86歳でまた当選「9選町長」が老害批判に反論 新潟県出雲崎町

新潟県出雲崎町長に86歳の小林則幸氏が9選 老害批判に「冗談じゃない」と反論

記事まとめ

  • 共産党の不破哲三前議長は89歳にして党の最高指導部である常任幹部会委員に再任された
  • 86歳の小林則幸氏は新潟県出雲崎町長に連続9選を果たし、現役最高齢首長である
  • 「年を取ったから町長は無理?冗談じゃない。生涯現役ですよ」と老害批判を切り返した

86歳でまた当選「9選町長」が老害批判に反論 新潟県出雲崎町

86歳でまた当選「9選町長」が老害批判に反論 新潟県出雲崎町

ダンベル実演中の小林町長

 英断は時に拙速につながり、人気者が実は単なる大衆迎合の軽佻浮薄な人間だったりする。世の中全てはコインの裏表。「老害」も、その裏側を覗いてみると……。1月14日、新潟県出雲崎町で「新町長」が決まった。とはいえ、彼は御年86で連続9選。現役最高齢首長である上に、任期満了を迎える時には90歳になる。

 ***

 日本海に面した人口約4300の出雲崎町。この小さな町で、「9選町長」こと小林則幸氏は昭和63年以来32年にもわたって町長の座に留まり続けてきた。奇しくも同月18日、共産党の不破哲三前議長が、89歳にして党の最高指導部である常任幹部会委員に再任され、

「未だに志位和夫委員長は不破さんに頭が上がらず、共産党の『実質的トップ』は不破さんのままだと見られています。本人もまだまだやる気で、党内では老害ここに極まれりと囁かれている」(共産党関係者)

 というから、小林氏が老害との謗(そし)りを受けても不思議ではないのである。

「私も、もし立場が違えば『86歳で9選だなんて町政に代わり映えがしない』と老害批判していたかもしれません。そう言う人たちの気持ちも分かるし、当然だと思います。しかし……」

 と、好々爺の顔つきながら、信念に基づいているのであろう強い口調で、小林氏が自身の「立ち位置」について説明を始める。

「86歳だけど膝が痛いとか腰が痛いとか全くない。体力には絶対の自信があります。50代に負けません。視力も問題ない。毎日、自分で車を運転して役場に通っているくらいです。ほら、あなた(記者)の名刺だって裸眼でちゃんと読める」

 毎朝、両手に各3キロのダンベルを持っての筋トレや、ラジオ体操を欠かさないという小林氏。確かに、ミカンを頬張りながら喋る彼の尋常ならざる肌ツヤは50代顔負けで、バリバリの「現役感」が漂う。また、

「あれ(かつての町長選にまつわる出来事)は昭和58年9月13日のことだった」

 といった具合に、記憶力の衰えも感じさせないのだ。


■「禅譲の時代ではない」


「私が政治家を目指したのは、高校卒業後に同じ新潟県の田中角栄先生の研修会に誘ってもらったのがきっかけでした。そこで角栄先生の政治への熱い思いに感化されましてね。町長になってからの32年間、命をかけて町政に取り組んできました。この間、不正はひとつもなく清廉潔白だったと言い切れます。過疎化の波に襲われながらも、令和元年度は町からの転出より転入のほうが多くなり、かつ出生数も増えそうです。真剣に町のことを考えてきた成果だと思います」

 出雲崎町に対する人一倍強い思い入れを語る小林氏だが、今回も含め9選のうち6回は無投票で町長になっている。担い手不足という地方の構造的な問題もありそうだが、彼が町長を続けていること自体が諦めムードを生み、ライバル登場の芽を摘んでいる面はないのだろうか。

「最後の町長選は平成20年でした。支援者が相手方に回ったりして厳しい戦いを予想していましたが、蓋を開けてみればダブルスコアで勝ってしまった。この時、思ったんです。私はまだ町民に求められているんだと」

 そして、老害批判をこう切り返すのだった。

「だいたいね、私は行動力や実行力さえあれば、その人の青春は何歳になっても続いているんだと思います。年を取ったから町長は無理? 冗談じゃない。生涯現役ですよ。後継者を育てないのかともよく聞かれますが、それは違うと思う。禅譲して自分の思いを継いでもらおうだなんて、今はそういう時代ではありません。だから、『もう小林には任せておけない。俺がこの町の流れを変えるんだ』っていう若い人が出てくることに期待しているところです。あっはっは」

 出雲崎町の老害問題の裏に透けて見えるのは、覇気なき若者の「若害」か。

「週刊新潮」2020年1月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)