セクハラ事件で議員辞職 元立憲「初鹿明博氏」が地元で「韓国コスメ店」をオープン

「セクハラ告発」で辞職の元立憲・初鹿明博氏が韓国コスメ店オープン 本人を直撃

記事まとめ

  • 女性にわいせつな行為をして書類送検された元衆議院議員の初鹿明博氏が店を開店した
  • 地元の葛飾区・新小岩で、韓国コスメショップをオープンした初鹿氏を直撃取材
  • 「なんで、韓国? たまたまです。」「韓国のコスメが女性に人気があるし」と返事も

セクハラ事件で議員辞職 元立憲「初鹿明博氏」が地元で「韓国コスメ店」をオープン

 タクシーの中で女性にわいせつな行為をして書類送検された元衆議院議員の初鹿明博氏(51)。“けじめ”として10月に議員辞職したばかりだが、この年の瀬に突然、地元の葛飾区・新小岩に韓国コスメショップをオープンした。なぜ「韓国コスメ」なのだろうか? 開店日に話を聞こうと店に駆けつけると、なぜかとても不機嫌で……。

 ***

 発端は、2017年に「週刊文春」が報じた、初鹿氏とタクシーに同乗した女性の「セクハラ告発」だった。初鹿氏は女性が嫌がるのをよそに、車内でズボンのチャックを下ろし、無理やり股間に女性の頭を押し付けたとされる。当初は頬被りを決めていた初鹿氏だったが、昨年2月に女性が警視庁に告訴し、同年12月に書類送検されると、所属していた立憲民主党を離党した。

 その後、1年経った今年9月に不起訴処分に。だが、ここまで居座り続けておきながら、突然、翌10月に、「真摯に反省して謝罪し、辞職をけじめとしたい」と議員辞職したのだった。

 それから2カ月。初鹿氏が、地元の葛飾区・新小岩の商店街に「韓国コスメ店」をオープンするという情報が入ってきた。政治の道を諦め、実業家に転身したということなのか。本人に話を聞こうと、12月20日のオープン日に早速足を運んでみた。

 JR新小岩駅南口から連なる商店街のアーケードを歩くこと3分。祝花が立ち並ぶ前で女性店員がチラシを配っている店があった。店名は「ne:Style」。祝花の送り主を確認すると、中田翔、川崎憲次郎、橋本清といったプロ野球関係者ばかりだ。

■営業スマイルで接客している初鹿氏がいた!


 5坪ほどの狭小な店内に、スーツ姿で接客している初鹿氏がいた! 美容マスクやアイシャドウなどのコスメ用品、お菓子やラーメンなどの韓国製品ばかりが取り揃えられていた店内は、オープン日とあって女性客が溢れ活況だ。

 その狭い店内で、初鹿氏はつい先日まで議員センセイだったとは思えぬ身のこなしで、「こちらは人気の美容マスクですよ」「カゴですか。今お持ちします」などと飛び回っている。

 だが、記者が「週刊新潮ですが……」と声をかけると、営業スマイルが途端に曇ってしまった。

「なんで来るんですか。家族でやっているんで、やめてくれませんか」

 機嫌を損ねる初鹿氏をなだめつつ、政治家から引退するということなのかと聞くと、

「いやいや、そんなのはまだ決めていません。政治家というのは選挙で当選しなければならないので、周りの人が決めることです。(店のオープンは)議員を辞めると決める前から計画していたことなので」

 不起訴なのになぜ辞めたのかと改めて問うと、

「この店とはあまり関係ないですからね」

 だが、そもそも初鹿氏はこの店のオープンにあたり、地元の有権者に「前衆議院議員 初鹿明博」という肩書きで案内文を配っている。その中には、こういった一文もある。

〈オープンに合わせて都議会に当選する前から開いていた平井(※江戸川区の地名)の事務所を閉めることにしました。ただし、政治活動をやめてしまう訳でも選挙区を変える訳でもなく、単に維持経費の捻出が難しいからで、これまで通り東京16区を中心に行って参りますので、ご理解の程、よろしくお願いします〉


■「もう迷惑だから帰ってください」


 政治家だった立場を利用して店の宣伝もしているし、政界への未練も覗かせているのである。それを問うと、

「事務所を閉めるという事務連絡ですよ。今まで応援してくれていた方々も心配されているでしょうから、こういうことを始めますとお伝えしたかっただけです。もちろん、知り合いに宣伝もかねて声をかけた、というところもありますがね」

 と釈明。それにしても、なぜ韓国コスメなのかが気になるところ。先ほど「家族で」と自ら言っていたので、奥さんの発案なのかと尋ねると、やはりまた憮然とし、

「女房は関係ありません。なんで、韓国? たまたまです。韓国にこだわっているわけでもなく、韓国のコスメが女性に人気があるし、成分的にもいいって聞いているし、うちの子供たちも韓国好きで化粧品も好きだからってだけですから。もう迷惑ですから帰ってもらえますか」

 と終始つれない対応なのであった。

 人間万事塞翁が馬。政界への未練を断ち切り、一からビジネスマンとして出直すことこそ成功への道なのでは……。

週刊新潮WEB取材班

2020年12月20日 掲載

関連記事(外部サイト)