中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領が署名した「最高機密文書」で読み解く日米関係

中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領が署名した「最高機密文書」で読み解く日米関係

中曽根康弘元首相

■機密指定解除「NAKASONE」ファイル(2)


 11月29日に亡くなった中曽根康弘氏が、自民党総裁選で勝利したのは82年11月25日のことだった。実はその1カ月前、レーガン大統領は対日戦略を決定する重要文書に署名していた。「ロン・ヤス」関係が、まさに米国の用意周到なシナリオの産物であることを証明する、最高機密の中身とは――。ジャーナリストの徳本栄一郎氏が迫った(週刊新潮18年1月25日号より再掲載)。

 まだ東西冷戦が続いていた1980年代、日米をかつてない強い絆で結んだのがロナルド・レーガン大統領と中曽根康弘総理の「ロン・ヤス」関係であった。両国の首脳が互いにファーストネームで呼び合うのは歴史上初めてとされ、わが国の存在感を世界に知らしめた。

 そのきっかけになったのが83年1月19日、中曽根が訪米した際のレーガンとの朝食会だったという。

 今のドナルド・トランプ大統領と安倍晋三総理の「ドナルド・シンゾー」関係を彷彿とさせるが、そもそも超大国の指導者がいくら気に入ったとはいえ、こうも簡単に胸襟を開くものか。じつはその裏には米国の国益を第一に考えた綿密な戦略とシナリオがあったのでは。こう考えた私は30年余りを経て機密解除されたレーガン政権の公文書を調べてみた。そして、その中に“中曽根ファイル”とも言うべき大量の対日政策文書が含まれる事が分かってきた。

 予想した通り、「ロン・ヤス」関係はレーガンの咄嗟の思いつきなどではなかった。その陰の演出者たちの動きは中曽根政権誕生の直前から始まっていたのだ。

 82年10月12日、当時の鈴木善幸総理が突如、退陣を表明した。自民党の総務会長を長く務めた鈴木は調整型の政治家として知られたが、外交は不得手でもあった。前年の日米首脳会談後には日米同盟に軍事的意味合いはないと発言し、外務大臣が引責辞任する事態にまで発展している。

 後継者に熱い視線が注がれる中で手を挙げたのは鈴木内閣の中曽根行政管理庁長官、河本敏夫経済企画庁長官、安倍晋太郎通商産業相、そして中川一郎科学技術庁長官の4人だった。党員、党友による予備選挙の実施は11月24日と決まり、各候補の派閥は猛烈な支持獲得合戦を続けていた。


■「総理に選ばれるコンセンサスはできている」


 その最中の11月18日、ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)でアジア担当部長を務めるガストン・シグールが来日し、中曽根と昼食を共にした。NSCは大統領直属の機関で安全保障政策の立案や情報収集を行い、国務省や国防総省、CIA(中央情報局)などとの調整を担う。そのシグールは大学時代に日本史の博士号を取得し、長年アジア財団の幹部を務めて極東地域を熟知する専門家だった。彼は食事を取りながらポスト鈴木の動きを探ったが、翌日、駐日米国大使館からワシントンに送られた報告が手元にある。

「中曽根によると、日本では来週彼が自民党総裁と次期総理に選ばれるコンセンサスができているという」

「予備選では『皆、私が勝つと言ってくれている』とし、25日の自民党総裁選と26日の国会での首班指名選挙で十分な票を獲得できる事を認めた。その自信を誇示するかのように中曽根は総理就任前だがすでに自民党と内閣の重要人事を決めていた。派閥間のバランスに配慮するのは難しいと言いつつ、その過程を楽しんでもいた」

 当時、自民党で中曽根派は弱小勢力に過ぎず、総裁選に勝つには他派閥、それも最大の数を誇る田中角栄元総理の田中派の協力が不可欠だった。このため鈴木退陣後にすぐ田中の支持を取りつけたのだが、それは中曽根を「風見鶏」と嫌う議員たちの反発も呼んだ。

