中曽根元首相への弔意要請は思想統制? 文科省文書を調べて分かった意外な事実

中曽根元首相への弔意要請は思想統制? 文科省文書を調べて分かった意外な事実

中曽根康弘元首相

■興味深い“前例踏襲”


 中曽根康弘元首相(1918〜2019)の「内閣・自由民主党合同葬儀」は10月17日に行われる。会場は都内の高級ホテル、グランドプリンスホテル新高輪だ。

 ***

 この合同葬に関し、共同通信は10月14日、「文科省、国立大に弔意表明求める 故中曽根康弘氏の合同葬」の記事を配信した。

《文部科学省が全国の国立大などに、弔旗の掲揚や黙とうをして弔意を表明するよう求める通知を出した》

 スクープ記事のため、新聞他社やテレビ局が後追い記事を掲載。あっという間に世論が二分し、現在も賛成派と反対派で論争が続いているのはご存知の通りだ。

 共同通信の記事はYAHOO!ニュースにも転載され、トピックスに選ばれた。広範な読者を獲得し、同記事のコメント欄は10月16日現在、投稿数が6000件を超えている。これは相当な数だと言える。

 このコメント欄に、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が専門家としてコメントした。要点は、以下の2点に要約できる。

【1】1988年の三木武夫元首相[衆院・内閣合同葬]、95年の福田赳夫元首相[内閣・自民党合同葬]、2000年の小渕恵三元首相[同]でも国立大学などに弔意が求められた。今回の中曽根元首相のケースも前例に従っているだけと言える。

【2】弔意を求めること自体も、国立大学は国の税金によって運営されている。元首相に弔意を示すというのは、そこまで不自然なこととは思えない。


■省に残っていた記録


 石橋氏のコメントに対し、10月15日現在、「参考になった」の数が1万4000件を超えた。これも極めて数が多い。

 後で紹介するが、石橋氏は新聞報道を調査し、過去にも弔意の表明を求めた事実を明らかにした。

 ならば文部科学省に何か資料が残っているのではないだろうか。取材を依頼すると、担当者が「手元にある中では」10人の元首相について記録があるという。

「10例のうち、弔意表明について閣議決定が行われ、国立大学に弔意表明の通知を出したのは3例ありました」(同・担当者)

 古い順にご紹介しよう。

 1例目は2000年に死去した小渕恵三元首相(1937〜2000)。

 2例目は04年に死去した鈴木善幸元首相(1911〜2004)。

 3例目は06年に死去した橋本龍太郎元首相(1937〜2006)

 つまり、この3人の元首相の“前例”を、中曽根元首相でも踏襲したことになる。


■宮沢元首相の“例外”


「更に、弔意表明の閣議決定が行われたものの、『政府部内の弔意表明に限る』とされ、国立大学に弔意表明を求めなかったものが1例ありました」(同・担当者)

 こちらは07年に死去した宮沢喜一元首相(1919〜2007)だ。

 なぜ「政府部内」に限ったのか、理由を記した記録はなかったという。文科省の担当者は「ご遺族のご意向、などの可能性が考えられます」と推測する。

 確かに傍証はある。在任期間が1年を超える首相経験者は大勲位菊花大綬章を受勲することが慣例となっているが、「本人の意向」という理由で、宮沢元首相の遺族は受勲を断っている。

「残りの6例はメモだけが残されています。実際に国立大学に弔意を求めたかどうかは分かりませんが、閣議で弔意を表明すると決定した可能性は高いと考えられます」(同・担当者)


