反原発本を出版した自民党3期生議員、「石破元幹事長」「宮沢元経産相」との確執を暴露

自民党・秋本真利氏が書いた「反原発本」が話題 石破茂氏、宮澤洋一氏との確執も暴露

記事まとめ

  • 自民党の若手議員、秋本真利氏が書いた「反原発本」が話題となっている
  • 秋本氏は、著書で「原発推進派」の党内重鎮との間にあった攻防の内幕を暴露した
  • また石破元幹事長、宮澤洋一元経産大臣との因縁も振り返っている

反原発本を出版した自民党3期生議員、「石破元幹事長」「宮沢元経産相」との確執を暴露

 永田町で、自民党の若手議員が書いた「反原発本」が話題になっている。著者は、菅グループに所属する3期生議員の秋本真利氏(45)。当選以来、一貫して「反原発」を貫いてきた秋本氏は、著書で「原発推進派」の党内重鎮との間にあった攻防の内幕を暴露。中には石破茂元幹事長から受けた“いじめ”とも取れる内容もあり……。

 ***

 秋本氏は千葉県富里市議会議員を経て、2012年に初当選した3期生議員。当選直後から、雑誌インタビューで核燃料サイクルや原発輸出に異論を唱えるなど、自民党に属しながら「反原発」を貫く“異端児”として注目されてきた。最近は、菅首相を支える若手グループ「ガネーシャの会」の中心メンバーとして、“菅総理側近”の肩書きでメディアに出ている。

 そんな秋本氏がこのほど上梓したのが『自民党発! 「原発のない国へ」』(東京新聞)。自民党議員らしからぬ過激なタイトルも目を引くが、注目すべきは内容だ。これまで「反原発」の信条を貫き通してきた過程で、党の名だたる重鎮たちから“嫌がらせ”を受けてきたと暴露しているのだ。

 最も恨み深く描かれているのが、石破茂元幹事長である。

 発端は、2014年4月に衆議院本会議で、トルコとアラブ首長国連邦(UAE)への原発輸出を可能にする原子力協定の承認案が可決された際、秋本氏が自民党でたった一人退席したことだったという。秋本氏が当時、名もなき1期生議員だったことを考えれば、大胆不敵な行動だ。同じく反原発の“同志”であり大先輩にあたる河野太郎(現・行政改革担当大臣)氏でさえも、起立採決の際に「中腰」に立って抗議の意思を示しただけだった。

■当時、幹事長だった石破氏に意趣返しで「約束を破られた」


 その後のハレーションを、秋本氏は同著であけすけに明かす。

〈佐藤勉国会対策委員長(※当時)に呼び出され、「自分一人の主張を貫いて何になるんだ。いい迷惑だ」と油を絞られました。一方、石破茂幹事長(※当時)からは「1期生の最大の仕事は2期生になることだ。ペナルティを課して若い芽を摘みたくはない」と励ましていただき、その時は「ああ、いい幹事長」だなと思いました〉

 こう一度は、石破氏を持ち上げた秋本氏だが、すぐに〈それはとんだ買いかぶりでした〉と続ける。

〈この数ヶ月後、私の地元後援会から300人くらいが国会見学に来ることになっていて、石破幹事長に講師をお願いしていたのですが、石破さんは直前になって「スケジュールの都合がつかない」と断ってきたのです。

 こちらとしては、幹事長の話が聞けると宣伝して人を集めていたので大慌てです。日時をずらしても構わないので何とかならないかと頼んでも、取りつく島もありません。そうこうしているうちに、石破事務所の秘書に「察してください」と耳打ちされ、ようやく原子力協定が原因だと気付きました〉

 ねちっこい“いじめ”にあったというのだ。なお、同著では石破氏だけでなく、宮沢洋一元経産大臣との因縁も振り返っている。秋本氏は15年3月に、予算委員会で福島第一原発の汚染水浄化処理の状況について質問に立った際、“身内”であるにもかかわらず容赦無く経産大臣だった宮沢氏を追及した。すると、

