【歴史発掘】「麻生家」と明治維新の陰で動いた英国「ケズウィック家」の知られざる物語〈前編〉

 麻生太郎財務相は、吉田茂元総理を祖父に持つエスタブリッシュメントである。実を言うと、吉田・麻生家の系譜を見る際、明治維新の陰で動いたケズウィック家の存在を抜きには語れない。両一族の歩みと交友を辿ると、麻生氏周辺の今と未来が浮かび上がる。

 ジャーナリスト・徳本栄一郎(「週刊新潮」2020年11月12日号掲載)

 ***

「太郎と私は学生時代から親友で、その兄弟や一族も皆、よく知っている。彼は射撃が好きで、スコットランドまで狩猟をしに来た事もあったな」

「たしかに、私の曾祖父は日本の明治維新を組織した。ただ、自分は商人なので、将来のビジネスの機会に興味がある。もし日本で大きな問題が生じたら、太郎に助言を求めるだろう。副総理と財務大臣を兼ねるのは極めて強力な地位だからね」

「中国人がアヘンを燃やした時、われわれは英国政府に軍艦を送り込むよう促した。その結果、香港は割譲されたが、アヘン戦争を正当化し、過去を否定するつもりはない。あれは不幸な歴史だったし、物事の基準も今とは大分違った」

 昨年7月3日の夕方、ロンドンの英国会議事堂に近い閑静な住宅街、その一画の邸宅で、老人は懐かしそうに口を開き始めた。

 この季節のロンドンは、午後5時を過ぎても日が高い。窓から眩しい陽光が差し、カーペットの敷かれた部屋は物音一つせず、時間が止まったような錯覚を覚える。窓を背にしてソファに深く腰を降ろし、ステッキを置いて穏やかな語り口、その姿は好々爺という表現がぴたりと当てはまった。

 老人の名はヘンリー・ケズウィック、82歳、190年近い歴史を誇る国際コングロマリット(複合企業)、ジャーディン・マセソンの名誉会長で英国有数の資産家だ。

 そして彼が長年の「親友」と呼び、家族ぐるみの付き合いをしてきたのが、安倍内閣に続き、菅内閣でも副総理兼財務大臣の座にある麻生太郎であった。

 政治家・麻生太郎を形容するのに、よく「政界のサラブレッド」という言葉が使われる。千賀子夫人の父は鈴木善幸元総理で、母方の祖父は吉田茂元総理、その岳父は明治の元老・牧野伸顕で、さらに遡れば「維新の三傑」大久保利通まで行き着く。また妹の信子は寛仁親王に嫁いで皇室も縁続きになっており、まさに“エスタブリッシュメント”“華麗なる一族”と言っていい。

 だが吉田・麻生家の系譜を見る時、もう一つ、決して見逃せない重要な役割を果たしてきた一族がある。

 彼らなくして吉田茂、麻生太郎という二人の総理は誕生せず、今の自民党、いや日本の政界も全く違ったものになったはずだ。

 そして明治維新以来、両家は親から子へ、子から孫へと脈々と絆を受け継ぎ、水面下のコネクションを維持した。それがジャーディン・マセソンと、その経営を代々担うケズウィック家である。

 言い換えれば、これら二つの一族の歩みを追う事で、この国の歴史と政治家・麻生太郎の今と未来が浮かび上がってくる。


■明治維新を組織


 日本の歴史、それも幕末以降の近代史に興味がある人なら、ジャーディン・マセソン商会の名前は聞いた事があると思う。

 同社は1832年、ウィリアム・ジャーディンとジェームズ・マセソンというスコットランド出身の貿易商により、中国の広東で設立された。当初は中国のお茶やインドのアヘンを扱ったが、清朝がアヘンの密貿易を禁じると、英国議会に政治工作して英海軍を派遣させ、1840年、アヘン戦争が勃発した。

 この結果、中国は武力で屈服させられ、香港は英国に割譲されるのだが、ジャーディン・マセソンは香港を拠点に船舶や運輸、金融などに多角化、国際複合企業に成長する。また幕末から日本に進出し、討幕派の薩摩や長州に武器を売却、“明治維新の黒幕”とも形容された。

