「田中真紀子」の迷走伝説を記した「外務省極秘資料」を入手!

「田中真紀子」の迷走伝説を記した「外務省極秘資料」を入手!

田中真紀子氏

 トランプ現象に高みの見物を決め込んだ日本人は、さまざまな問題を抱えているとはいえ我が国がいかに「マシ」であるかを噛みしめた。しかし、やはりそれは他人事ではない。現代政治に付きまとうポピュリズムという病。「外務省秘密文書」が20年前の悲劇を明かす。

 ***

 2001年4月26日深夜、この日の最低気温11度。幾分肌寒さを残した夜風に吹かれながら、外務省のある幹部が新しい「主人」を迎えるべく省の正面玄関に立っている。

 新世紀が幕を開け、同時にこれまでにないタイプの政治家・小泉純一郎が総理の座に就いた。政界にも新しい風が吹くに違いない。世間の期待は高まっていた。

 幹部が待っていたのは、新総理の「生みの母」とも言える人物。当代きっての人気者で、庶民感覚を持ち合わせたとされる政治改革の切り札。ワイドショーを中心に、日本中で新しい外務大臣を持て囃(はや)す声が巻き起こっていた。

 だが、「世間」とは逆に「霞が関」はこの日の夜風の如く冷めていた。

 世の期待を一身に集めた改革の旗手である新外相。それはその人物の本性を知らない部外者の評価に過ぎず、実像を知る霞が関や永田町といった「インナー」の住人たちは、今回の人事がいかに危険であるかを知っていた。

「これから本当に大変ですよ」

 新外相を待ち受ける幹部の耳元で、インナーのひとりである記者が囁いた。

 実際、この日から9カ月、外務省、そして日本外交は空前絶後の乱気流に飲み込まれることになる。稀代の破壊女王、田中真紀子によって――。

 手元に〈官房勤務雑感〉と題された21ページにわたる「外務省秘密文書」がある。

 今回、政府関係者を通じて入手したこの文書の作成者は、01年当時、同省の官房長を務めていた飯村豊。後にフランス大使や日本政府代表(中東地域及び欧州地域関連)などを歴任。インナーでは「真紀子と戦った官僚」として知られる。

「この文書は、『田中真紀子問題』を忘れることなく、教訓として活かすために、歴代外務次官などの間で受け継がれてきたと聞いています」(外務省関係者)

 改めて飯村を直撃すると、

「外務省に記録を残すように言われて文書を作成した記憶はありますが、内容に関しては昔のことなので、何を書いたかはっきりとは覚えていません」

 こう答えたが、そこには先のシーン、つまり飯村その人と記者のやり取りを含め、当時、田中がいかに外務省を蹂躙したかが生々しく記録されていた。

 今から20年前、「外相・田中真紀子」が誕生した。ふた昔も前のことであり、人々の頭から「あの時代」の記憶は消えつつある。しかし、これは決して過去の物語ではない。現在につながる極めて重要な日本政治の問題点を孕(はら)んでいるからだ。

 世論受け、人気取り、すなわちポピュリズム。

 令和の政界もこの呪縛から逃れられずにもがいているが、その嚆矢(こうし)とでも言うべき存在が田中だった。


■「一事不再理」って何?


 冒頭で触れた01年4月26日、第87代総理大臣に小泉純一郎が就任する。永田町の数の論理に従えば、その時「党内主流派」であった平成研究会(旧経世会)の橋本龍太郎が大本命であり、「変人総理」は生まれるべくもなかった。だが派閥政治に倦(う)む世の中は、「自民党をぶっ壊す」と言い放つ小泉に熱狂する。そして、彼の人気を支えたのが田中真紀子だった。

 ふたりが街頭演説を行うと、どこでも叢雲(むらくも)のような人だかりができた。こうして「小泉・田中コンビ」は、玄人筋の予想を裏切り、世論の後押しを受けて自民党総裁選で勝利する。

「新しい政治」に歓喜する大衆。しかし実は、それは「政治の危機」の始まりだった。その綻(ほころ)びは組閣の時点で早くも明らかとなる。

 小泉を総理の座に押し上げたのは他ならぬ自分である――そんな自負に取り憑(つ)かれた田中は、重要閣僚のポストを要求。「官房長官をやらせろと小泉総理側に求めた」(当時の大手紙政治部デスク)という。

 確かに「変人」の名付け親である田中のサポートなく、小泉が総理の座を手に入れることは不可能だった。田中のゴリ押しに抗しきれない小泉。だが、父親である角栄曰く「じゃじゃ馬」の真紀子に、各省庁の調整役である官房長官が務まるはずがない。そこで小泉は“妥協策”として田中に外相の座をあてがう。

 その7年前の1994年、田中は科学技術庁長官として初入閣している。その年のクリスマスのこと。科技庁では、各国の科学技術担当者たちに長官名等でクリスマスカードを送るのが毎年の慣例となっていた。だが、自分の名前を使ったクリスマスカードが発送されたことに田中は激怒。既に郵便局に渡っていたカードの回収を職員に命じる。

