【歴史発掘】「麻生家」と明治維新の陰で動いた英国「ケズウィック家」の知られざる物語〈後編〉

 明治維新を陰で仕掛けた英国のジャーディン・マセソン商会、その経営を担うケズウィック家。彼らなくして、吉田茂と麻生太郎という二人の総理は誕生しなかったと言われる。今も脈々と続く、国際ビジネスの名家と吉田・麻生家の知られざる絆を解き明かす。

 ジャーナリスト・徳本栄一郎(「週刊新潮」2020年11月19日号掲載)

 ***

 横浜港に面した山下公園の近く、豪華客船が着岸する大桟橋の広場に、ある記念碑が建っている。古い石碑には「英一番館跡」の文字が彫られ、横の金属製プレートに英語と日本語で解説がある。

「イギリス人、ウイリアム・ケズウィックは、開港と同時に帆船で横浜に来航し、居留地一番館において貿易を始めた。この建物は、ジャーディン・マセソン商会と称したが、当時の人々が『英一番館』と呼んでいたのは、この地点である」

 幕末のペリー来航から6年後の1859年、安政6年に横浜は開港し、野心溢れる外国商人が一斉に来日した。若いウィリアムもその一人で、この記念碑は、明治から続くケズウィック家と吉田・麻生家の絆を象徴した。

 安倍内閣に続き、菅内閣でも副総理兼財務大臣の座にある麻生太郎、彼について「政界のサラブレッド」という言葉が使われる。夫人の父は鈴木善幸元総理で、母方の祖父は吉田茂元総理、その岳父は明治の元老・牧野伸顕で、さらに遡れば「維新の三傑」大久保利通まで行き着く。

 だが、吉田・麻生家の系譜を見る時、決して見逃せない重要な役割を果たした一族があった。それが世界史を変えたとされるジャーディン・マセソン商会、その経営を担うケズウィック家である。

 彼らなくして吉田茂、麻生太郎の二人の総理は誕生せず、今の自民党、いや日本の政界も全く違ったものになったはずだ。そして明治以来、両家は親から子へ、子から孫へと絆を受け継ぎ、水面下のコネクションを保ってきた。

 その始まりが明治維新直後、同社の横浜支店で働いた吉田健三だったこと、その巨額の遺産を養子の茂が食い潰してしまったのは前篇(【歴史発掘】「麻生家」と明治維新の陰で動いた英国「ケズウィック家」の知られざる物語(前篇))で述べた。一説には現在の貨幣価値で約30億円、それを芸者遊びなどで散財するのだが、そんな家庭環境のせいか、養母からよく「この子は気位が高い」と言われていたという。晩年に吉田茂自身、回顧録でこう振り返っている。

「不思議なもので、気位の高い子だとしばしばいわれていたせいか、いつか本当に気位の高い子になってしまった」

「これが他人の目からは傲慢と見られ、我儘と思われ、ワンマンなどといわれるような性格になった所以であろう。しかし、一方には他人の威圧に屈しない、痩我慢の強い、威圧に対してはむしろ反抗的な人間になったとも考えられる」(「大磯随想」)

 やがて成長した茂は、東京帝国大学を卒業後、外交官の道を歩み始めた。中国の奉天を皮切りにロンドンやローマで勤務、大正時代は第1次大戦のパリ講和会議に随行した。その後も天津や奉天の総領事、外務次官とキャリアを重ねるが、昭和に入りイタリア大使を終えた途端、閑職に追いやられてしまったという。

 その頃の茂の様子を、吉田茂の娘で麻生太郎の母、和子は、後に著書でこう証言した。

「職業上の身分は保たれるものの、命令が下るまでのあいだ待機している状態なわけですから、仕事などなにもありません。暇つぶしに書類の裏にお習字などしながら、さぞかし不愉快な日が続いたことと思いますが、それでも愚痴めいたことは口には出さず『人生は長いし、世の中は広いのだ』というような顔をしているところが立派でした」