■メモの内容


 メモの記載内容を、こちらも古い順にご紹介する。

 1例目は1967年に死去した吉田茂元首相(1878〜1967)。

 2例目は75年に死去した佐藤栄作元首相(1901〜1975)。

 3例目は80年、在職中に急死した大平正芳元首相(1910〜1980)。

 4例目は87年に死去した岸信介元首相(1896〜1987)。

 5例目は88年に死去した三木武夫元首相(1907〜1988)。

 6例目は95年に死去した福田赳夫元首相(1905〜1995)。

 戦後の首相といえば、1人目はポツダム宣言受諾の3日後にあたる1945年8月17日に任命された東久邇宮稔彦王[後に東久邇稔彦]元首相(1887〜1990)だ。

 80年に臨時代理を務めた伊東正義元副総理(1913〜1994)は15人目で、現在の菅義偉首相(71)は35人目になる。


■「葬儀」による前例


 この35人のうち死去した元首相は23人。中曽根元首相を入れても11人しか文科省に記録が残っていないのはなぜなのか。

 元首相たちの「葬儀」を調べてみると、その謎を解く鍵があった。

 東京新聞は10月1日の朝刊「こちら特報部」で、「中曽根元首相合同葬に違和感(上)」の記事を掲載した。

 この記事の中で、中曽根元首相のように《内閣・自民党の合同葬》が行われた元首相として7人の名前が列挙されている。

《合同葬は、1980年7月の大平正芳元首相が初。以降、岸信介(87年9月)、福田赳夫(95年9月)、小渕恵三(2000年6月)、鈴木善幸(04年8月)、橋本龍太郎(06年8月)、宮沢喜一(07年8月)の各氏も実施されている》

(註:漢数字を半角洋数字に改めるなど、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

 文科省に文書が残っていた小渕、鈴木、橋本、宮沢の元首相4氏が含まれている。更に岸、福田の2氏も“詳細不明”のメモに名前があった。


■岸元首相も弔意要請


 更に、メモに名が残っていた吉田元首相と佐藤元首相には以下のような記述がある。

《サンフランシスコ講和条約締結時の首相だった吉田茂氏は、閣議決定により戦後唯一の国葬(1967年10月)となった。沖縄返還を果たした佐藤栄作氏は内閣、自民党、国民有志による合同葬(75年6月)だった》

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が、三木元首相と福田元首相の死去でも、国立大学に弔意表明が求められたことを明らかにしたのは冒頭で紹介した通りだ。

 石渡氏は10月15日、YAHOO!ニュース個人で記事「元首相への弔意通達が思想統制につながる?〜元首相葬儀・大喪の過去事例を振り返る」を配信している。

 この記事で、新聞記事のデータベースを活用し、事実を“発掘”したことを紹介している。そこで同じように編集部のデータベースを使うと、興味深いことが分かった。

 まず岸元首相だが、中日新聞の記事に以下の記述があった。

《1987年9月、岸信介元首相の内閣・自民党葬に際し、岐阜大では弔意を示す半旗の実施をめぐり大騒ぎになった》(出典:註1)


■10人は“前例”が確定?


 三木元首相も、北海道新聞が1988年、以下の内容を報じた。

《全国の都道府県教委、国立大学など文部省関係機関に対して、故三木武夫元首相の衆院・内閣合同葬が行われる12月5日、弔旗の掲揚と黙とうなど弔意を表すよう求める通知を阿部充夫事務次官名で出した》(出典:註2)

 そして福田元首相に関しても、毎日新聞が1995年に「名古屋大学が弔旗掲揚を検討、職員組合が反発−−きょうの福田元首相内閣・自民党葬」という見出しの記事を報じている(出典:註3)

 メモに名前が記載された6人の元首相のうち、国葬が1人、国民葬が1人、そして新聞記事で弔意表明が確認されたのが3人となった。

 こうしたことから推測すると、残る1人である大平元首相でも、弔意の表明が国立大学に求められた可能性があると言えるだろう。

 文科省の記録を調べてみると結局、中曽根元首相を含む10人について、国立大学に弔意を求めたと見る方が自然のようだ。


■「自民党葬」の元首相


 この10人に宮沢元首相と、伊東元首相代理を加えると12人。これを死去した元首相の合計数23人から引くと残りは11人となる。

 では11人の名前が、なぜ文科省に残っていないのか。その新たな謎を解く鍵の1つとして、「国費の投入」がある。

 先に紹介した東京新聞の記事「中曽根元首相合同葬に違和感」によると、鳩山一郎(1883〜1959)、石橋湛山(1884〜1973)、池田勇人(1899〜1965)という3人の元首相は、内閣が関与しない「自民党葬」だったという。

