「安倍夫妻秘話」…首相と語ったサウナ時間、関係者による「アッキー評」

■「潰瘍性大腸炎」を患っている友人は…


 安倍晋三首相(65)とサウナ友達だった徳光正行がその秘話を披露。そしてアッキーこと安倍昭恵夫人(58)の関係者に取材し、人物像について綴る。

 ***

 安倍晋三さんが首相の座を辞してしまいましたね。記者会見を見ておりましても、志半ばでの辞任というのが痛いほど伝わってきました。

 私の友人に安倍首相と同じく「潰瘍性大腸炎」を患っている者がおります。彼は、

「あの病気で首相のような激務なんてとても耐えられないよ。例えアサコール(潰瘍性大腸炎の治療薬)が効いていたとしても、いつ症状が出るかわからないんだよ」

 と申しておりました。

 指定難病を患いながらも、およそ7年半のあいだ首相の職務を遂行したことは素晴らしいことだと思います。

 諸手を挙げて称賛の雨あられというわけではないとは思いますが、私のような者から見ても近隣アジアに対する強硬姿勢は頼もしかったです。

 話は少し変わるのですが、自民党が下野していた時、実は安倍さんとスポーツクラブが同じだったのです(首相になってからはいらしてないです)。

 実際にお目にかかりますと、思ったよりも背丈が『デカい』なんてのもありますが、大変優しいお人柄でありまして大体の人はファンになってしまうと思います。

 さらに感心したのが一度挨拶を致しますと、次回からは必ず安倍さんから「徳光さん!」と声をかけてくださることです。

 これは「人の名前と顔を覚える能力に長けている」という、政治家特有の才能なのかもしれません。

■「徳光さん、よく身体を鍛えてますね…」


 主にサウナでご一緒しまして、「徳光さん、よく身体を鍛えてますね。うちの党にも馳浩という者がおりまして、彼もなかなかなもんなんですよ」と仰ってました。

 私が、「馳さんは私もプロレスファンなので存じております。そして馳さんに私なんぞが敵うわけがありません」と返しましたら、笑いながら「いやいや。あっ、そういえばプーチンいるでしょ? 背は大きくないけど本当にすごい身体してますよ、熊みたいというんですかね」なんてことも仰ってましたね。

 辞任発表後に石垣のりこ議員が、

「『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を首相総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです」などとツイッターで呟いておりましたね。

 すでに様々に評されておりますから多くは申しませんが、「議員という前に人としてどうなのよ?」と一言申し上げたいとは思います。さすがに親分である枝野幸男さんも呆れておりましたよね。

 さらに女優の東ちづるさんの「病気であることを非難するのは残念だ。病気を理由に批判させないようなムードになることも残念だ」というお言葉もありました。

 安倍首相は別にそんなムードにしようなんて思ってないのでは?

 もしも「『潰瘍性大腸炎』が辞任理由である」と仰らなかったら、こういう人たちは「理由もなく無責任だ」となるのでしょうか。

 まあ、何を言っても「安倍は最悪」となる一定数の人たちを相手によく持ち堪えてらっしゃいました。私でしたらメンタルがまるで持たないですし、はたまた‥…。

■“陛下のご即位の時の衣装はどうかと思いました”


 さらに、安倍首相といえば昭恵夫人のことも触れなければということで、いろいろな方にお話を伺ったのですが、昭恵夫人と接点がある方も結構いらしてびっくりしました。

「陛下のご即位の時の衣装はどうかと思いました。あと、今思えば森友学園問題も彼女の天然っぷりが引き起こしてしまった『事故』だと思うから、安倍さんが気の毒に感じました」(51歳女性・会社経営)

「浮世離れしてるというか糸の切れた凧のような人に思います」(33歳女性・専業主婦)

 などと、昭恵さんと面識のない場合にはこのような意見が多かったのですが、面識のある方はガラリと見方が変わります。

「私を含めてですが、周囲でアッキーのことを悪くいう人は1人もいません。気取らなくて誰とでもすぐ親しくなるのですが、すぐに泥酔してしまうんです。あと、スピリチュアル的なものが好きで、すぐに新しいスピリチュアルものに騙されちゃうんです」(44歳女性・編集者)

 なんとスピリチュアルがお好きでさらに騙されてしまうとは。そのうえ、

「アッキーは頼まれると断れなくて、他人のお役に立ちたいと思っちゃう人です。安倍さんは“困ったな〜、あいつら本当に大丈夫なのか?”となっても“良い人たちよ、なんとかしてあげて晋三さん”とか言ってしまって、“ありゃ、こんなはずじゃなかった。あーまたか? いい加減にしなさい”なんて安倍さんがたしなめていると思いますよ」(65歳男性・著名人)


■“昭恵さんをうまく利用して悪巧みしようとしてる人もいるから”


「実にわかりやすい人です。他人を簡単に信じちゃうし、本当に悪気無しの人。自分はファーストレディだけど、普通でありたいとも思ってる人ですね」(53歳男性・会社経営)

「昭恵さんはあくまでも巷で活躍しているみなさんのために頑張るって方ですね。私は“昭恵さんをうまく利用して悪巧みしようとしてる人もいるから、気をつけてください”と言ったのですが、基本的に性善説でものを考える人なので聞く耳を持ってくれないというか‥…」(63歳・会社顧問)

 基本的に「いい人」であることは間違いないのですが、人を信用しすぎるきらいが往々にしてあるというのでしょうか?

 確かに、首相夫人の肩書きがなければ森友学園問題に関与することはなかったはずですし、財務省職員の方の悲しい出来事も起こらなかったかも知れず、そこは軽率のそしりは免れないと思われます。

 さらに公人か私人かでその身分が揺れて、「私人である」なんて閣議決定までされてしまったのも、何ともいただけなかったと申しましょうか、国民の不興を買ってしまいました。

 ともあれ、これからはその閣議決定のくびきから解き放たれて、「いい人」の部分を生かした活動を展開されることを期待しております。

徳光正行(とくみつ・まさゆき)
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日には岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版。現在YouTube「徳光ちゃんねる」でも活躍中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月31日 掲載

関連記事(外部サイト)