 その筆頭が田中派幹部の金丸信で、田中元総理の秘書だった早坂茂三は著書でこう振り返っている。

「『オヤジの意向は中曾根らしい』と聞き、反対派を代表して金丸信がボスに直談判(じかだんぱん)した。『あれは寝首(ねくび)を掻(か)く男ですよ。信用できない』、『ほかにいないじゃないか。心配するな。中曾根はボロみこしだ。悪さをしたら放り出せばいい』。この後、金丸が私に笑って、こぼした。『オヤジが白だと言えば、黒でも白だもなあ。これが派閥だ』」(『オヤジの知恵』集英社インターナショナル)

 その中曽根も党内の自分の基盤が脆いのを十分承知していたようだ。総理の生殺与奪の権を握る田中派に対抗するには外部からの、それも強力な支援が必要であった。シグールの昼食会の報告を続ける。

「中曽根は政権発足後、できるだけ早くワシントンを訪れてレーガン大統領と個人的関係を築きたいとし、(来年の)1月10日から20日の間を希望した。また貿易と防衛問題が日米関係を阻害している事も認識しているという」

「レーガン大統領から祝意の電話を入れさせようかと伝えると、中曽根はその心遣いに心から感謝の意を表し、首班指名を待たずに自民党総裁選後でも結構だと語った。その際は単なる祝辞で終わらせず日米関係で本質的な議論をしたい意向だ」

「中曽根は防衛分野で日米は共同歩調を取るべきだとし、『日本も相応の負担を担うべきだ』と語った」


■子会社に出す指示書


 念のために言うが、この報告が送られたのは11月19日、まだ予備選の開票の5日前である。各候補の陣営が必死に支持獲得に走る中で、すでに勝利を確信して日米首脳会談の段取りまで話し合っていた。

 そして、この報告はレーガン政権にとっても朗報であった。彼らからすれば中曽根こそ待ち望んでいた日本の指導者だったからだ。

 機密解除された文書によると鈴木総理が退陣を表明した翌日、10月13日の午後にホワイトハウスでNSCの会合が開かれている。出席者はレーガン大統領以下、ジョージ・シュルツ国務長官、キャスパー・ワインバーガー国防長官、ウィリアム・ケーシーCIA長官など政権の重鎮で、この日の議題はずばり「日米関係」だった。

 その年の初めにNSCは中長期的な対日政策の研究を指示して政治、経済、防衛分野の課題と取るべきオプションをまとめたが、この日は各出席者が意見を述べてNSDD(国家安全保障決定指令)を作る段取りだった。

 NSDDとは米国政府の外交、軍事、諜報活動の指針となる文書で大統領が署名して承認される。そして自民党がポスト鈴木を巡り揺れていた頃、10月25日にレーガン大統領が署名したのがNSDD第62号だった。「トップ・シークレット(最高機密)」とタイプされた3枚の文書はまず、「日米関係の根幹は安全保障条約で、それを変えるいかなる企てにも抵抗する」とあり、その抜粋を紹介する。

・日本の西欧志向を維持させつつ、独自の核兵器の開発は思いとどまらせる。

・(80年代末までに)一刻も早く日本に自国の領土、領海、領空及びシーレーン1000海里の防衛能力確保に同意させる。

・米国からの最大限の武器購入を促して日米の相互運用性を維持するが、日本独自の(防衛)システム開発は抑制させる。

・幅広い分野での日本経済の開放を促し続ける。

・日本国内の米企業への完全な内国民待遇と投資上の手続きの透明化を要求する。

 要は貿易摩擦の解消のため市場を開放して米国製武器も買えというのだが、ここで驚くのはNSDD第62号と、総理就任後に中曽根が推し進めた政策がほぼ重なっている事だ。日米同盟を基軸に貿易と防衛で協力すると言えば聞こえはいいが、まるで大企業の本社が子会社に出す指示書のようにも映った。