「事務仕事などまるっきり不得意でしたし、若いときから鼻っ柱が強く、なんでもかでも頭から押えつけようとする人が嫌いでした。外交官試験に受かり、官補(かんぽ)になってまもないころ、父は麻布にあった自宅から霞が関の外務省まで毎朝馬に乗って通勤していました。ある朝、前方を歩いていく課長を追い越しぎわに父が馬上から挨拶をしたところ、課長はなにを勘違いされたのか頭を下げられたのだそうです。こんな話を自慢そうにするのですから、上役からはなにかとにらまれやすい父でした」(『父 吉田茂』)


■二つの機密文書


 傍目には鼻持ちならない金持ちだが、こうした性格が、占領期の総理として連合国軍総司令部(GHQ)に立ち向かわせた。また佐藤栄作、池田勇人らの後進を見出し、「吉田学校」と呼ばれる自民党の保守本流を生む。元を辿れば、ジャーディン・マセソンで養父健三が働いたからこそ、可能だった。

 この和子を知るのが、前篇のインタビューに登場したケズウィック家4代目、ヘンリー・ケズウィックだ。そのヘンリーが、ちょっとしたエピソードを教えてくれた。

「うちの祖父は昔、駐日英国大使だったんだが、母は若い頃、麻生和子と遊んでいたそうだ。和子と英国との結び付きは極めて強かったな」

 じつはヘンリーの母方の祖父フランシス・リンドリーは、昭和初期に駐日大使を務めた外交官で、娘のメリーも来日した。和子と同年代で、大使の父を持つ者同士、気が合ったのかもしれない。そのメリーと結婚したのがヘンリーの父、ケズウィック家3代目のトニー・ケズウィックだった。

 明治から大正、昭和と移って、糸が絡み合うように両家の絆が深まっていくのが分かる。

 だが、こうした華やかな表舞台と逆に、時代は次第にきな臭さを増していった。原因は、日本の中国政策である。

 1931年9月、奉天近郊で南満州鉄道の線路が爆破され、これを機に関東軍は満州を占領、いわゆる満州事変が起きた。国際連盟は、リットン調査団を派遣して関東軍の謀略としたが、日本は清朝最後の皇帝溥儀を担ぎ、満州国を建国する。だが各国は正当性を認めず、間もなくわが国は国際連盟を脱退してしまった。

 その後も盧溝橋事件から日中戦争、そして真珠湾攻撃へと発展するが、それはジャーディン・マセソンにも創業以来の危機を意味した。元々、中国で誕生した同社にとり、この地が戦場になるのは死活問題だったのだ。

 やがて戦火が広がる中、彼らはどうやって事態を乗り越えようとしたか。それを物語る二つの機密解除文書がある。

 一つは、上海のトニー・ケズウィックからロンドンの幹部に宛てた書簡である。日付は1939年9月29日、ドイツ軍のポーランド侵攻で第2次大戦が起きて約1カ月後だ。文面には「中国における日本、ジャーディン・マセソンへの影響」とのタイトルがあった。

 すでに当時、中国の主要な港湾は日本軍が押さえ、かつてのように自由な貿易はできなくなっていた。このままでは、19世紀から築いてきた権益を全て失いかねない。幹部たちが焦燥を強める中、日本軍から一つの提案が持ち込まれた。ジャーディン・マセソンと日本軍、三井、三菱で共同の貿易会社を設立してはどうか、という。

 必要な船舶や港の手配、利益の送金など支援も約束された。国際的に孤立した日本は英国の、それも歴史ある会社をパートナーにイメージを改善、ジャーディン・マセソンも中国に留まり商売ができる。いわば、ウィンウィン(持ちつ持たれつ)という訳だ。


■二つの悪のうちで…


 だが、それは同社にとって、本国で“裏切り者”と非難される危険も意味した。実際、提案を知った英外務省は警戒感を露わにしたが、それでも、上海のトニー・ケズウィックは幹部に決断を促している。

「これは緊急事態であり、決断を遅らせても解決になりません。優柔不断は、中国での英国の利益にすでに十分な損害を与えました。われわれは中国に留まり貿易を続ける決意で、問題は、その最善の手段は何か、なのです」

 もう一つは、このトニーの弟で、同じくジャーディン・マセソン幹部のジョン・ケズウィックの文書だ。日付は太平洋戦争中の1942年10月15日、2ページの書簡に「中国・開(かい)ラン炭鉱の破壊」とタイトルがある。