 文字通り、世界史を変えてきた会社で、やがて同社の経営はジャーディン家と姻戚関係のケズウィック家に移り、私の目の前にいるヘンリーは、その4代目に当たる。

 そして、この一族と数世代に亘って密接な関係を維持してきたのが吉田・麻生家で、物語は今から約160年前、横浜の地から始まった。

 1859年、安政6年の7月のある日、横浜の沖合に停泊する帆船トロアス号のデッキで、一人の英国人青年が陸地の方を凝視していた。ようやく辿り着いた新天地だというのに、目に映るのは、一面に広がる沼地と藁葺き小屋の寒村である。何とも言えない物哀しさだが、ここが交渉の末、徳川幕府が認めた貿易の拠点なのだ。

 青年の名前はウィリアム・ケズウィック、その4年前にスコットランドから中国へ渡り、ジャーディン・マセソン商会で働いていた。

 米国の東インド艦隊のマシュー・ペリー提督率いる軍艦が来航し、開国を迫ってからすでに6年が過ぎた。巨大な黒船に狼狽した幕府は要求に応じ、日米和親条約を結ぶが、その後も欧米は日本との貿易を求め続ける。その結果、1858年に修好通商条約が結ばれ、米国や英国などが横浜を含む港で貿易を認められた。

 これを機に、一攫千金を狙う外国商人が一斉に来日するが、その先陣の一人がヘンリー老人の曾祖父でジャーディン・マセソンの若手、ウィリアム・ケズウィックだった。

 ずっと後になるが、横浜開港100年を記念して同社がまとめた日本語の冊子に、こういう記述がある。

「ケズウイツクは横浜の海岸通、旧棧橋の入口の『居留地一番』と称せられた土地に木造二階家を建て、こゝを事務所として貿易を始めた。その為当時の日本人はジヤーデイン・マセソンを『英一番館』と呼んだ」

「開港直後の我が国では、外国商人で未だ事務所を持たないものが多く、それらは、船を事務所として取引を行つていた。又、日本の商人もどんなものが外国人に好まれるか分らなかつたので、生糸、絹織物、木綿織物、麻、米、麦、蝋、金属製品、漆器、陶器等を雑然と店にならべていた。互に言葉が全く通じないので、取引も手真似、身振りでするような状態であつた」(「英一番館:日本に於ける百年 安政6年〜昭和34年」)

 初めて訪れた異国で悪戦苦闘するのが目に浮かぶが、やがて横浜には煉瓦造りの商館や教会、ホテルが建てられ、かつての寒村は急速に変貌を遂げる。

 そして、ケズウィックが横浜に着いたのと同時期、もう一人、スコットランド出身の青年が日本でのビジネスを夢見て長崎に上陸した。彼の名前はトーマス・グラバー、このグラバーという名前も聞き覚えがある人は多いと思う。

 長崎でジャーディン・マセソンの代理店のグラバー商会を設立、討幕を目指す薩摩や長州、土佐の坂本龍馬に武器を売り込み、明治維新の推進役になった。後にジャーディン・マセソンは、当時の記録を英ケンブリッジ大学の図書館に寄贈、研究者の閲覧を認めたが、そこには長崎でのグラバー、横浜、上海でのケズウィックの活動が詳細に記述されている。

 その意味で、冒頭の「私の曾祖父は日本の明治維新を組織した」という言葉は独特の凄みがある。だが、私がジャーディン・マセソンと明治維新の繋がりを実感したのは8年前、同社のオフィスを訪ねた時であった。

 ロンドンの金融街、ロンバード街3番地にある重厚な建物の会長室に通され、ヘンリー・ケズウィックと対面した際、彼が何気ない口調でこう呟いたのだ。

「おそらく、伊藤もここに来たのかもしれないな」

 一瞬、何の話かとキョトンとしたが、ややあって伊藤博文の事だと分かって驚愕した。


■長州ファイブを支援


 開国か攘夷かで国論が二分され、外国人襲撃も相次いだ1863年、長州藩の若者が横浜のジャーディン・マセソンに接触してきた。幕府の禁制を犯して英国に留学したいので、支援して欲しい。見つかれば死罪の恐れもあるが、ぜひ向こうで鉄道や造船、造幣など西洋の知識を身につけたいという。

