秘書、大畑清美氏が、ウグイス嬢4人に日当3万円を支払ったことが発覚し、逮捕された。大畑氏は同年11月に懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決が確定した。4人のウグイス嬢のうち3人を略式起訴し、罰金と追徴金が科された。秘書が逮捕されたため、広野氏はその後5年間参院比例選への出馬が禁じられている。

 13年の参院選では、奈良選挙区から立候補した民主党の大西孝典氏(落選)の陣営でもウグイス嬢買収があった。40歳代(当時)の運動員の女性が9人のウグイス嬢に日当約3万円を支払う約束をしたとして、奈良県警が公選法違反容疑で書類送検し、奈良区検が略式起訴をした。運動員の女性は罰金と公民権停止3年が科されたという。

 といった按配で、ウグイス嬢に1万5000円以上を払って、事件化した例は枚挙に暇がない。


■地響きのような迫力


 過去に事件になったケースをみると、ウグイス嬢は日当3万円が相場のようだが、

「確かに、3万円という金額はよく聞きます。しかし、プロのウグイス嬢だと、相場は6万円になります」

 と解説するのは、先の選挙プランナーである。誤解なきように言っておくと、ウグイス嬢といっても、学生など経験のない人は日当1万5000円、司会者やバスガイドなどは3万円が相場だという。ここで言う「プロ」とは、司会者やバスガイドが副業で行うものではなく、ウグイス嬢を専門職にしている人たちのことだという。

 ウグイス嬢と言っても、それぞれ役割分担があるそうで、

「ウグイス嬢は5〜6人のチームを組む場合が多い。その場合、1人リーダーを決めて、彼女がチームを取り仕切ります。その下に遊説のコースを選定する者、遊説の原稿を書く者という具合に役割を決めます。ウグイス嬢は、カラオケが上手くて声が大きい人でないと務まりません。少し声が良くて、ちょっとやってみないかと誘われたからと言って、できるものではありません。例えば、街をまわっている時は、状況に応じて話し方を変えねばなりません。車がスピードを上げると、話すスピードも上げます。病院の前を通る時は、音量を落とします。候補者の地元を走る時は、小さな声で話します。対立候補の車とすれ違う時は、互いにがんばりましょうと声をかけねばなりません。色々と、票を獲得するためのマナーがあるのです」

 国会議員はお抱えのウグイス嬢は少なく、地元の県議や市議が使っているウグイス嬢を使う場合が多いという。

 中には、必ず候補者を当選させる“カリスマウグイス嬢”もいるという。

「10年ほど前に、群馬のカリスマウグイス嬢の遊説を聞いたことがあります。もう、声の迫力が半端ではありませんでした。きれいに澄んだ声ではなくて、地響きのような声です。一度聞いたら忘れられません。今も現役だったら、70歳を超えているでしょうね。すぐれたウグイス嬢は、候補者の格を上げ、この人に投票したいと思わせるような遊説ができる人ですね」

 河井案里議員の疑惑については、こう本音を語る。

「報道によれば、参院選挙の投開票日に河井案里さんの秘書が選挙事務所のスタッフルームで、ウグイス嬢に報酬を渡し、領収書を書かせています。第三者も大勢いるところでお金のやりとりをするなんて、通常は、ありえません。こういう場合、お金を払う側とウグイス嬢の2人だけでやりとりするものです。はっきり言って、選挙のプロの仕事ではないですね。プロのウグイス嬢は、法定上限額以上の報酬を受け取っても、それが表に出ないように完全に裏で処理します。その処理方法に関しては、これ以上、私の口からは言えませんが……。だから事件にもならないわけです」

 公選法も見直した方が良さそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月8日 掲載

関連記事(外部サイト)