自民党2世議員の焼肉店トラブル 煙と臭いめぐり“店は公害”発言も

自民党2世議員の焼肉店トラブル 煙と臭いめぐり“店は公害”発言も

自民党の伊藤信太郎衆院議員

 緊急事態の宣言解除とはいえ、休業要請や短縮営業で、飲食店は軒並み青息吐息である。東京は六本木の、この焼肉店とて例外ではない。そのうえ、本来なら頼りたい公僕の方から強火モードで責められる“ご近所トラブル”まで抱え――。

 ***

 その店が開店したのは1年半ほど前。六本木の国立新美術館や東京ミッドタウンのほど近く、大通りから少し入ったところにある。

 落ち着いた雰囲気で、20代後半から40代の男女がお洒落をして出かけるようなスタイリッシュな店だ。そんな焼肉店がどんなトラブルに見舞われたのか。店のオーナーが悄然として語る。

「店から出る煙や臭い、音について、うちに隣接する一戸建てとマンションの方、2組から苦情をいただきました。現在は“ダクトと排気ファンを使うのなら、1日当たり150万円支払え”と言われています。あまりに法外な要求です」

 焼肉店の煙をめぐる諍いは全国津々浦々で起きているだろう。しかし、1日に150万円はさすがに……。

「それを裁判所に申し立てているのは、一戸建ての住人。自民党の伊藤信太郎さんという国会議員です。最初から代議士の肩書きを出してこられました。父上の代から住まれていて、いまはご家族で暮らしています。もう一組はマンション所有者のご夫妻で、要求額は1日4万円。なぜ、両者の要求額にこれほど差があるかは分かりません」

 ここで一旦、伊藤議員について紹介しておきたい。選挙区は宮城4区で当選6回の中堅。麻生派に所属し、外務政務官と外務副大臣を経験している。現在67歳。政治部デスクによると、

「父親の宗一郎さんは1960年が初当選。宇野宗佑や海部俊樹と当選同期で、科技庁や防衛庁で長官を歴任し、第69代衆院議長もつとめました。“東北のケネディ”として国民に親しまれた、大人物です」

 その宗一郎氏が2001年に心不全で亡くなり、地盤を継いだのが伊藤議員で、

「六本木で育った彼は、慶應の幼稚舎から大学の経済学部へと進みました。大学院の法学研究科で修士課程も修了。ハーバード大留学後にフランスのソルボンヌ大で学んでいた81年に帰国し、防衛庁長官に就いた父親の秘書官となったのです。絵に描いたようなボンボンの2世議員ですね」

 そんな人品骨柄卑しからぬはずの人物が、地回りヤクザもびっくりの要求をするまでにどんな経緯が――。


■「焼肉屋は公害」


 伊藤議員とマンション所有者との折衝にあたった、焼肉店の経営会社幹部の話。

「一昨年末、開店準備時点できちんと挨拶にうかがわなかったので、こちらにも非はあります。オープンしてからすぐに苦情を言われました。ですが迷惑をかけているならば改修するつもりで弁護士もつけたんです。なのに、昨年3月の22時前、営業中でお客さまがいるにもかかわらず、伊藤さんが“改修工事のプランを出せ”と怒鳴り込んできた。顔が真っ赤でお酒の臭いがしていたのを憶えています」

 そして、昨年4月。

「うちのダクトと排気ファンの使用禁止を求めた『設備使用禁止仮処分命令』の申し立てが出されたんです。以降、ダクトの向きを変えるなど500万円かけて計3回の改修工事をしました。先方にも納得いただけるほどに改善しましたが、今年4月、裁判所から命令を認める決定が出たのです」

 先のオーナーが話を継ぐ。

「ダクトとファンを使うなというのは焼肉屋として営業するなということ。うちとしては裁判もやむなしと営業を続けていました。すると5月、今度は『間接強制』の申し立てです」

 設備使用禁止仮処分を守っていないから守るよう命令を、という申し立てだ。

「そこに“1日当たり150万円支払え”と記されていたのです。額の算出方法は、席数や客単価、営業時間から、勝手に1日の売り上げを120万円弱として、そこに“懲罰的な意味で3割を加算する”と……」

 改修工事で状況は改善したというのに、あまりに無体ではないか。むろん、被害の深刻さは当事者にしか分からぬということもある。そこで、伊藤議員に“被害状況”や法外な要求額の理由などを尋ねたが、伊藤議員にかわって応じた夫人は、

「解決しているので、お話しすることはありません」

 と言うのみで、伊藤議員の代理人弁護士はこんな答え。

「コロナ禍で苦しむ飲食業者に多額の強制金の支払いを求めることについて問題視されているようですが、そのような疑念があるとしたら当たりません。間接強制の強制金は当職が算定しました。裁判所の命令を無視して営業しても割に合わないと感じる金額である必要があるためです」

 店のオーナーが、意を決したように目に力を込める。

「コロナで世の中全体が大変なときです。本来ならば補償の仕組みを決めるなどして私どもを助けてくださるはずの国会議員が、店を営業するな、するならカネを寄越せとはあまりに酷い。もっと言えば、伊藤議員は折衝時に“焼肉店は公害をまき散らすのに、なぜここに作ったのか”と口にしていた。そんな見下すような言い方をして、ギリギリで耐えている飲食店をイジメるのはどうかと思います」

“東北のケネディ”も泉下で嘆いているのではないか。

「週刊新潮」2020年6月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)