 これが若き日の伊藤博文や井上馨、井上勝、遠藤謹助、山尾庸三、いわゆる「長州ファイブ」で、いずれも後に明治政府で初代総理大臣や外務大臣など要職に就く。彼らはジャーディン・マセソンが手配した船で英国へ渡り、ロンドンの大学で学ぶが、それを支援したのがウィリアム・ケズウィックら当時の経営幹部だった。

 徳川幕府が倒れて新政府ができれば、この男は将来、日本の総理大臣になるかもしれん。その時、わが社の投資は必ず生きる。留学支援の労を惜しむべきではない。ひょっとしたら役員会で、こんな会話があったかもしれない。

 当時、長州ファイブを世話した同社の兄弟会社の住所はロンバード街3番地、たしかにここに伊藤が来ていてもおかしくない。明治維新の黒幕か……そう考えた時、思わずハッとして会長室の内部を見回したのを覚えている。

 同時に驚かされたのは、これら幕末の物語に登場する人物の若さである。

 ウィリアム・ケズウィックが横浜で事務所を開いたのは25歳、トーマス・グラバーが来日し、伊藤博文が英国に密航したのは共に21歳といった具合だ。日本の近代史の転機になった明治維新は、これら野心と冒険心に富んだ若者たちの邂逅で生まれていったのだった。

 そして維新から2年経った1870年の秋、煉瓦造りの洋館が建ち並んで変貌した横浜に、ある福井藩出身の青年が現れた。

 彼もまた時代の熱に引き寄せられた一人で、やがてジャーディン・マセソンに入社、日本の歴史で重要な役割を担う。青年の名前は吉田健三、吉田茂元総理の養父である。

 戦後の日本の針路を定めた宰相として、吉田茂の名は広く知られる。敗戦による占領期、反抗的と言える態度で連合国軍総司令部(GHQ)に立ち向かい、軽武装・経済中心主義を根付かせた。その薫陶を受けた佐藤栄作、池田勇人ら後進の政治家は「吉田学校」と呼ばれ、自民党の中核を担っていった。

■詐欺で告発された健三


 その吉田の生い立ちを、孫の麻生副総理は著書『麻生太郎の原点 祖父・吉田茂の流儀』でこう記している。

「祖父、吉田茂には二人の父がいる。実父は土佐の自由党の志士だった竹内綱(たけのうちつな)。養父は越前福井藩藩士の末裔(まつえい)で、貿易商として一代で財をなした吉田健三。二人は大の親友で、一人も子どもがいなかった吉田健三に『今度生まれる赤ん坊が男の子だったら君にあげよう』と竹内綱が申し出るほどの仲だった」

 そして、その約束は実行されるのだが、健三は長崎などで英語を学び、1870年代、横浜のジャーディン・マセソンで働いていた。

「彼は海外から商品を買いつけ、日本からはさまざまな物産を輸出する、いわゆる商取引に抜群の才をあらわした。扱った商品は生糸から軍艦までというから、今でいえば商社マンということになろうか。ジャーディン・マセソン商会から独立した吉田健三は、海運代理業をはじめ数々の事業を興し、そのことごとくを成功させた」(同書)

 だが成功した実業家の健三は、1889年、40歳の若さで病死する。そして早世した養父の遺産、一説には50万円、現在の貨幣価値で約30億円もの資産を相続したのが、わずか11歳の茂で、それを完全に食い潰してしまったのだった。

「養父の遺産を継いだ祖父の生活スタイルは派手であり、かなり目立ったという。学生の身でありながら東京に家を構え、馬に乗って通学したのである」

「母は、吉田家から祖父が相続した財産がどこに行ってしまったのか本当に不思議で、『一度聞いてみようかと思ったが、とうとう聞かずじまいに終わってしまった』と言っていた。財産の行方はこれから先も謎のままということになるが、祖父が政界入りの前にきれいさっぱり使い果たしてしまっていたのは間違いない」(同書)

 当の茂も茂で、晩年の著書に「2代目の私はもっぱら減らすことに精進してきた」「“吉田財閥”も従って終りを告げた次第」と書いたくらいだから、間違いない。

 彼は若い頃から財布を持たず、代わりに小切手を使ったという。また接待を非常に嫌い、好きな芸者遊びも連日、自腹を切って通っていた。まさか莫大な遺産を全部芸者ですったのでもあるまいが、その原資は、養父がジャーディン・マセソンで得た報酬だ。

