中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領から協力要請された”米国人質救出作戦”

中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領から協力要請された”米国人質救出作戦”

中曽根康弘元首相

■機密指定解除「NAKASONE」ファイル(3)


 11月29日に亡くなった中曽根康弘元首相の秘話を、ジャーナリストの徳本栄一郎氏が公文書から明らかにする。84年3月以降、レバノンで計7名の米国人が誘拐された。犯人は、イランが影響力を持つイスラム教武装組織。困り果てたレーガン大統領は85年7月、夏休みで軽井沢に滞在中の中曽根氏に一本の電話をかけた。人質救出に協力してもらえないか、と(週刊新潮18年2月1日号より再掲載)。

 ***

 中曽根康弘は今年の春に満100歳を迎える。海軍士官として敗戦を体験して政界入りし、復興から高度経済成長、そしてバブル景気とその崩壊に立ち合った彼は戦後史の目撃者と言っていい。その哲学を回顧録で次のように語っている。

「私のモットーは、結縁・尊縁・随縁の三縁主義でね、つまり、縁を結び、縁を尊び、縁に随う。縁は神様が与えてくれたものだから、向こうが破らない限り、こちらから縁は切らない、結ばれた縁は尊重するという意味があります」(『中曽根康弘が語る戦後日本外交』新潮社)

 総理在任中に生まれたロナルド・レーガン大統領との「ロン・ヤス」関係も、その縁の一つだったが、それを米国政府が自らの国益のため最大限利用したのは第3、4回で述べた通りだ。だがレーガンが中曽根本人に対して抱いた信頼と友情は本物だった。そして、それが中曽根を米国のある外交工作に巻き込んでいった。中東でイスラム教武装組織に拉致された米国人人質を救出するCIA(中央情報局)の極秘工作である。

 政権発足から3年目、欧州歴訪から戻ったばかりの1985年7月27日から中曽根は夏休みで軽井沢に滞在していた。ホテル鹿島ノ森に宿泊して友人とゴルフを楽しんだが、そこへレーガンから電話が入ったという。

「レーガンから軽井沢に突然電話がかかって来てね。レバノンのベッカー高原に捕らえられているアメリカ人の人質救出に協力してもらえないだろうかと相談してきました」「休暇中に、直接軽井沢まで電話をかけてきて、アメリカ人の人質を何とかしてくれというのは、お互いが親しくなければできない事です。レーガンは、日米の親密な関係を頼りにしている。だから私は、『これは本気で助けてやらんといかんな』と思いました」(前掲書)

 そしてこの後、中曽根はレバノンと関係が近いシリアとイランに、元駐フランス大使で中東調査会の中山賀博(よしひろ)理事長を派遣して交渉させたという。これについては外務省が2017年12月に公開した80年代の外交文書でも言及しているが、これだと何の前触れもなくレーガンが突然電話をかけてきたように映る。だが米国側の文書や関係者の証言によると話はそう単純ではなかった。


■人質はCIA


 同年7月27日、ホワイトハウスのNSC(国家安全保障会議)である一通の文書が作成された。タイトルは「大統領から中曽根への電話・ベイルートの米国人人質に関して」、オリバー・ノース軍政部次長からロバート・マクファーレン国家安全保障担当補佐官に宛てたメモだった。

 この日は週末の土曜日だが、夜の8時にレーガン大統領から日本の中曽根総理に電話を入れる、その30分前にホワイトハウスのシチュエーション・ルーム(危機管理室)に国務省の通訳を待機させるとの内容だった。これはCIAのウィリアム・ケーシー長官とクレア・ジョージ工作担当副長官の助言に基づき、両者の同意も得ているとある。

 遠い中東でのイスラム教武装組織による人質事件、それになぜ日本の総理が関わってくるのか。話はその16カ月前に溯った。

 84年3月16日、レバノンの首都ベイルートでウィリアム・バックレーという米国の外交官が武装勢力に拉致された。バックレーは現地の米大使館で政治問題を担当していたが、これを知った米バージニア州ラングレーのCIA本部は大きな衝撃を受けた。政治担当官というのはあくまで表の姿で、じつは彼はCIAのベイルート支局長だったのだ。

 歴史的にレバノンはキリスト教やイスラム教の様々な宗派が入り混じり、特に第2次大戦以降は紛争が絶えなかった。80年代初めには米海兵隊基地への自爆テロで数百人の隊員が死亡し、米国人の誘拐も相次いだ。もしバックレーが拷問を受けて情報源を白状すれば、CIAがこれまで中東で築いた情報網がズタズタになってしまう。

 当然、米国はあらゆる外交ルートで救出を図ったが、その後もベイルートではキリスト教団体の神父やAP通信社の支局長など誘拐が相次ぎ、85年夏までに人質は7名に達していた。マスコミは連日報道を繰り返し、家族も政府に解放への努力を要請したが、肝心の人質の安否さえ分からずレーガン政権は頭を抱えてしまったのだった。