 内閣との合同葬だからこそ国の予算が投入され、同じように国の予算で運営されている国立大学にも弔意の表明が求められる。

 この理屈から考えると、「自民党葬」が行われた元首相の場合は、弔意の表明が求められなかった可能性がある。

 また“不祥事”の記憶と結びついた首相も、内閣と自民党の合同葬は実施されなかったようだ。


■田中角栄元首相は?


 ロッキード事件で有罪判決を受けた刑事被告人のまま死去した田中角栄元首相(1918〜1993)は、前出の東京新聞の記事によると《内閣が主催に入ると世論の反発を招くため、自民党・遺族の合同葬という形》だったという。

 他にリクルート事件で釈明に追われた竹下登元首相(1924〜2000)は、《生前に「葬儀は地元でささやかに」と希望していた》こともあり、《故郷の島根県掛合町(現雲南市)と自民党、遺族との合同葬》が営まれるにとどまった。

 神楽坂の芸者が「サンデー毎日」(毎日新聞出版)に愛人関係の経緯を告発したことなどから、短命内閣に終わった宇野宗佑元首相(1922〜1998)も、東京新聞によると《地元の滋賀県で自民党葬》だったという。

 また特に自民党総裁ではなかった元首相の名前が、文部科学省の文書やメモに存在しないのも興味深い。

 幣原喜重郎元首相(1872〜1951)と芦田均元首相(1887〜1959)は古すぎるとしても、日本社会党の委員長だった片山哲元首相(1887〜1978)や、新政党や太陽党の党首を務め、民主党の最高顧問などを歴任した羽田孜元首相(1935〜2017)の名前はない。


■まさに“蓋棺”


 もちろん、羽田元首相の名前が書かれた文書はかつて存在したが、保存期限を過ぎて破棄されていたり、文科省内の奥深くに潜んでいたりする可能性は否定できない。

 とはいえ、かつて首相を務めても、その後に野党へ“転落”すると扱いは冷たい、という見方も浮かび上がってくる。

 念のために新聞記事を検索してみると、中日新聞が17年8月31日、「故羽田氏を首相見送り」という記事を掲載している。全文をご紹介する。

《安倍晋三首相は30日午後、28日に死去した故羽田孜元首相のひつぎを乗せた車を、官邸前で見送った。首相は黒い数珠を手に2度、深く頭を下げ弔意を示した。車は東京・永田町の国会や官邸前の公道を通過。杉田和博官房副長官や官邸スタッフも見送りに加わった》

 国立大学に弔意を求めたことを、一部の有権者が《思想統制につながる》と反対している。このことに対して、石嶺氏は前出の記事で以下のように皮肉っている。

《この弔意通達が思想統制につながる、ということであれば、この40年間、ずっと思想統制があった、ということなのでしょうか?》

 元首相の弔意表明に関する様々な違いは、どうやら“棺を蓋いて事定まる”という、古来、繰り返されてきた人間ドラマの一種と見たほうがいいのかもしれない。

註1:「核心 国立大に『日の丸・君が代』圧力 予算握る国が実態調査」中日新聞2016年5月3日朝刊

註2:「三木氏葬儀で弔旗掲揚を―文部省が通知」北海道新聞1988年11月30日朝刊

註3:「名古屋大学が弔旗掲揚を検討、職員組合が反発――きょうの福田元首相内閣・自民党葬」毎日新聞1995年9月6日朝刊

週刊新潮WEB取材班

2020年10月16日 掲載

関連記事(外部サイト)