「重婚ストーカー」中川俊直氏が今度はYouTuberに

「重婚ストーカー」中川俊直氏が今度はYouTuberに

登録者数は60人前後(YouTubeより)

 中川俊直センセイ、遂にエンターテイナーとして再スタートなさるわけですか。

 中川氏といえば、一昨年、本誌(「週刊新潮」)の報道により、妻帯者で経産政務官の身にありながらハワイで愛人女性と“重婚”写真を撮ったり、“ストーカー”騒動を起こしていたことが表沙汰になった。報道を受けて政務官を辞任し、自民党を離党。その後の選挙への出馬も断念し、いまは浪人として生活している。

「実は最近、中川さんがユーチューバーになったんですよ」

 と驚愕の証言をするのは、さる地元関係者。

「10月に入ってから、突然ご自身のチャンネルを開いて、『一日一新』をテーマに、毎日新しいことに挑戦すると意気込んでいるよう」

 チャンネルを見ると確かに「あぁしんどい」「全盛期はもっとできたのに」と言いながら腹筋ローラーに挑戦する中川氏の姿が。また別の動画では、

「今日は薬用シャンプーを買ってきました」

 と、何やら抜け毛のケアに挑戦(?)したりも。政治について語ることもあり、憲法改正の話題に触れ、

「国民の皆さんにもう一回信を問うてみましょう、というカードも残っているのではないかな」

 などと解散総選挙への希望を覗かせる場面もあるが、よく言うよといった印象も。

 政治部デスクが言う。

「再起を目指すなら、浪人中も知名度を保つため、世間に顔を晒し続けることが大事。7月の参院選に落選した元モー娘。の市井紗耶香も早々に芸能界に復帰しています。彼の場合、テレビに出れば過去のスキャンダルが話題の中心になってしまう。それを避けるために自分でテーマを選べるYouTubeにしたんですね」

 当初は、動画を毎日更新すると息巻いていたが、ここ3週間はなぜか更新が途絶えている。

 政治もエンタメも、継続は力なり、のはずなのだが。

「週刊新潮」2019年11月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)