萩生田光一大臣に“カジノ汚染”の証拠画像 法案成立直後にマカオで超VIP待遇

萩生田光一大臣に“カジノ汚染”の証拠画像 法案成立直後にマカオで超VIP待遇

萩生田光一文科相

■「萩生田光一」大臣にカジノ汚染の証拠画像(1/2)


 安倍総理による突然の「休校要請」への対応に追われる萩生田光一文科相にスキャンダル発覚である。約2年前の「カジノ実施法」成立直後、香港の大手カジノ事業者「ギャラクシー」が運営するホテルに滞在した大臣。画像に残された超VIP待遇の証拠とは――。

 ***

 禍福は糾(あざな)える縄の如しというが、「禍」と「福」は必ずしも交互に訪れるわけではない。

 新型コロナウイルス禍に見舞われ、これまでに積み上げてきた様々なものを失いつつある安倍晋三総理。インバウンド需要、堅調な株価……。さらに、ウイルスへの後手後手の対応で国民の間に失望感が広がる中、あまりにも唐突に打ち出された休校要請。大混乱に陥った教育現場で起こる様々な問題を解決しなければならない立場にある萩生田文科相(56)に、このタイミングで不祥事が発覚するとは、安倍総理にとって悪夢以外の何物でもなかろう。しかも、その不祥事の内容は、東京地検特捜部が手がけた「秋元司事件」で野党から批判の集中砲火を浴びた「カジノ」絡み――。

 まずは【1】の画像をご覧いただきたい。マカオのフェリーターミナルで萩生田大臣が車に乗り込むところを捉えたもので、撮影されたのは2018年の8月9日午前11時半頃。

 その15分後に撮影されたのが【2】の画像である。場所は、香港に本社がある大手カジノ事業者「ギャラクシー・エンターテインメント・グループ」が運営する「ギャラクシーマカオ」内にあるホテル「バンヤンツリーマカオ」の入り口。ちなみに11年にオープンしたギャラクシーマカオは超大型の統合型リゾート施設で、その中にある六つのホテルは全て五つ星だ。バンヤンツリーマカオはプールやスパの施設が充実しており、部屋は全室スイート仕様である。

 画像が撮影された当時の萩生田大臣の肩書は自民党幹事長代行であり、超党派のいわゆる「カジノ議連」の事務局長を務めていた。それゆえ、「視察」に訪れた際に撮られた画像のようにも見えるが、実際はそうではない。何しろ、萩生田大臣は妻同伴。また、【2】の画像の右端に写っているのも同行者だ。大臣の地元、東京・八王子市にある不動産会社「エイト」の白柳雅文会長。大臣の後援会の事務局長を務め、毎年のように献金もしている「有力後援者」である白柳会長もまた妻同伴だ。

【2】の画像には、萩生田大臣ご一行を、2人の人物が恭しく出迎えているところが捉えられている。ギャラクシーグループの日本法人「ギャラクシー・エンターテインメント・ジャパン」最高執行責任者(COO)のテッド・チャン氏(写真左)と、総支配人の岡部智氏(チャン氏の右隣)である。岡部氏は電通で11年から18年までIR観光プロジェクト部長を務めた後、ギャラクシーに転じたという経歴の持ち主。萩生田氏とは電通時代からの知り合いだ。一方のテッド・チャン氏は、

「マカオのみならず、カジノの世界で彼の名を知らぬものはいないほどの有名人です。ギャラクシーの母体となったのは建築資材の販売などを行っていた会社で、そこの創業者はカジノやホテル事業に精通していない。ギャラクシーのカジノ部門の実質トップが、剛腕、アイデアマンとして知られるテッド・チャンであることはこの世界では常識です」(カジノ事業関係者)

 ギャラクシーグループの18年の純売上高は552億香港ドル(約7772億円)にもなる。

「05年に香港で誕生した比較的若い事業者で、マカオの中では業界第2位。まだマカオの外に出てグローバルに展開していないという点で、業界全体の評価は『比較的大規模なマカオのローカル業者』といったところです」(国際カジノ研究所の木曽崇所長)

 そんなギャラクシーグループはいかにして急成長を実現したのか。


■異例中の異例


「ギャラクシーは、その人物が優秀だと見ると、破格のギャラとポストを提示して引き抜きます。その代表がテッド・チャン。彼は元々、ライバル企業である『メルコリゾーツ&エンターテインメント』にいたのですが、ギャラクシーに引き抜かれたのです」

 と、先のカジノ事業関係者は言う。

「ギャラクシーが急成長した背景には、中国人ミドル層の取り込みに成功したこともありますが、これを仕掛けたのもテッド・チャン。例えばバカラの場合、VIPは1回のベットで10万〜50万円は賭ける。それを1回数万円まで引き下げ、ミドル層でも遊べるようになって客が増えた」

 そのテッド・チャン氏がホテルの前で萩生田大臣を出迎えている。その「事実」について、このカジノ事業関係者は、

「驚きですね。通常の客では絶対にあり得ず、異例中の異例といっていい。萩生田さんを『超VIP』と判断したからこそ、そんな対応になったのでしょう」

 萩生田大臣がホテルを訪れた時期も興味深い。それは、日本でカジノ実施法が成立した直後、というタイミングなのだ。

「法案が成立する前であれば、『法案の参考にするための視察を兼ねた旅行』などと言い訳をすることも可能です。しかし、法案成立後、ギャラクシーは単なるカジノ事業者ではなく、日本に参入するかもしれない事業者の一つとなった。特定の事業者に肩入れしているのだとすれば癒着に他ならない」(同)

 実際、ギャラクシーは当初、「大阪カジノ」への参入を目指して記者会見や説明会を重ねてきた。先ごろ、「大阪」は断念したものの、他の地域での参入を諦めていないとされる。

 ちなみに自民党の秋元議員に賄賂を渡したとされる中国企業「500ドットコム」社はカジノ運営実績もないような小さな会社で、「日本カジノ参入」が実現する可能性は限りなくゼロに近かった。かたやギャラクシーは参入の可能性が大いにある巨大企業。その会社の「重鎮」であるテッド・チャン氏に恭しく出迎えられた萩生田大臣は、バンヤンツリーマカオに1泊し、翌朝、フェリーで香港へ向かい、午後の飛行機で羽田に到着したことが分かっている。

 それらの旅費やホテルの宿泊費は誰が払ったのか。ホテルなどの施設内で萩生田大臣ご一行はギャラクシー側からどのような「接待」を受けたのか。取材を申し込んだところ、萩生田大臣の事務所は次のような回答を文書で寄せた。

〈平成30年8月7日から3泊4日で萩生田は夫人同伴で友人家族と香港とマカオにプライベート旅行をしました。当然のことながら旅費及び宿泊費は全て自分たちで支払っています。(中略)マカオにある有名なスパを受けたいとの女性陣の要望もあり、友人夫婦とマカオに1泊しました。ホテル内で4名で食事を堪能し、予約をしてあるスパまで多少の時間があったので、カジノを見てみようと皆で行き、1万円ほどルーレットなどを体験しました。カジノ滞在は20分程度で当然のことながら全て私費です〉

 プライベート旅行で費用は全て自腹だから何の問題もない。そう主張されたいようだが、その旅行中、萩生田大臣ご一行が「特別待遇」を受けていることは明らか。それが問題なのだ。

(2)へつづく

「週刊新潮」2020年3月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)