 丁度この頃、都内の東京医科歯科大学の附属病院にある米国人男性が入院していた。年の頃は70、ニューヨークで石油会社を経営する人物で肝臓癌の治療を受けるために来日していた。彼の名前はジョン・シャヒーン、ある年齢以上の人ならこの名に聞き覚えがあるかもしれない。かつて総合商社の一角を占めた安宅(あたか)産業(現在の伊藤忠商事)を破綻に追い込んだとされる男で、このシャヒーンこそ、レーガンから中曽根への電話の仕掛け人だった。

 70年代初めにシャヒーンはカナダのニューファンドランド島で石油製油所の建設を進めていた。中東の安い原油をガソリンやジェット燃料に精製して米東海岸の大市場に売り込む構想で、その原油調達に代理店として参加したのが安宅産業だった。ところが操業開始の直前に第4次中東戦争が勃発して原油価格が暴騰、また製油所の欠陥工事で一部の製品が出荷できず、安宅への債務は雪だるま式に膨れ上がってしまう。結局、製油所は破産を申請し、巨額の焦げ付きを抱えた安宅は伊藤忠との合併に追い込まれたのだった。

 その発端であるシャヒーンは安宅を潰した張本人とされ、小説やテレビドラマのモデルにもなった。それから約10年後に癌を患った彼は東京医科歯科大学の病院で治療を受けたが、その友人の一人が作家の落合信彦だった。落合の著書によると、大統領からの電話は、見舞いに訪れたシャヒーンの病室でのこんな会話から生まれたという。

「『私としては幼なじみのダッチ(引用者注・レーガンの意味)がこんな苦境に立たされているのは見るに耐えられない。なんとかして彼を助けてやりたいのだ』話はわかった。しかし、協力といっても私の出る幕など考えられない。それを彼に言うと、『あんたにはパイプ役をやって欲しいんだ』『パイプ役?』『そう。ナカソネとのね。いいかね。私の見るところアメリカ側がこの問題で失敗してきたのは政治的な手法で解決しようとしているからなんだ。経済的なテコを使っていない。もちろん今のアメリカじゃ使えないがね。だが使える国が一国だけある。日本だ』」(『挑戦者たち』集英社)


■「幼なじみ」「経済的なテコ」


 ここで重要なのはシャヒーンが口にした「幼なじみ」という言葉である。彼が幼少期を過ごしたのはイリノイ州のタンピコという人口わずか数百人の小さな田舎町だが、じつはレーガンもこの町の出身だった。日本に同行した息子のブラッド・シャヒーンは私とのインタビューでこう証言した。

「うちの祖父母とレーガン家は近所付き合いをする仲だったと聞きました。レーガンの父親は酒癖が悪かったらしくて暮らしぶりは貧しく、私の祖母が幼いレーガンの子守りをしてあげたそうです」

 では「経済的なテコ」とは何か。ここで注目されたのが中東の産油国イランと日本との関係だった。

 ベイルートで7人の米国人を人質に取ったのはイスラム教武装組織のヒズボラ(「神の党」の意味)だが、CIAの情報などを基に米国は、それをコントロールしているのはイランと見ていた。

 NSC(国家安全保障会議)文書にも「イラン政府の上層部の過激分子がレバノンのテロリスト、特にヒズボラに作戦上の指示を送っているとの新たな信頼できる情報を入手した」(85年1月14日付)とあり、言葉を変えればイランを落としさえすれば人質は解放される。そのため米国はあらゆる外交ルートでイランに働きかけたが、当時、両国は国交も断っており成果は望むべくもなかった。


■OSSの戦友


 そこでシャヒーンが着目したのが日本の存在だった。85年の時点のわが国の原油輸入先で、イランはサウジアラビアやアラブ首長国連邦と並ぶ一大供給源で関係も良好である。またイラクとの戦争が長引くイランにとっても日本は戦費確保に欠かせない市場で、そこへ密使を派遣して原油を交渉カードに使おうというのだった。落合はシャヒーンの考えをこう書いている。

「イラン側はまずシラを切ってくる。それに対して密使は“あんた方がシラを切ろうが切るまいがわれわれには興味はない。こっちの欲しいのは7人のアメリカ人人質だ”と言い切らねばならない。そして、イラン側がまだシラを切るなら原油の輸入をストップすることを匂わして席を立つ。イラン側はわめき散らすだろうが、彼らの頭の中には進行中のイラ・イラ戦争がちらつくはずだ。もし日本が原油を買わなくなればすでに火がついている国家財政はなおさら逼迫する」(落合前掲書)

 いわばテロリストの黒幕を脅迫して人質を奪還するシナリオで、落合は知人の自民党の国会議員を通じて中曽根側に打診してみた。総理も大いに乗り気なのを確認してシャヒーンはCIAのウィリアム・ケーシー長官に電話を入れ、こうしてレーガン大統領からの電話が準備されたのだった。息子のブラッドもこの時の事を覚えているという。

「父は安宅産業の件など日本と長年の関係がありました。日本がイラン原油の大口顧客で大きな影響力を持つのを知ってたんです。当時、病室や滞在先の帝国ホテルにケーシー長官から直に電話があったのを覚えています」

