都知事選で維新“吉村人気”にあやかる「小野泰輔」 Facebookに書き込んだ妻の心配事

■ゲバラのTシャツを着た理由


 北海道新聞(電子版)は6月21日、「勢力拡大へ、攻める維新 『吉村人気』追い風、都知事選に推薦候補 野党保守系とも連携」の記事を配信した。冒頭部分をご紹介しよう。

 ***

《日本維新の会が、勢力拡大へ勢いづいている。新型コロナウイルス対策で注目を集めた副代表の吉村洋文大阪府知事の人気をてこに、7月5日投開票の東京都知事選に推薦候補を擁立。野党の保守系議員との連携も強化している》

 さっそく、府知事と都知事候補者を比較してみよう。2人の経歴を表にした。ご覧いただきたい。

 小学校と中学校は公立、大学は国立で旧帝大、学部も法学部だ。違うのは高校が府立と私立だったことくらいで、非常に良く似た2人と言っていい。

 日本維新の会が、吉村知事ブームに乗って、小野泰輔氏を都知事選に擁立したことが非常によく分かる。

 小野氏は大学を卒業すると、“世界最大の経営コンサルティングファーム”とも言われるアクセンチュアに就職するが、2000年から衆議院議員(当時)だった藤島正之氏(77)の公設秘書を務めた。

 そして08年、人生の転機が訪れる。小野氏は東大法学部時代、当時教授の蒲島郁夫氏(73)のゼミ生だった。その蒲島氏が熊本知事選に立候補することになったのだ。

 蒲島氏が当選後、選挙を手伝った小野氏は熊本県の政策調整参与に就任。そして12年には副知事に起用される。

 朝日新聞の西部本社版は同年6月、「熊本副知事、最年少38歳 蒲島知事、教え子起用へ」の記事を掲載した。(註:引用に際してはデイリー新潮の表記法に合わせた。以下同)

《熊本県の蒲島郁夫知事は新しい副知事に県政策参与の小野泰輔氏(38)を起用する方針を固めた。県議会に同意を求める議案を提出する。知事が東大教授だった時の教え子で、県によると、就任すれば現職では全国最年少の副知事になる見通しだ》

 一方、ライバル紙の読売新聞は、同じように西部本社版で「副知事案 県議会に懸念も 小野氏起用 若さや行政経験不足」と人事を不安視する記事を掲載した。

《人事案は賛成多数で同意される見通しだが、議員からは国とのパイプの弱体化と、若さと行政経験の少なさを懸念する声が上がった》

 だが、少なくとも小野副知事が仕事に邁進し、「知事の身内びいき」という批判を跳ね返したのは間違いない。

 批判的な記事を掲載した読売新聞は13年12月、「[謹聴熟考・支局長インタビュー]」で小野副知事を取り上げた。

 記事自体は中央集権制の問題点や、都市と地方の比較など、特に目新しいものはない。興味深いのは、この支局長が書いた「後記」だ。

《小野さんは今秋、熊本市で開かれた沖縄音楽のコンサートで三線を披露した。その時に着ていたのは、キューバの革命家、ゲバラのシャツ。そのことを聞くと、「もともと自分はどちらかというと権力の側にいるのは好きじゃない」と笑った。就任時は「若すぎる」という指摘もあったが、その後の働きぶりで批判をはね返したようだ。知事にとっては、有能で、本当に信頼できる側近なのだろう》(註:改行を省略した)。


■都知事選立候補の真意


「どちらかというと権力の側にいるのは好きじゃない」と笑っていた人が、まさか都知事選に立候補するとは――興味深いことに、都知事選への出馬を伝えた熊本の地元メディアの報道を見ると、関東圏の記事トーンとは全く違う。

 地元紙の熊本日日新聞は6月3日、「急転直下“転身”に衝撃 熊本県の小野副知事、都知事選出馬へ 続投準備さなか…後任白紙 都知事選挙 地方選挙 新型コロナウイルス」との記事を掲載した。

《小野泰輔副知事が2日、7月5日投開票の東京都知事選への出馬を理由に突如辞職を表明した。20日の任期満了を目前に控え、県執行部が6月県議会に続投の人事案提出を準備していた中、急転直下の“転身劇”。ぎりぎりまで伏せられた決断が伝わった県庁や県議会には、衝撃が走った》

