秋元司議員の逮捕を目指す森本宏特捜部長の「狂気」と「出世」

秋元司議員の逮捕を目指す森本宏特捜部長の「狂気」と「出世」

森本宏特捜部長(吉田豊撮影)

 秋元司衆院議員が標的とされる東京地検特捜部の捜査が佳境を迎えた。10年ぶりに“バッジ”を挙げられるか――。そんな検察の悲願も背負って突き進む森本宏特捜部長は、検察トップへの道もひた走っている。

 かつては「最強の捜査機関」の名を恣(ほしいまま)にした東京地検特捜部。だが、2010年1月に石川知裕衆院議員(当時)を政治資金規正法違反で逮捕して以来、政治家を手がけていない。

「だから、検察関係者やOBは期待していますよ」

 と、司法記者は言う。

「今月7日、前内閣府副大臣の秋元議員の元秘書宅などを、特捜部が外為法違反容疑で家宅捜索しました。海外から100万円を超える多額の現金を不正に持ち込んだ疑いです。秋元議員は“不正には一切かかわっていない”と言っていますが、資金の流れに関する捜査は着々と進んでいます」

 それが証拠に、

「特捜部はいま、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致関連を調べています。狙いは、外為法違反を入口に、秋元議員をあっせん利得や収賄で立件することだと思われます」

 どんな斡旋をし、利益を得たとされるのか。

「秋元議員は17年8月から今年9月までIR担当の内閣府副大臣でした。北海道知事が11月末になって突然、誘致見送りを発表したものの、それまでの秋元議員には、IR誘致に影響力を行使しうる“権限”があったことになります」

 検察関係者が後を受ける。

「北海道庁のIR担当者に対し、議員からなんらかの口利きがあったのか。そしてIR参画を狙っていた中国系企業や地元業者から、議員にカネが流れたか。つまり、特捜部は“カジノ利権”の実態を調べている」

 秋元議員は、この中国系企業が17年8月に開いたシンポジウムに出ていたという。その実態が解明されたときが“Xデー”か――。


■「抹殺する」


 先の検察関係者は続ける。

「森本さんには“コンピューター付きブルドーザー”と呼ばれた田中角栄のような緻密さと勢いを感じます。大手ゼネコンのリニア談合に文部科学省の汚職、日産ゴーン会長の特別背任。部長就任以来、次々と大事件を手がけて剛腕ぶりを見せつけてきた。議員を挙げれば、政官財すべてにメスを入れたことになる。是非とも逮捕したいだろう」

 ちなみに、特捜部のヒラ検事時代にはこんな逸話も。

「福島県知事(当時)の収賄事件で、知事の実弟を取り調べたときのこと。“知事は日本にとってよろしくない。抹殺する”と実弟に凄む“狂気”も垣間見せました。強気の捜査で鳴らして“特捜のエース”となった一方で、法務官僚からの評価も高い。法務省の刑事局総務課長といった重要ポストも経験し、エリートとしてのバランス感覚もある。捜査と法務行政双方に精通した稀有な存在で、検事総長候補の最右翼です」

 ただしそのキャリアは異例のものになりそうだ、と法務省関係者が話す。

「珍しいといえば、森本さんは名古屋大学卒。検察トップになれば初となります。部長3年目突入もきわめて異例の長さです。最長2年が目安なので森本さんは今年、検事正で地方に出るはずでした。でも出なかったのは、ゴーンの裁判が決着を見ていないのと今回の議員案件があったからだとされています」

 それらの案件にメドがつけば法務畑の出世街道に戻ることもある。

「通常、“総長ルート”は法務省人事課長などを経て、地方の検事正、東京地検次席とキャリアを重ねる。それで総長一歩手前のポスト、東京高検検事長にたどり着く。ですが森本さんに限っては、法務省と検察庁の双方で“政治との距離が近くなる法務省には戻さず、地方と東京の行き来だけで昇進させよう”との意見が強まっているんです」

“狂気の特捜部長”が出世街道を突き進む先に、「最強の捜査機関」復活があるかもしれない。

「週刊新潮」2019年12月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)