草津町長に「関係強要された」でも「好きだった」ともいう前町議の女心

草津町長に「関係強要された」でも「好きだった」ともいう前町議の女心

黒岩町長

 真相は湯けむりの向こうに見えないままか。温泉の町「草津」が“やった”“やらない”で揉めている。

 新井祥子前草津町議(50)が現町長である黒岩信忠氏(72)に性的関係を強要されたと訴え出たのだ。

 地元記者の解説。

「新井さんは2015年1月8日に町長室を訪れたところ、“声は出さないで”と町長に言われ、行為を強いられたといいます。温泉ライターが11月に発売した電子書籍で彼女はそのことを告発。ワイドショーを巻き込んだ大騒ぎとなっています」

 新井前町議は同じ群馬県の桐生市出身。県内の短大を卒業した後、営業などの仕事をしてきたという。長年アトピー性皮膚炎に悩まされ、草津に通ううち、移住することに。そして、湯治仲間から推され、11年に町議に初当選した。1度落選したものの、今年4月に110票を得て“最下位”で返り咲いている。

 さて、その電子書籍の中身を拝見すると、

〈町長を本当に好きになってしまいました〉

〈私の気持ちが通じた時には本当に嬉しかった〉

 と書かれ、町長への恋慕の情が滲み出る。だとすれば、関係も「強要」と言えないのではないか。

「好きというのは肉体関係を持ちたいという意味ではありません」

 と、新井前町議ご本人。

「恋愛感情ではなく、政治家として好感を持っていたということです。あの時は、抵抗して離れようとしましたけれども頭が真っ白になり、固まってしまいました……。最初、町長室のソファで話していて、“横においで”と言われ、床に押し倒されて。行為があったのは、町長のデスクと椅子の間、陰になっているところでした」

 また、草津でほかの複数の男性とも関係があったという。だが、それを裏付ける物証があるわけではない。当然、黒岩町長は猛反論する。


■時間湯の常連客


 町長本人の証言。

「全くの嘘です。当日15分ほど面談しましたが、それ以外のことはなかったと断言できます。私の見立てでは、彼女は時間湯の復活のためにそういう行動を起こしているのです」

 時間湯とは上限48度で湯治を行う草津の伝統的な入浴法のこと。黒岩町長は、高温浴は危険があるとして、時間湯の制度を8月から変更し、さらにその指導役だった「湯長(ゆちょう)」を廃止したばかりだった。

「彼女は時間湯の常連客などを支援者としていて、これまでも私の自宅へ夜に押しかけてきたり、朝待ち伏せして、時間湯を復活させてほしいと言ってきたりしていたのです。でも埒が明かないと、私のクビを獲るために、こんなことをでっち上げたのでしょう」

 なんだか、もうもうと湯気が視界を覆うようだ。続けてこう言う。

「彼女はストーカーじみているし、評判も芳しくありません。この騒動で草津へのダメージは相当なものです。恐ろしい女ですよ」

 きれいさっぱり過去を“かけ流す”というわけにはいかなそうだ。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)