 癇癪を起こしたら何をしでかすか分からない危険人物。この時から「変人」は小泉ではなく田中のほうであることが、インナーでは広く知られるようになる。だが、世間は違った。

「外務省は伏魔殿!」

 歯に衣着せずこう言い切る田中を、主婦層をはじめ世論は圧倒的に支持する。ワイドショーがそれを煽りに煽る。

 運悪く、田中が外相に就任する直前、外務省は「松尾事件」に揺れていた。要人外国訪問支援室長の松尾克俊が官房機密費を億単位で流用し、競走馬購入や女性への「お手当」に充(あ)てていたことが発覚。ワイン片手に外務官僚が甘い汁を吸っている。世論が沸騰するなか、その「伏魔殿」にじゃじゃ馬が斬り込む形となる。そこにワイドショーが便乗し、一大「真紀子ブーム」が起きたのである。

 無論、公金流用という大罪を見逃していた外務省の責任は免れるものではなかった。だが、外務省の仕事は綱紀粛正だけではない。日本外交の舵取りの重責を担う。田中は前者に関心を持ち、後者に無関心だった。いや、前者にしか興味がなく、後者に関してはズブのド素人だった。

 外務省に乗り込んだ田中は人事に手をつける。その様子が、先の秘密文書にはこう記されている。

〈5月初めの連休の谷間の月曜日、私(飯村)は大臣(田中)に面談を求めて2点申し上げました。ひとつは幹部人事は官邸の了承を得る必要があること。ふたつ目は一事不再理の原則に基づいて松尾事件の再処分は考えられないこと、あるとすれば人事刷新であるとの点を申し上げました〉

 すでに松尾事件に関しては、外務省の幹部たちが減給処分などを受けていた。しかし、「外務省憎し」の鬼と化し、頭に血がのぼった田中は「自分の手」で再処分することに固執した。

 文書から続ける。

〈(田中から)「一事不再理についてはどういう意味か」との質問があり、私の方から字に書いて説明を致しましたが、十分な理解をしていない様子でした。更に同席していた上村(司)秘書官に辞書を持ってこさせて読んでましたが、余りピンとこない様子でありました〉

「一事不再理」の意味を解さない組織のトップ……。この後、田中は我を失い、迷走を極めていく。

〈上村秘書官に「ブラックリストを持ってらっしゃい」と言って、松尾事件の処分者リストを手元に取り寄せ、ペンを取って「この人たち、解任よ」と述べつつ、その旨歴代次官、官房長の名前の横に書き込みを始めました。「退職金なし」との発言もありました〉

 ペン捌(さば)きひとつで次々と官僚たちの「抹殺」を図る田中。迷走は暴走に変わった。

〈歴代次官の名前の横に「解任、解任」と書き込んでいるところを見ましたので、私よりは「大臣、法律に則(のっと)っておやりになる必要があります」と申し上げると、「うるさいわね」との反応がありました〉

 続けて、「出て行け」と大声で叫ばれた飯村は、官房長という省内のまとめ役であり、役所と大臣とのパイプ役でもありながら、以後、前代未聞の大臣室出入り禁止となる。企業で言えば、社長が総務担当役員の社長室への出入りを禁じたに等しい暴挙だった。

 組織論を専門とする同志社大学教授の太田肇はこう解説する。

「組織の改革は急にできるものではありません。真紀子さんの強引なやり方は空回りし、結果的に職員との信頼関係を壊すだけになってしまったと思います。組織のトップに立つ人が、組織の内部の人を敵とみなして上手くいくわけがない。トップの人間は最終的に組織全体の責任を取る立場にあります。それなのに、信頼してもいない、ましてや敵視している職員の責任を取ることなどできません」

 だが、人事の囚(とら)われ人となった田中は法律やルールを無視して「外務省破壊」へとひた走る。その間、肝腎の外交は機能不全に陥る。


■衝撃の指輪事件


 外相就任直後、米国のアーミテージ国務副長官との会談を直前でキャンセル。唯一の同盟国を蔑(ないがし)ろにする、外相としてはあってはならない蛮行だった。

 5月、成田空港で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)を身柄拘束。拉致問題を抱える日本にとって、金の身柄を抑えておけば対北政策を有利に展開できる。最強の外交カードを手に入れたはずだった。しかし、

「パニックになった田中大臣は、机をバンバンと叩きながら、『大変なことになる。すぐに帰しなさい!』と外務官僚に命じた」(当時の外務省担当記者)

 田中によって、外務省ではなく外交が破壊され始めていた。文書にはその様子も綴られている。

〈その間、北朝鮮の金正男と思われる人物の出国問題、アーミテージ国務副長官との会見キャンセル問題等矢継ぎ早に田中大臣はトラブルを起こしていきましたが、基本的な関心は上納問題(機密費問題)へ集中する状況になってきました〉