 11月24日の予備選で中曽根が過半数を獲得すると他の候補は本選挙への立候補を辞退した。そして臨時自民党大会で総裁に選出され、27日に正式に中曽根政権が発足したのだった。

 その2カ月後の83年1月18日、ワシントンで中曽根総理は初の首脳会談に臨んで日米を「運命共同体」と位置付けたが、その翌日に行われたのがレーガン大統領との朝食会だった。前述の通り、この席でレーガンが「ロン・ヤス」関係を持ちかけたとされるが、訪米に同行した外務省出身の長谷川和年秘書官によると事情は少々異なる。それによると、当初は駐米日本大使館の國廣道彦公使と相談し、中曽根の方からファーストネームで呼び合おうと提案するはずだったという。

「ところが、翌朝、朝食会から帰った首相は私にこうおっしゃるではないか。『長谷川君、長谷川君、レーガンさんの方から先に〈自分をロンと呼んでくれ、そして貴方をヤスと呼ばせてくれ〉と言われちゃったよ』。そこでこれは、国広(ママ)公使がレーガン大統領のシグール補佐官(ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)でアジア担当部長を務めるガストン・シグール)に事前に根回しした結果であることを首相にご説明したという次第なのである」(「『ロン・ヤス関係』誕生の記」文藝春秋、2004年8月号)

 日本側は知らなかったかもしれないが、じつはその直前の1月14日、ホワイトハウスで首脳会談に備えたNSCの会合が開かれていた。そこでシグールの上司に当たるウィリアム・クラーク国家安全保障担当補佐官が、「中曽根の目的は大統領との個人的関係を築く事」とする文書を提出した。

「中曽根は大胆でカリスマ性があるものの国内での安定した基盤を持たず、その派閥も自民党で最小の一つである。閣僚の選定で証明されたように、元総理の田中(角栄)と鈴木(善幸)に大きく依存している」

「これが最近の新任の総理の中でもいち早くワシントンに来る背景で、米国との関係を巧く切り盛りできるのを証明する狙いである」


■最高の援護射撃


 クラークが指摘した通り、中曽根政権には発足当初から田中派の濃い影が差していた。閣僚20人の内、女房役の官房長官を初め大蔵や建設、厚生などじつに6人を田中派が占め、それをマスコミや野党は「田中曽根内閣」、「直角内閣」などと揶揄した。

 こうして中曽根がワシントンに到着する前から米国は自国内での彼の弱み、性格を分析し終えていた。ぎくしゃくした日米同盟を軌道に戻そうとする中曽根はまさに待ち望んだ指導者だが、その政治基盤はいかにも頼りない。「ロン・ヤス」関係は田中派を牽制するため、レーガンから贈られた最高の援護射撃だった。

 こうして日米首脳には強力なコミュニケーション・チャンネルが生まれたが、それが遺憾なく効果を発揮したのが大韓航空機撃墜事件である。その後も2人は家族ぐるみの付き合いが続いたが、その中で中曽根を見舞った最初の挫折が総選挙での敗北だった。

 83年12月18日に行われた総選挙で自民党は解散前の勢力を大きく減らして250議席となり、過半数に届かない大敗を喫した。原因の一つは、選挙前のロッキード事件での田中元総理への有罪判決だが、中曽根は新自由クラブとの連立で政権を維持させる。この選挙から4日後、NSCのシグールが上司のロバート・マクファーレン補佐官に覚書を送っていた。

「この選挙結果は幾つもの点で残念だったが、最も重要なのは党総裁として中曽根の地位が弱体化し、自民党の国会運営がより困難になった事である。しかし、その結果を誇張してはならず、できるだけ客観的に評価すべきである」


■米国の国益に適う中曽根政権


 そしてシグールは、自民党が保守系無所属を加えてかろうじて過半数を維持し、社会党が議席を増やしたものの共産党は減らしており、「日本が左翼化した訳ではない」と指摘した。また年明けの1月5日にもマクファーレンに覚書を送り、選挙結果に拘らず日本には防衛力を増強させるべきとし、今後の政局を探るため東京への出張の許可を求めた。