〈宮沢さんはその後、党の税制調査会長に就任します。ある時、私が税制調査会の会合で発言の機会を求めていくら挙手しても、宮沢会長は私の方を見向きもせず、当ててもらえないことがありました。まさか、予算委員会でのやりとりを根に持っているわけではないと思いますが〉

■本人に直撃すると「書いてある通りですよ」


 これまた陰湿な“無視”かもしれない。とはいえ、党のお偉方相手にこんなことを書いちゃって大丈夫なのか。ご本人に聞いてみると、

「そういうところだけに注目なさらず、なぜ原発が不必要か、原発に代わる再生可能エネルギーがいかに有用かなどについて詳しく書かせてもらいましたので、全体を読んでいただければありがたく思います」

 と受け流す秋本氏。ただ、やはり周囲からは“過激”との評価を受けたようで、

「菅総理にも直接届けましたが、すぐさま手に取って読んでいただき、『徹底しているなぁ』と感想をこぼされていました。河野さんには帯を書いていただきましたが、本を届けると、目の前で熟読し始め、『結構、書いちゃっているなぁ』としみじみ言ってました」

 生来の度胸なのか、はたまた、菅首相という“勝ち馬”に乗っているという安心感なのか……。とりわけ石破氏についての恨み節が満載だったがと、話を向けると、

「書いてある通りですよ。ただ今になって、自分があの時に取った行動を思い返してみて、信条は正しかったとは思いますが、やり方としてはどうだったかと振り返るところはあります。1期生として経験不足で、まだ分かっていなかったところもある。表現の仕方として別のやり方があったかもしれません。あの頃は『共産党に行けば』と言われたこともありますしね」

■石破氏は「私はそんな意地悪はしませんよ」と否定


 一方、石破氏は“いじめ”疑惑にどう答えるか。本を読んでいないというので、秋本氏が書いた詳細を伝えると、ため息混じりで、

「それはないよ……。記憶がないし、ウチの事務所はそんなことはしませんよ。妄想か思い込みでしょう。あの時は1期生がたくさんいましたが、1期生が飛び跳ねるのは当たり前。『最大の仕事は2期生になることだ』ということはその通りだし、本心で言いましたよ」

 ただし、約束した講演を採決で退席したことを理由に、キャンセルしたことなど絶対にないと強調する。

「私はそんな意地悪しません。私自身、1期生から2期生になる時、大変だった経験がある。1期生が支援者を集めているというならば、協力しようと考えるほうですよ。どういう思い違いかわかりませんが、それにしても、『買いかぶりでした』なんてのは先輩の議員に向かって言うことではないよね」

“いじめ”があったかどうかは双方で見解が異なるようだが、そもそもの疑問として、この『原発のない国へ』というタイトル、自民党の政策と相反するのではないか。秋本氏は毅然と否定する。

「いいえ。私は安倍政権の頃から言い続けていますが、齟齬はないと思っています。安倍政権では『原子力エネルギーを可能な限り低減して再生可能エネルギーを可能な限り導入する』という公約でした。可能な限り低減するというのは、つまりはゼロを目指すということ。菅政権も、基本的には安倍政権の政策を踏襲し、さらに2050年に温室効果ガスを実質ゼロ(カーボンニュートラル)にする目標を掲げています。根底にあるのは、再エネを積極的に取り入れていこうという考え方です。著書でも詳しく書きましたが、原発より再エネが経済的にも優れていることは、数字ではっきり証明されているのです」

 秋本氏はこう力説するが、党内ではむしろカーボンニュートラルにかこつけて原発の再稼働や新増設を求める声が日毎に大きくなっているとも伝えられている。果たして、秋本氏は再び採決で起立を求められた時、重圧にめげずに“信念”を貫き通せるのか――。

週刊新潮WEB取材班

2020年12月28日 掲載

関連記事(外部サイト)