秋元司代議士宅を家宅捜査 「不逮捕特権」与えられる前に逮捕なるか

【秋元司衆院議員の疑惑】『不逮捕特権』与えられる前に逮捕なるか お蔵入り可能性も

記事まとめ

  • 秋元司衆院議員元秘書の自宅が外為法違反の容疑で東京地検特捜部に家宅捜索された
  • 特捜部は秋元氏を狙っているというが、通常国会が始まると『不逮捕特権』が与えられる
  • 来年1月20日の通常国会までに逮捕できなければ、事件がお蔵入りする可能性がある

秋元司代議士宅を家宅捜査 「不逮捕特権」与えられる前に逮捕なるか

秋元司代議士宅を家宅捜査 「不逮捕特権」与えられる前に逮捕なるか

官邸の威光にも限界

 臨時国会が閉会した9日。「桜を見る会」騒動からも無事逃げおおせたと自民党議員の大半が胸を撫でおろすなか、一人、ざわつく気持ちを抑えられなかったのは秋元司衆院議員(48)だ。

 会期末が差し迫った7日、秋元氏の元秘書2名の自宅に東京地検特捜部が現れたのである。

 司法担当記者によれば、

「容疑は、外為法違反。この日の夕方に始まった家宅捜索は、日をまたぎ、翌8日の未明まで続きました」

 これまで秋元氏の周辺に数々の“疑惑”が持ち上がってきたのは、本誌(「週刊新潮」)「マネー」欄でも既報の通り。

 安倍政権肝煎りの待機児童解消策として3年前に始まった企業主導型保育事業を悪用し、助成金を詐取した疑いでコンサルタント業者が逮捕された際にも、その名前は取り沙汰された。

 今回の家宅捜索は秘書をターゲットにしたものだったが、特捜部が、その先、つまり秋元議員本人をターゲットにしているのは明白だという。

「ガサが入ったのは臨時国会の会期末直前。来年1月20日には通常国会がはじまり、国会議員には再び“不逮捕特権”が与えられる。特捜部はこの空白の1カ月の間に勝負をかけようというつもりなのでしょう。逆に言えば、来年の通常国会までに秋元さんを逮捕できなければ、事件はお蔵入りの公算が高い」

 2010年1月の陸山会事件で、衆院議員だった石川知裕氏を逮捕して以来、“バッジ”から遠ざかっている特捜部。

「3年前にあっせん利得罪で告発された甘利明さんの事件や森友事件など、近年は“特捜は死んだ”と批判されることも多かった。現在の東京地検特捜部長の森本宏氏はエース中のエースで、任期も最近では異例の2年目。自らの集大成として特捜の悲願を成し遂げるつもりなのでしょう。家宅捜索が報じられた直後に取材に応じた秋元さんも、逃げられないと悟ったか、終始しどろもどろでした」

 腕まくりする特捜部を前に、為す術無しか。

「週刊新潮」2019年12月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)