安倍総理の“一斉休校”に現場の悲鳴 学童保育が“クルーズ船化”するリスク

安倍総理の“一斉休校”に現場の悲鳴 学童保育が“クルーズ船化”するリスク

安倍総理

 指導力を演出したい――。しかし、それは本来、自らアピールするものではなく、その振る舞いから自然と滲(にじ)み出てくるものである。安倍晋三総理の「一斉休校要請」で浮き彫りとなったのは、トップの剛腕ではなく、彼の独善がもたらしたドタバタの悲喜劇だった。

 ***

 2月25日、菅義偉官房長官は、新型コロナウイルスの政府対応について訊(き)かれるとこう言った。

「ある意味では先手先手」

 一方から見ればそう捉えることもできると逃げた格好で自信のなさが窺えるが、このふわふわとした言葉遣いを裏返して「翻訳」すると、こういうことになろう。

「他方、ある意味では後手後手に映るかもしれない」

 我々は今、新型コロナウイルスと、軸が定まらずにバタバタとする政府に翻弄されている――。

 先の菅発言の2日後、安倍総理は「切り札」を出した。

 全国の小中高などへの一斉休校要請。

  大胆な手段に打って出た理由を、安倍総理は、

「先手先手でやるべきだと判断した」

 と、菅氏と同じ言葉を遣って説明した。だが、元厚労省医系技官で医師の木村盛世氏はこう断じる。

「一斉休校は言わば水際対策のひとつです。武漢からチャーター便で邦人を帰国させていた頃にやるべきであって、市中感染が広がっている現在、意味があるとは思えない。後手後手の対応と言わざるを得ません」

 安倍総理にしてみれば、「後手批判」が高まっていたなか、自らのリーダーシップによる英断で先手をアピールしたかったのだろうが、それが裏目に出た形だ。英断と愚断は紙一重。後悔先に立たず、悔恨に「先手」なし。

 兎(と)にも角(かく)にも、一斉休校要請により教育現場は大混乱に陥った。

「安倍総理が、3月2日の月曜日からの一斉休校を要請したのが、その前週の木曜日。事実上、猶予は金曜日の平日1日しかなく、その間に全ての準備を済ませるなんて無茶です」

 と、千葉県内のある公立小学校の校長が愚痴る。

「児童に全ての荷物を持って帰ってもらうことができるか、休校中の宿題プリントをどうやって用意すればいいのか。対応に追われました。卒業式だけは、来賓などを断り、卒業生と親御さんだけでやろうと考えていますが、まだ卒業証書の受け取り方や返事の仕方などは練習させられていなかった。ですから、金曜日に慌てて1時間ほど練習し、あとは家でやっておいてという状況です」

 前代未聞の「卒業式の自主練」が課せられたわけだが、別の公立中学校の先生もこうこぼす。

「幸い期末テストは終わっていましたが、通知表は渡せておらず、各戸を家庭訪問して渡すことになるかもしれません。通知表は究極の個人情報だとかで、郵送しにくいらしいんです」

 さらに、なにより問題なのは休校によって日中、行き場のなくなった子どもたちを誰がどう見守るかだ。とりわけ共働きの世帯にとっては深刻である。こうした保護者からのクレームを恐れてか、政府は最も手がかかる時期の幼児を預かる保育所(厚労省管轄)の休所は要請しなかった。ところが、これが新たな混乱を生むことになる。


■ミニ小学校が続々開校


「私自身は保育所に勤めていますが、5歳の息子を幼稚園に通わせています。そして、その幼稚園(文科省管轄)は小中高にならって休園になりました」

 とした上で、兵庫県で暮らす女性保育士がぼやく。

「つまり、どうにかして息子の面倒を自分たちで見なければならないのに、職場である保育所は休めない。しかも、幼稚園より保育所のほうが預かり時間が長く、感染リスクは高い。感染リスクの低い幼稚園の息子を休ませて、自分は感染リスクの高い保育所で他のお子さんのお世話をする……。何か変じゃないですか?」