 開ラン炭鉱とは河北省にある中国有数の炭田で、戦争中は日本軍の支配下に置かれた。そこへ工作員を潜入させ、または空爆で破壊すべきだという。

「この炭鉱の生産量は年間500万から600万トンに達し、日本の年間消費の約12パーセントに相当します。中でも、コークス用炭の消費の半分は開ランからで、これを攻撃すれば戦争遂行能力に重大な意味をもたらします」

 また坑内の湧水を排出するには常にポンプを動かさねばならず、

「これを48時間無力化すれば、坑内は水没して1年は生産できなくなるでしょう」

 およそビジネスマンと思えない物騒な文面だが、じつは当時ジョンは、英軍の特殊作戦執行部(SOE)に所属していた。SOEは戦時中に設立された組織で、枢軸国の支配地に潜入し、諜報や破壊活動を行う。その中国担当の彼は、日本の戦略物資を叩く作戦を提案したのだった。

 これらトニーとジョン、ケズウィック家3代目の兄弟が残した文書を読むと、その行動原理が分かって面白い。

 日中戦争で会社存亡の危機に瀕した時、彼らは日本軍と組んでも商売を続ける決意をした。決して日本を支持はしないが、中国から撤退するよりはるかにましだからだ。それは、トニーの書簡のthe lesser of two evils(二つの悪のうちでましな方)という言葉で分かる。

 だが、いざ戦端が開いて敵同士になれば、全力を尽くして戦うのみだ。そのため長らく中国で活動したケズウィック家の知識を惜しみなく提供する。この現実主義と柔軟性は、かつて徳川幕府から討幕派の薩摩と長州に乗り換え、武器を提供した初代、ウィリアム・ケズウィックを彷彿とさせた。

 1945年の夏、日本の無条件降伏でようやく戦争は終わり、ジャーディン・マセソンも活動を再開し始める。そして、この頃、彼らのビジネスの水先案内人と呼べる日本人が現れた。その男は吉田・麻生家と親しく、政財界にコネクションを持ち、日本での強い援軍になってくれた。

 それが吉田内閣の“ラスプーチン”と呼ばれた男、白洲次郎である。この白洲の名前を知る人も多いと思う。

 芦屋の裕福な実業家の家に生まれ、英国留学を経て戦前は近衛文麿総理のブレーン、戦後には吉田茂総理の側近を務めた。新憲法制定などでGHQと折衝し、通商産業省の創設にも関わった。

 1951年3月、ロンドンの事務所に移っていたトニー・ケズウィックに、東京支店から書簡が送られてきた。日本の国内情勢の報告だが、その中に「只見川水力発電計画」というのがある。

 近く電力業界が再編され、東北電力という会社が生まれる。その会長になる白洲は、福島の只見川で水力発電所を計画し、これに英国企業も参加させるべしという。そして吉田側近の白洲を「日本で最も影響力のある一人」とし、その政治力に期待をのぞかせていた。

 このトニーの息子で、後にジャーディン・マセソン会長になるのがヘンリーだが、彼も白洲次郎と面識があったらしい。

「戦後のうちと日本との結び付きは白洲、そして麻生和子だった。これまでの私は、良きアドバイザーに恵まれたと思う。自分のために動いてくれる賢明な人々を持つのは大切だ。今でも麻生家は親しい友人で、もし日本で大きな問題が生じたら、太郎に助言を求めるだろう。副総理と財務大臣を兼ねるのは極めて強力な地位だからね。もっとも、今は日本企業と組んでインドネシアなどでビジネスをしており、問題は抱えていないが」


■彩子は頭が切れる


 そして、このヘンリーの言葉は、じつはジャーディン・マセソンの歴史にとって重大な意味を持つ。19世紀以来、アジアでの成長を陰で支えてきた集団、「コンプラドール」である。

 かつて帝国主義の全盛期、欧米の商人は競って中国に進出したが、そこで彼らは厄介な問題に直面した。言葉や商慣習の違い、有力者とのパイプ不足で、それを克服できるかどうかがビジネスを左右した。そこで、助け舟を出したのが「コンプラドール」だった。

