“聖典”資本論を読めば温暖化も解決 共産・志位委員長が「赤旗」で講義

共産党・志位和夫委員長が『赤旗』で講義 マルクスの『資本論』で温暖化解決と主張

記事まとめ

  • 共産党・志位和夫委員長が『赤旗』でマルクスの『資本論』について講義している
  • マルクスは150年以上前に環境破壊を予測しており、資本論で温暖化は解決できるという
  • さらに、米国の若者の70%が社会主義の候補者に投票したがっているというデータも紹介

“聖典”資本論を読めば温暖化も解決 共産・志位委員長が「赤旗」で講義

“聖典”資本論を読めば温暖化も解決 共産・志位委員長が「赤旗」で講義

志位和夫

 キリスト教の「聖書」、イスラム教の「コーラン」。日本共産党の理論的支柱である『資本論』は、これらに並ぶ“聖典”である。もっとも、

「実際に読んだことがあるのは、全党員の1%以下でしょう。党幹部の中央委員ですら、全員が読んでいるかどうか怪しいくらい。だから、こんな“企画”がときどき催されるんですよ」

 と共産党ウォッチャー。

 その“企画”とは、3月22日より「しんぶん赤旗」で始まった〈改定綱領学習講座〉と題する連載だ。

「共産党は今年1月に開いた党大会で綱領を16年ぶりに改定。中国共産党への評価を否定的なものへと一転させました。そして、先月から志位和夫委員長の紙上講義を4週にわたって掲載しているのです。講義には随所に『資本論』の解説がちりばめられ、党員は“聖典”を読まずとも、読んだ気になれる」

 これまでも度々組まれてきた『資本論』の特集。

「でも、理論的な解説は長らく不破哲三前議長(90)の専売特許でした。今回、志位さんが担当しているのには、隔世の感がある」

 大役を任された志位サンだが、同党のネガティブな印象を払拭しようとする努力の跡も。

「4月5日に掲載された第3回講義では“アメリカの若者の70%が社会主義の候補者に投票したがっている”という、腰を抜かすようなデータを紹介。さらに、年々進行する温暖化問題も『資本論』で解決すると胸を張った。志位さんの解釈では、マルクスは150年以上前すでに、地球規模の環境破壊を予測していたフシがあり、社会主義・共産主義社会ではそうした問題は起こらないそうです」

 なんて便利な“聖典”だこと。

「週刊新潮」2020年4月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)