《蒲島氏は知事選で4選を果たした直後の4月、小野氏に「1年限定」という異例の続投を打診していた。戦後の副知事で、2期8年を超えたのは過去に1人だけ。(略)そこで万全の対策を取るためひねり出したのが、「1年延長」案だった。小野氏もいったんは要請を了承していた》

《「都知事選出馬は唐突な理由に思える。丸々4年の続投要請でなかったことが、本人に引き際を感じさせたのではないか」と自民中堅県議。小野氏自身も出馬会見で「(あと)4年と言われていたら、任期を全うしなければならないと考えたと思う」と吐露した》

 準備万端ではなく突然の発表。そして副知事の任期が、小野氏の決断に影響を与えた可能性が取り沙汰されている。

 要するに熊本日日新聞は「1年で副知事をクビになることが決まったから、辞めるのではないですか?」と記事で疑問を投げかけたのだ。

 取材にあたった記者によると、小野氏が都知事選に立候補する際に述べた「小池都政に一石を投じるため」という理由は、やはり“表向き”のものだと見る。

「小野さんは元々、蒲島知事の後継になりたいと熱望していたのです。ところが目立ちたがり屋という批判の声も根強く、蒲島知事の『1年留任』は、やはり事実上の退任勧告だと言われています。いわば“失業”間近だった小野さんは、都知事選の立候補者として維新に打診され、飛びついたというわけです」

 熊本日日新聞の記事には、小野氏が都知事選の立候補を相談すると、家族に反対されたとのエピソードが紹介されている。このため妻が開設しているFacebookがマスコミの注目を集めたという。

「奥さまが東京に旅立つ小野氏を紹介した記事があるのですが、文中で新型コロナの『巣ごもり生活』を『毎日夕飯を一緒に食べられて、週末もずっと家族で過ごせたあの時間は、かけがえのない時間だった気がします』と振り返ったのです。一方、都知事選については『コロナもまだ収束したわけではないので、子どももいる私は、東京に赴いての応援はなかなか難しい』と少し距離を置く姿勢を示しました。こうした記述から、今回の出馬については、“やはり奥さまの同意は得られていないのではないか”と今も囁かれているのです」(同・記者)

 Facebookに掲載されている「自己紹介」によると、小野氏の妻は東京の名門私立女子高・女子学院から、難関校として知られる東京工業大学に進学している。

 申し分のない学歴の持ち主が、Facebookで夫に罵詈雑言を浴びせるはずもない。記事の最後はしっかりと小野氏を応援して終わっている。

《たぶん、夫が出馬するのは、この子ども達の未来のため》

《元々、夫婦ともにバックパッカーなので、どこでも、どういう状況でも生きていける自信?はあるし(笑)》

《人生一回っきり! 思いっきりやれるだけやってこーい!》(註:改行を省略した)


■失業者の心配はナシ?


 だが、小野陣営は、Facebookの内容を苦々しく思っているようだ。陣営の関係者は「こんな記事を公開するなんて、問題ですよ」と言う。

「夫が出馬すれば、ありとあらゆる選挙活動で妻のサポートが求められます。妻が頭を下げるからこそ票を入れるという有権者は男女を問いません。そのことの是非はあるでしょうが、それが現実ですし、新人候補ならなおさらです。都知事選の立候補者の妻が、“東京に行きたくない”とはどういうことなのか。戦わずして負けるようなもので、政治家の妻の行動としては信じられません」

 と、怒り心頭なわけだが、妻がFacebookに「バックパッカー」と書いたのは、やはり落選を覚悟していると読むべきだろう。現職・小池百合子氏(67)の強さを考えれば、当然と言える。

 都知事選に落選すれば、誰からも省みられず……最悪のシナリオも想定してしまう。だが、その心配は全くないという。

「元都議で2019年の参院選で当選した日本維新の会の柳ヶ瀬裕文さん(45)は、海城高校で小野氏と同級生だったのです。日本維新の会が考えているのは、今回の都知事選は小野氏の“顔見世興行”。本命は次の衆院選です。こちらなら、当選の可能性も出てくるのかもしれません」(同・記者)

週刊新潮WEB取材班

2020年6月25日 掲載

関連記事(外部サイト)