 英語に堪能で、有力者との仲介を担う中国人で、当然、その働きに応じた報酬も支払われる。それを元手に商売を始め、短期で巨額の資産を築く者も現れたという。

 こう書くとすぐ“外資の手先”と非難するのもいるだろうが、話はそう単純ではない。じつは、中国のコンプラドールも歴史的評価は分かれる。ある者は中国の植民地化の手先とし、ある者は近代化の功労者とする。おそらく、その両方共に正しく、真実は中間辺りにあるのだろう。

 この意味で明治維新直後、ジャーディン・マセソンで働いた吉田健三も、そうした一人だったと言える。

 前篇で述べたように、元福井藩士の健三は入社後、新政府との折衝で活躍、巨額の報酬を手にした。それを元手に事業を起こし、養子の茂が受け継ぐ財産を築く。やがて成長した茂は自民党の「吉田学校」を生み、今の政界につながる道を開いた。

 いわば、日本の歴史を作ったコンプラドールで、健三なしに子孫の麻生副総理はむろん、安倍内閣や菅内閣もなかっただろう。

 興味深いのは、吉田茂が総理在任中、ジャーディン・マセソンとの関係を隠そうとした節もある事だ。

 1954年10月、吉田は欧米歴訪の途中で英国を訪れるが、滞在中、週末をエセックス州のトニー・ケズウィックの別荘で過ごした。それを当時の新聞は一切報じず、英外務省の記録では、ここで吉田は三井絡みのビジネスを話し合っている。総理自ら、民間の商売に介入しようとでもしたのか。そして日本の外務省による日程表では、ケズウィック邸訪問に「此の項発表せず」との注意書きがあった。

 幕末に来日したウィリアムから4代目、ヘンリー・ケズウィックも現在82歳、一昨年には甥のベン・ケズウィックに会長職を譲り、第一線から退いた。その彼が昨年夏、ロンドンの自宅で会った際、何気ない口調で「太郎は、あとどのくらい続けられるだろう」と訊いてきた。

 前篇で述べたように、彼と麻生太郎は若い頃から親友で、家族ぐるみの交際をしてきた。その麻生もすでに80歳、そろそろ政界引退も囁かれ始めた。その後継者がいつ、誰になるか、噂や憶測も出ているが、ここでヘンリーが意外な人物の名を口にした。麻生の長女の彩子である。

 彩子は東京大学を卒業後、英国に留学、その後出会ったフランス人と結婚したが、彼女の後見人的存在なのがケズウィック家らしい。ソファに深く腰を降ろしたまま、ヘンリーが穏やかな笑顔で続ける。

「彩子はフランス人と結婚して、今、パリに住んでるが、英国に来たらわが家で世話をするようにしている。つい最近も週末、子供たちを連れてうちに泊まっていったよ。私が見たところ、彩子は非常に頭が切れるし、精神的にもタフだ。いつか政界入りすれば、有力な政治家になれると思う。彼女が日本の総理大臣になれるよう願っているよ」

 その瞬間、静寂に包まれた部屋で、全身にゾクッとするような衝撃を覚え、身じろぎもせずに彼の表情を見つめた。

 もう10年以上も前、ロンドンでジャーディン・マセソンの人間から、真顔で「麻生は総理になれるか」と訊かれた事があった。似た言葉を彼らは、終戦直後、吉田茂について言ったかもしれない。いや、ひょっとしたら幕末、あの伊藤博文を英国に留学させた時もそうだったのでは。

 明治維新以来、日本の歴史に深く関わったジャーディン・マセソン商会とケズウィック家、まさに、それを象徴するような言葉だった。

 麻生太郎の政界引退と後継者で、すでに両家で話がついているかどうかは分からない。だが幕末の安政6年、横浜にウィリアム・ケズウィックが上陸して始まった物語は、令和に入り、次の世代へ受け継がれる。

 横浜で潮風を受けて佇む古い石碑と、そこに刻まれた「英一番館跡」の文字、それは「過去はプロローグ」と語りかけているようでもあった。

徳本栄一郎/ジャーナリスト

「週刊新潮」2020年11月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)