 国際医療福祉大学の和田耕治教授(公衆衛生学)は、全国一斉休校をこう評する。

「新型コロナウイルスの感染は、今後も数カ月ではなく年単位で続く可能性があります。したがって、北海道が緊急事態宣言をしたように、いずれ他の地域でも緊急事態宣言をしなければならないことが考えられます。しかし今回、全国一斉に休校にしてしまったため、ある地域でいよいよ緊急事態宣言を出さざるを得ず、本当に休校が必要となった時に、再び休校という『切り札』は出しにくくなりました。『今さえ乗り切れば』という雰囲気があるようですが、そう単純な話ではないのです」

 このような批判に慌てたのであろう。安倍総理の一斉休校要請の翌日、萩生田光一文科相が総理に代わり、

「(休校の)時期や期間は柔軟に判断してほしい」

 と、軌道修正したが、

「総理が休校要請したら従わざるを得ない。その直後に柔軟にって言われても……。私たちはマシンじゃない」(先の公立中の先生)

 結局、この萩生田発言は「後手感」を増しただけで、現場の混乱に火に油を注ぐ結果となったのだった。

 付け焼刃の感が否めない「自称先手」の一斉休校策。それを最も象徴するのが、放課後に児童を預かる学童保育(放課後児童クラブ)を巡る迷走であろう。

 先に触れたように政府は一斉休校を要請しておきながら保育所の休所は見送ったが、学童保育に関しても「原則開所」を求めたのだ。

 集団感染のリスクから小学校を休校にしておきつつ、学童保育での集団生活はどうぞご自由にという時点で場当たり的施策に思えてならない。それどころか、休校期間中は夏休みなどと同じく学童保育の開所時間を普段より長くし、さらに、これまで学童保育に通っていない児童も受け入れることになったのである。

 結果、学童保育の職員の人手が足りなくなるだろうからと、小学校の先生が学童保育を手伝えることになった。多数の児童が1カ所に集まり、そこに先生も加わる。これはもはや、「ある意味では」ミニ小学校である。小学校休校に伴い、ミニ小学校が続々開校中……。「泥縄」施策がもたらした、笑うに笑えないブラックジョークだ。


■豪華客船の二の舞も…


 小学校1年生の女児を学童保育に預ける、東京都渋谷区在住で共働き世帯の40代の父親が呆れつつ嘆く。

「学童保育に今まで以上に多くの子どもを詰め込んだら、感染リスクは高まると思うんです。そうやって感染リスクに晒された我が娘を、うちは両親、娘から見ると祖父母に迎えてもらうことがあります。子どもから、致死率が高い高齢者である70歳の祖父と68歳の祖母にウイルスがうつったらと思うと気が気ではありません。しかも、祖父母宅には90歳の曾祖母が同居しています。曾祖母が感染してしまったら……」

 この父親の困惑はこれに留まらない。

「休校期間中は、学童保育にお弁当を持参するように言われました。共働き世帯にとって、毎日のお弁当作りはしんどい。それに、給食費を払っているのにと思うと、一斉休校は急ごしらえと言うしかありません」

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が指摘する。

「学童保育は普段から大勢の子どもを少ない指導員で預かっていてパンク状態でした。臨時措置とはいえ、これ以上の子どもが来ると現場は崩壊しかねません」

 先の木村氏が後を受ける。

「学校が休みとなり、外に遊びに出る時間が増えて行動範囲が広がった子どもたちがウイルスに感染し、それを学校よりも圧倒的に狭い学童保育の空間で、一日中濃厚接触することによりまき散らしてしまう危険性がある。学童保育がダイヤモンド・プリンセスの二の舞になりかねません」

 尾木氏が続ける。

「学校は休みなのに学童保育は例外という根拠が分かりません。両方とも休みになるけれど、代わりに保護者への休業補償はしっかりと行うという方針を、一斉休校要請と同時に打ち出さなければ、混乱が起きるのも当然です」

「週刊新潮」2020年3月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)