 先に紹介した7月27日付のNSC文書はそれを受けた物で、ロバート・マクファーレン国家安全保障担当補佐官から大統領に宛てた会談用準備メモも添付されていた。そのメモを読めば中曽根への電話の狙いが分かるはずだが、何故かそれは今も機密扱いになっている。だが別に文書が機密解除されるのを待つ必要もなかったようだ。というのは、当のレーガン本人が日記で中曽根への電話の中味を暴露してしまっていたからだ。

 レーガンは2004年に93歳で死去したが、その3年後に彼が任期中につけていた日記が出版された。その中の85年7月27、28日の欄を見てみる。

「日曜日の午前中、中曽根総理に電話を入れた。レバノンの7人の人質を解放させるため(極秘裏に)イランに密使を派遣して、圧力をかけてくれるという。日本は貿易でイランに大きな影響力を持っている。この問題が私たちにとっていかに重要であるかを告げて感謝の意を伝えた」(『ザ・レーガン・ダイアリーズ』ハーパー・コリンズ社)

 レーガンは任期中、毎日丹念に日記をつけた事で知られるが、この頃はレバノンの人質問題が頻繁に登場し、拉致の犯人を「バスタード(あの野郎)」、「バーバリアン(野蛮人)」などおよそ大統領らしからぬ言葉で罵っていた。彼にすれば藁にもすがる思いで電話をかけてきたのだろうが、こうした日記の記述は先述のNSC文書やシャヒーンの息子の証言とぴたり重なる。

 そして、この工作の裏にはもう一つ、重要な縁が存在した。そもそも一石油会社の経営者に過ぎないシャヒーンの提案を、なぜCIAのケーシー長官は受け入れて実行したか。じつはこの2人は第2次大戦中、米情報機関OSS(戦略情報局)で欧州での秘密作戦に従事した戦友だったのだ。

 OSSは大戦中にウィリアム・ドノバン将軍の下で設立され、世界各地で情報収集や敵地での奇襲、破壊工作を行い、CIAの前身とされる。その後、元隊員たちは政官界や実業界で活躍したが同窓会を通じて強力なネットワークを形成した。私の手元に70年代のOSSの同窓会の役員リストがあるが、ここにもケーシーとシャヒーンの名前が並んでいる。


■工作は失敗


 戦後のケーシーはSEC(証券取引委員会)委員長や輸出入銀行総裁などの要職を歴任し、80年の大統領選挙ではレーガン陣営の選挙マネージャーを務めて政権発足と共にCIA長官に就任した。OSSの元隊員のパーティの写真にもケーシーとシャヒーンの姿が写っていた。

 いわば同じ釜の飯を食った絆は永遠という訳だが、残念ながらこの人質奪還工作は失敗に終わった。CIAのウィリアム・バックレー支局長は殺害され、他の人質も解放されるまでに更なる時間がかかったが、ここで一つの疑問も残る。そもそもイランとの交渉で日本側は本当に石油のカードを使ったのだろうか。

 レーガンの日記を読めば、彼が日本からイランへの圧力を期待していたのは明らかだ。また密使が出発する前、ケーシー長官はわざわざ部下の中東専門家を東京に派遣してブリーフィングを行ったが、中曽根は回顧録で、シリアに円借款をちらつかせて人質解放に動いてもらう算段だったという。とすれば、日本側はせっかく手にした交渉カードをふいにした恐れがある。また落合の著書によると、CIAは密使には中東にパイプを持つ国際的フィクサーの田中清玄が適任としたが日本側が断ってきたという。

 田中は昭和初期の武装共産党の書記長を務め、治安維持法違反で10年以上の投獄生活を経て戦後は中東の油田権益獲得など事業を手がけた。右翼、左翼の枠を超えて国内外に絢爛たる人脈を持ち、「東京タイガー」の異名を取った彼を、交渉役としてシリアとイランに派遣した元駐フランス大使で中東調査会の中山賀博(よしひろ)理事長の代わりに人質奪還に起用していたかもしれないのだ。

 もちろん、田中を起用したからと言って工作が成功したかどうかは分からない。だが、それを別にしてもつくづく思うのは、80年代とは何と刺激的でドラマに満ちた時代だったのだろうという事だ。共に第2次大戦を戦い抜いた2人の元スパイ、一人はレーガン政権のCIA長官に上り詰め、もう一人は石油業界で活躍した。生涯の友情を誓った彼らは密かに連絡を取り合い、イスラム教武装組織に拉致された人質を救うため大統領に進言し、日本の総理を動かす極秘工作を展開した。そして、その密使として日本の国際的フィクサーの名が浮上する。下手な小説や映画より面白いではないか。

 30年の時を経て封印を解かれた“中曽根ファイル”は、私たちを知られざる物語へと導く扉を開けてくれたのだった。(完)

(敬称略)

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『角栄失脚 歪められた真実』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

「週刊新潮」2018年2月1日号掲載/2019年12月2日 掲載

関連記事(外部サイト)