 それが、後のGHQにも怯まない豪胆さを生んだとすれば、生きた金の使い方だったと言える。

 だが、これまで謎だったのは健三が同社に入社した経緯である。それがきっかけで、今に続く吉田・麻生家とケズウィック家の絆が生まれるのだが、その答えは、ロンドンの英国立公文書館が保管する文書から見つかった。

 明治維新直後、江戸から名称が変わったばかりの東京で、若い吉田健三は何と、詐欺で告発されたのだ。その彼を助けたのがジャーディン・マセソンで、この裏には、日本と英国の国際問題に発展した巨額詐欺事件が絡んでいた。

 英外務省の記録によると、事の顛末は次の通りである。

 1870年11月、横浜のジャーディン・マセソン商会に川越藩から、ある商談が持ち込まれた。同藩は、今の埼玉県川越市が拠点で、江戸の北の守りとして幕府は代々、有力大名を配置した。その物産総括を名乗る、天野恕一という男が蒸気船1隻の購入を注文、年末には契約書も作られ、川越藩から支払いを待つだけとなった。これが完全な詐欺だったのだ。

 英外務省によると、天野の蒸気船購入を藩は承認しておらず、おそらく私的なビジネスに使って一儲けを狙ったという。ジャーディン・マセソンはハリー・パークス駐日英国公使に直訴し、川越藩に支払いを求めたが相手は拒否、裁判沙汰になった。そして天野の商談の通訳を務め、共犯として告発されたのが吉田健三であった。

 吉田の調書が英訳されて残っているが、彼も、よもやこれが詐欺とは夢にも思わなかったという。

「自分は、この蒸気船は蝦夷(えぞ)や大阪との間の交易に使うと聞かされ、天野が藩の名前を借りたとは知りませんでした」「不注意な通訳をしてしまい、慙愧に堪えません」

 そして吉田は、ジャーディン・マセソンに自分の扱いで当局に働きかけるよう訴え、同社も協力に同意した。元々は商談を通訳しただけで、詐欺の責任を問うのは酷と判断したようだ。


■自宅謹慎30日


 結局、1872年の春に判決が出て、川越藩に責任はなく、主犯の天野は私財没収と懲役2年半、吉田には自宅謹慎30日が命じられたのだった。

 英国立公文書館が保管する判決と吉田の調書を読むと、悔しさで唇を噛む姿が目に浮かんでならない。他の幕末の若者同様、彼も時代の熱を受け、故郷の福井を飛び出した。長崎などで必死に英語を学び、飛躍した途端に、詐欺の容疑者となってしまう。

 だが屈辱と怒りで身を震わせつつ、まさか自分の子孫から、吉田茂、麻生太郎と2人の総理大臣が輩出するとは夢にも思わなかったはずだ。

 そして、この事件はジャーディン・マセソンにも貴重な教訓を残した。新政府が発足したとはいえ、国内統治は未整備で、怪しげな商談などトラブルも相次いだ。そこでは現地の情報を集め、相手の信用度を見抜く、今で言うデューデリジェンスが必要だ。

 現に仲裁に当たった駐日英国公使館も、「仮契約前、もう少し慎重に調べれば、天野の正体に気づいたはず」と批判している。それを身に染みて学んだ吉田はまさに適任で、直後から同社で働き始めたのを見ると、事件が採用のきっかけとするのが自然だろう。

 天野恕一という稀代の詐欺師のおかげで、ジャーディン・マセソンと吉田健三は出会い、茂に莫大な資産を残し、今に続く吉田・麻生家とケズウィック家の絆を生んだ。

「禍福は糾(あざな)える縄の如し」と言うが、歴史は時に思いもよらぬ演出をするのである。

 こうして明治に生まれた両家のコネクションは、大正から昭和、平成へと移り、各国政府や情報機関も巻き込んだ波乱のドラマを繰り広げていく。(後篇につづく)

徳本栄一郎/ジャーナリスト

「週刊新潮」2020年11月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)