 ちょうどこの頃、日本では次年度予算の編成が大詰めを迎えていて防衛費の増額、特にGNP(国民総生産)比1パーセントの枠を突破するかどうかが焦点になっていた。日米首脳会談でも増額を表明しており、翌年秋にはレーガンの再選をかけた大統領選挙も控えて対日圧力が高まっていた。

 来日したシグールは1月15日に都内のホテルで中曽根総理と私的な夕食会を持ったが、その模様がNSC文書に詳細に記録されている。

「総理は日米間の合意に従って一刻も早く防衛力整備を急ぎたいと語った。全てを達成するのは無理だが、防衛費の(GNP比)1パーセント枠は突破したい意向で、一度これを破ってしまえば更なる増額への心理的障壁もなくなるという。総理は公式には1パーセント枠を守ると表明しており、これは高度な機密情報である」

 国内ではGNP比1パーセント枠を守るふりをしながら密かに逆の本音を伝える、中曽根政権の維持こそが米国には国益に適う選択だった。


■金丸信の書簡


 やがて80年代も半ばに入ると日本の政界は大きな転換期を迎え、それが政権運営に思わぬ影響を及ぼしていく。田中派の分裂である。85年2月に竹下登が政策研究を名目に創政会を立ち上げると金丸信や小沢一郎らが相次いで参加し、同時期に田中元総理が脳梗塞で入院、「闇将軍」と呼ばれた田中支配の時代は過去のものとなった。

 そして世間の関心を集めたのがポスト中曽根で、候補者に安倍晋太郎総務会長、竹下登幹事長、宮澤喜一大蔵大臣の名が浮上した。だが党内の話し合いによる調整は進まずに結局、総理に一任する事が決まった。87年10月に中曽根は後継者に竹下を指名して翌月に新内閣が発足、5年間続いた中曽根政権はこうして幕を下ろしたのだった。

 その新政権が発足する直前の11月2日、東京のある有力国会議員からホワイトハウスのハワード・ベーカー首席補佐官に書簡が送られた。差出人は金丸信、竹下政権誕生の立役者である。英文で2枚の書簡から、金丸が世代交代を訴えて米国に竹下を必死に売り込んでいたのが分かる。

「わが国が国際的責任を果たすには国内政治の安定が不可欠ですが、竹下内閣の誕生はそれをもたらすものと信じています。彼は中曽根総理ほど海外での知名度はありませんが、長年国会運営の舵を取った経験がございます」

 金丸は中曽根内閣が発足した時、「ボロみこし」と嘲笑った田中派の幹部である。その彼も、大統領と個人的関係を築いて利用した中曽根の手腕は認めざるを得なかったらしい。翌年1月に訪米した竹下は初の首脳会談に臨むが、ホワイトハウスのNSC文書は彼を「国際的な知名度が低く、前任者の存在感や手法と比較されるのを気にする」と記述していた。

 ここまで見たように「ロン・ヤス」関係はレーガンの思いつきなどでなく米国の綿密な戦略とシナリオの産物だった。歴代の大統領と側近は米国の国益を第一に考えて周到な情報収集を行い、相手国の首脳の弱み、願望を調べ上げ、必要なら歯の浮くような台詞も用意する。そのシナリオを完璧に演じきったのが俳優出身のレーガンだった。

 だが、レーガンが中曽根に対して抱いた親近感と友情は本物だったようだ。それは死後に公開された日記が裏付け、また在任中に彼は中曽根にある極秘の外交工作への協力を要請していた。それが成功するかどうかで国際情勢が大きく動き、米政権の命運さえ左右するかもしれない。 

「ロン・ヤス」関係が生んだ陰のドラマ、それは中東でイスラム教武装組織に拉致された米国人人質を救出するCIAの極秘工作だった。(敬称略)

(3)へつづく

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『角栄失脚 歪められた真実』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

「週刊新潮」2018年1月25日号掲載/12月1日 掲載

関連記事(外部サイト)