安倍首相、桂太郎を抜いて在職単独1位に 懸案の後継者問題は第三の選択肢が急浮上

安倍首相、桂太郎を抜いて在職単独1位に 懸案の後継者問題は第三の選択肢が急浮上

安倍晋三首相

 安倍晋三首相の通算在職日数が20日、2887日となり、桂太郎を抜いて歴代単独1位となった。しかし、折しも自身が主催する「桜を見る会」の私物化問題をめぐって厳しい立場に置かれ、「1強」を謳歌してきた政権運営に陰りも見え始めている。併せて政界の名門一族を差配してきた“ゴッドマザー”こと実母の洋子さんも寄る年波に体調不安も重なり、当人が心を砕いてきた晋三氏の「跡目」選びはいよいよ待ったなしになっているという。風雲急を告げる「もうひとつのポスト安倍」問題――。

「令和」の幕が開けるや、安倍家がざわつき始めたという。さりとて、お騒がせの首相夫人、昭恵さんがまたやらかしたわけではない。全国紙の政治部デスクが耳打ちする。

「大型連休に入ってから洋子さんが外出先で転倒し、病院に搬送された。軽い打撲程度のけがだったようだが、併せて身体を精密検査したところ、ある内臓に疾患の疑いがみられ、20日間ほど療養を兼ねて入院していた」

 首相は5月11日、昭恵さんとともに洋子さんを入院先の東京大学医学部付属病院(東京都文京区)に約1時間見舞った。

 洋子さんにとって痛恨の極みは、夫・安倍晋太郎元外相の命日である同月15日を病室で迎えたことだった。

 この日の夜には例年通り「安倍晋太郎氏を偲び安倍晋三総理と語る会」が東京・赤坂の料理店で催されたが、いつも“主賓”であった洋子さんの出席はかなわなかった。

 数日後、洋子さんは退院したが、健康不安は拭えぬままである。6月11日には91歳の誕生日を迎えた。

 洋子さんといえば「昭和の妖怪」と呼ばれた岸信介元首相の長女で、政治家の妻にとどまらぬ存在として知られてきた。晋太郎氏亡き後は安倍・岸家の事実上のあるじとして一族を仕切ってきた。

 晋太郎氏の跡を継いで首相まで上り詰めた次男・晋三氏の指南役を務め、衆院選の際には、全国を遊説で飛び回る息子に代わって地元(山口4区)に入り陣頭指揮を執るのが通例だった。

 とはいえ“引退”の日は誰にも訪れる。「次期衆院選がいつになろうとも、体調が芳しくない洋子さんの地元入りは困難な状況になっている」(同政治部デスク)とささやかれている。


■跡取りの目鼻は


 安倍家にとって、重大な局面である。卒寿を超えた洋子さんの体調不安は図らずも、名門政治家一族が長年抱えてきた「懸案」の決着を急がせる要因になったようだ。声を潜めるのは、安倍家に近い政界関係者だ。

「洋子さんは婚家の安倍家と実家の岸家の政治的血脈をつなぎ続けることに使命と責任を感じ、昭恵さんとの間に子供がいない晋三氏の跡目にずっと気を揉んできた。自身の目の黒いうちに晋三氏の後継者を決め、地盤と態勢を固めておきたいと考えてきた。だが残された時間はそう長くはない。一族ぐるみでこの問題に早急に片を付けようということになった」

 くだんの跡取りは、岸信介、その弟の佐藤栄作、そして安倍晋三という3人の総理を生んだ“華麗なる一族”の「4代目」である。候補はもともと晋三氏の「3人の甥」に絞られていたが、それぞれ本人の意思やお家事情などがあって混沌としていたとされる。

 しかし、ここにきて目鼻がついたもようだ。

「洋子さんの意中の跡取りは、晋三氏の兄、つまり安倍家の長男である寛信氏の長男だった。嫡流へのこだわりだった。だが2013年慶応大卒で大手商社勤務の彼は政治家になる気は毛頭なく、立ち消えになった。このため、その後は晋三氏の弟である岸信夫元外務副大臣の長男か次男のどちらかの選択になったが揺れ動いた。2014年慶大卒、フジテレビ勤務の長男が有力とみられていたが、岸家の後継となることが優先される方向になったようです。結果的に2015年慶大卒で大手不動産会社に勤める次男を晋三氏が養子に迎え、跡を継がせる流れが固まりつつあるようです」(同)

 となれば養子縁組のタイミングが今後の焦点になる。洋子さんもしっかりと見届けたいはずだ。

 振り返れば、晋三氏の父・晋太郎氏は岳父・岸信介氏の首相秘書官に就任し、晋三氏も晋太郎氏の外相時代に秘書官を務めた。安倍家では後継者を秘書官に据え、将来に向けて「帝王学」を傍らで身に付けさせるのが流儀になっている。

 安倍首相の自民党総裁任期は2021年9月までだ。現段階で「ポスト安倍」の行方は党則改正による「安倍4選」の目は消えていないが、官邸筋はこう読み解く。

「4選の話はともかく、安倍首相はこの任期中に跡継ぎを秘書官に起用する心積もりではないか。側近中の側近である経済産業省出身の今井尚哉政務秘書官を9月の内閣改造に併せて首相補佐官を兼務させるという異例の人事を行ったのも、そのための環境整備だろう。自身のために出世もよそに汗をかいてきた今井氏を、首相補佐官という次官級ポストで処遇するとともに、いつでも秘書官を解いて跡継ぎを後任に据える態勢をとったということだ」

 独裁回避のために党則で定めていた総裁任期「連続2期6年」を、安倍・自民党は「連続3期9年」に延ばした。ゆえに在職期間が長くなるのは当然である。あとは2年足らずの任期中に顕著な“レガシー=政治的遺産”を残して「円満退任」できるかどうかだ。

 しかし首相が在任中の最重要課題に掲げる憲法改正にしろ、拉致問題にしろ、北方領土問題にしろ、決着への視界は全く不良である。このまま、なんら道筋すらつけることなく総理の座を譲るのも、さぞ心残りだろう。

 翻って安倍首相が仕えた小泉純一郎元首相は2006年9月の自民党総裁任期満了に伴って首相を退任した(在職日数は歴代6位の1980日)。

 小泉氏によれば「同時に衆院議員も辞職して政界を引退することを考えたが、議員任期を3年も残していたため思いとどまった」という。小泉氏以来、自民党総裁任期満了に伴う首相退任はない。

 自民党ベテラン秘書は「政治家が自身の後継者をオープンにすれば“一丁上がり”の印象が強まる」と指摘する。ここにきて強まる「長期政権の緩み」批判もよそに、なおも「先」を見据えているであろう安倍首相は、跡継ぎをお披露目するタイミングを慎重に計っているに違いない。

 はたして、安倍首相の跡継ぎの“秘書官デビュー”はいつになるのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月20日 掲載

関連記事(外部サイト)