菊池桃子「都議会のドン」のバックアップで東京都知事選出馬に現実味

菊池桃子「都議会のドン」のバックアップで東京都知事選出馬に現実味

菊池桃子

「ブラックボックス」「都議会のドン」――。当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった東京都の小池百合子知事に“悪者”に仕立て上げられ、あえなく敗れ去ったかに見えた自民党東京都連の内田茂・前幹事長(80)が、密かに復活を遂げていたことはあまり知られていない。

「2017年に議員は引退しましたが、現在も『自民党東京都連最高顧問』の肩書で政治活動を続けている。今月19日には東京プリンスホテルで大規模な政治資金パーティーを行う予定になっており、“都議会のドン、完全復活”の感がある」とは、東京都政関係者の取材時の言葉だ。

 内田前幹事長本人は、

「パーティーやるってのは、やっぱり事務所、秘書もいるしね。経費もかかるから、そういう意味で」

 と多くを語らないものの、この都政関係者によると、

「都連は重要案件は未だに内田さんに相談して決めている。彼の後継として都連幹事長になった高島直樹都議は、元々内田さんの子飼いだった人物。都連の総務会長を務めている萩生田光一・文科相も内田さんには頭が上がりません」

 無論、都知事選挙の日程も重要案件の一つである。

〈都知事選 7月5日/月内に決定 五輪から投開票離す〉

 今月6日、そんな見出しの記事を掲載したのは朝日新聞朝刊。記事によると、

〈来年の東京都知事選について、都選挙管理委員会は6月18日告示、7月5日投開票とする方針を固めた〉

 という。投開票日の8カ月も前に日程を決めるのは異例の早さだが、そうなったのには理由がある。実は選挙日程決定の裏で、萩生田大臣や高島都議が暗躍していたというのだ。


■何としてでも引きずり下ろしたい…


「現在、東京都選挙管理委員会の委員長を務めているのは、以前、都議会自民党の幹事長をしていた宮崎章氏。しかし、彼の任期は今年の12月まで。委員の選挙は都議会で行うので、最大勢力の『都民ファーストの会』が後任を決めることになる。そのため、自民党都連としては宮崎氏の任期中に選挙日程を決めてしまいたかったのです」

 と、都議会関係者。

「都知事選に関しては、来年7月24日に開幕する東京五輪と日程が近接することから、特例法による前倒し、先送り論が政府、自民党内にあった。が、大きく前倒しすれば準備が間に合わない。先送りした場合、“五輪熱”で圧倒的に小池有利となる。自民党としてはどちらも避けたかった」

 小池知事は来年7月30日に任期満了を迎える。選挙は任期満了より前の30日以内に行わなければならないが、

「東京五輪の開幕直前ギリギリになればなるほど小池有利になる。7月5日投開票という日程は、数ある選択肢の中で、五輪開幕から一番離れた日曜日です。自民党都連では、萩生田、高島両氏が相談した上で“7月5日が最も有利”という話でまとまり、都知事選候補者選考委員会の場で議論を交わした。こうした自民党の“意向”は何らかの形で選挙管理委員会の宮崎委員長にも伝わっていたと見られています」(同)

 もちろん、どのような日程であれ「小池有利」が揺らぐことはないだろうが、

「小池憎しのドン・内田氏としては何としてでも小池知事を引きずり下ろしたい。対抗馬としては、これまで参院議員の丸川珠代さんの名前が取り沙汰されてきましたが、ここへきて元プロテニス選手の松岡修造さんや、先日経産省次官候補のエリート官僚と再婚したばかりの菊池桃子さんの名前も囁かれ始めています」(先の都政関係者)

 ちなみに、「一億総活躍国民会議」の民間議員を務める菊池については以前も都知事候補として取り沙汰されたことがある。今回の結婚でさらに政界に近づいたこともあり、現実味を帯びてきた形だ。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)