上智大生と愛人契約の自民・小里泰弘議員を直撃「いろんな経済活動が…」

上智大生と愛人契約の自民・小里泰弘議員を直撃「いろんな経済活動が…」

小里泰弘前農水副大臣

■愛人契約の次期農水大臣から手切れ金をゆすった美貌「上智大生」の請求書(2/2)


 当選5回の2世議員・小里(おざと)泰弘前農水副大臣(61)が、愛人契約を結んでいた元上智大生から、“手切れ金”を請求されていた。女性が求めていた300万円に対し、小里代議士が支払ったのは6掛けの180万円。〈お互いこれ以上は関与しない〉旨の書面を交換したにもかかわらず、女性は週刊新潮の取材に口を開いた――。

 ***

 年末の掛取りならぬこわ〜い金銭トラブルを値切って片付け、国会も晴れて閉幕。あとは今月18日の政治資金パーティー〈小里泰弘と明日の日本を語る会〉で明日の日本を語れば、平穏に新年を迎えるはずだった泰弘代議士の携帯に電話し、ここまで彼女が縷々述べてきたことを確認すると、

「はあ? はあ」

「うーん、それはちょっと、わからないな。まあ、ちょっと状況調べて、また電話しましょう」

 と一旦切れた。永田町用語の「記憶にございません」である。その後しばらくして折り返しがあり、

「事実であるかないかもノーコメントです。ええ。コメントすること自体ノーコメントです」

 と意味不明な答えをしつつ、コメントを続ける。

「私は本当にね、国会議員としてですね、休む間もなく、本当に休む間もないですよ、(休む)間もなく、土日も含めて一所懸命ね、仕事をしている身ですから。そうした中で、一切ね、そういう、ひとに迷惑をかけるとか、それはありません」

「ああー(嘆息)……それで、えー、なんというかな、世の中には仮に色んな経済活動があったりしてもですね、それがなんで、そういうその、不道徳な行為に結びつくんですか?」

「世の中のね……じゃあ、ね。こう決めました。要するに、私はそういう、道徳に悖(もと)るような、あのー、行為、活動は一切ありません。対女性関係においても、また、対一般の関係においても、対地元の関係においてもですね、一切ありません。そういうことは。私は信念としてしっかり誠実に政治活動をしておるつもりです」

 改めて議員会館で直撃すると、真一文字に結んだ口で若干蒼ざめた“顔”だった。

 上智女子に聞くと、

「彼の方から連絡がありまして……。“お互い弁護士を立てて、コトを進めていきたいです”という感じで連絡が入っているので」

 と言葉少なに話した。

 代議士夫妻は地元の後援者に、「週刊誌に醜聞が載るが、女にハメられた」と電話で説明しているという。


■風俗通いに買春…


 アラ還選良の性欲が、ときに政策の先を行くのをこれまで我々は目撃してきた。

 2017年1月、58歳の新藤義孝元総務相は自らミニバンを駆って吉原の超高級ソープでひとときを過ごしていた。

 あるいは、村西とおるのアダルトビデオの題ではないけれど、泰弘代議士と同様に素人っぽい方向に舵を切ったのが、衆議院で議席を失ってしばらく経つ佐田玄一郎元行革担当相だった。

 まさに還暦にして、女子大生をラブホテルに誘って4万円で買春。当の女子大生は「彼はバツイチの51歳、建築会社社長・寺井玄と名乗り、1回会えば2度のエッチ。会ったのは20回ほど」と証言。その2年後に今度は「バツイチの51歳、建築会社社長・山本玄」と名乗って赤坂のキャバクラに出没。バイトしていた女子大生に月15万円で援助交際を持ち掛けたものの拒否された挙句にそれを暴露され……という“荒野”があった。

 時代から2周も3周も遅れを取った言い方になるが、芸者や水商売の女たちは口が堅く義理堅く、それゆえに手切れ金が求められ、実際に支払われた。

 選良はヒマなのかという異議申し立てはあるにせよ、そんな時代はとうに過ぎ、政治家の遊び方は随分難しくなった。プロ女の礼節をそれ以外に求めるのはナンセンスなのか。“荒野”を覚悟しなければならない。

 そんな中、地元に帰るヒマもなければ休む間もない身体に容赦なく鞭打って赤坂のホテルへ通った泰弘代議士。プレゼントや買春・食事同伴、そして手切れ金を合わせると、上智女子に渡ったカネは1千万円前後と推察される。代議士には「1度に3万円」の援助費用を偽名を使って振り込む20代のお相手が、この上智女子以外にも2人いることがわかっているが、他の愛人らが、「私も」と群れを成す可能性も否定できまい。あれもこれも身から出た錆。請求書は一旦、上智女子の相場観に基づき300万円で“発行”されている。もしかしたら代議士が値切った分に限って、彼女は実情を打ち明けたのかもしれない。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)