〈(田中が)秘書官等を伴い会計課に乗り込んで、(機密費問題の)ファイルを見せるように要求するとの一幕もありました。また会計課長に秘書官を尾行につけさせたり、或いは連日上村秘書官の自宅に電話をするといったストーカーめいた行動も見られました〉

 常軌を逸した田中の行動により、ストレスに苛(さいな)まれた上村が吐血するに至ったのは有名な話である。

「すぐにパニックになる人でした」

 として、当時、田中の公設第1秘書を務めていた穂苅英嗣(ほかりひでつぐ)が振り返る。

「日頃から、彼女は全く連絡が取れない人でした。携帯電話に連絡してもまず出ない。急ぎの用件の時は本当に困りました。その年の9月11日、アメリカで同時多発テロが起きたのは日本時間夜10時のことでしたが、ニュースを観て急いで真紀子さんに電話をしても携帯は繋がらず、自宅の電話にも出ない。ようやく連絡が取れたのは次の日……。また、彼女は記者団にアメリカ国務省の避難先をポロっと漏らしてしまった。深く考えずに条件反射で話してしまったんでしょう。いつものことです」

 同年11月、今度はイランの外相との会談に田中は遅刻する。原因は「指輪」だった。会談直前、田中は上村の後任秘書官である上月(こうづき)豊久とこんな「珍騒動」を起こしている。ふたりのやり取りは外務省の廊下で繰り広げられたため、複数の関係者が目撃していた。

田中「いやだ。本当に知らないの? ないのよ。(ブレザーの)ポケットに入れてた指輪がないのよ。あなた、盗ったんじゃないの」

 部下を泥棒呼ばわり……。もはや外相としての資質以前に、田中の人間としての何かが問われる事態だった。

田中「ジェンセン(指輪のブランド名)よ。デンマークにパパ(夫の直紀)と行った時の思い出の品なのよ。ちょっとデパートに行って買ってきてちょうだい」

上月「どこに行けばいいんですか?」

田中「デパートよ、デパート、早く行ってよ。デパート、7時までやってるんだから。じゃなかったら、(イランの外相との会談に)行かないわよ」

上月「サイズは……」

田中「知らない。わからない。どうぞお出掛けください! そんなこと、あーだこーだ言っている間に、早く行ってくればいいじゃない」

 支離滅裂、滅茶苦茶、じゃじゃ馬を通り越した単なる駄々っ子。

 人気者であることだけを理由に田中を外相に就(つ)けたことの弊害は明白だった。ポピュリズムが頂点に達し、日本外交は底に沈んだ。しかし小泉は、「生みの母」であり、「世間受け」する田中を斬ることがなかなかできなかった。


■〈ヴィシー派〉の罪


 ようやく小泉が決断したのは翌02年1月。田中と、当時の外務次官の野上義二、そして田中と対立していた衆院議運委員長の鈴木宗男、全員を役職から退かせる「三方一両損」で決着を図る。小泉が田中更迭に踏み切るまでの9カ月、その代償として、つまり国内向けポピュリズムのツケとして、国際的な〈ジャパンパッシング〉(文書より)が起きていたことを、令和の日本人は決して忘れてはなるまい。いくら人気者とはいえ、このような「危険人物」を国政の重要場面に携わらせるリスクを肝に銘じておくべきであろう。その点、当時の外務省の対応は、教訓として大いに示唆に富む。

 文書はこう分析している。

〈省内では田中大臣と対峙する体制を維持する必要があるとの考えを持つグループと、彼女との共存を求める融和派に分かれつつあるように見受けられました。私は、当時からこの融和派の人々をナチスドイツ政権占領下のヴィシー政権になぞってヴィシー派と呼んでおりました。特にこのような考え方に沿って積極的に動いていた局長が2〜3名おりましたが、このような考え方の相違が今や省内分裂の危機を感じさせるところまで来ているとは私自身不覚にも気付きませんでした〉

「融和」がどんな悲劇を招くかは文書が語る通りだ。とりわけ外務省という国益に深く関わる舞台で、狼藉大臣を拱手傍観することは罪に等しい。

 なおナチスの傀儡政権であったヴィシー政府は、ユダヤ人の強制収容所送りなどに「加担」した。

 翻(ひるがえ)って令和の政界はどうか。

 2月2日、総理の菅義偉は記者会見で初めてプロンプター(原稿映写機)を使用した。支持率低下に歯止めがかからないなか、菅曰く「きちんと情報発信」するのが目的だった。これにより、手元の原稿に視線を落とすことなく、カメラ目線で国民にアピールできる。

 ワイドショーのコメンテーターたちはこのプロンプター会見を評価した。これまでより総理の言葉が伝わってきたと。しかし、大事なことは「目線」ではなく「内容」である。すなわち、会見の「外身」ではなく「中身」。内実の伴わないパフォーマンス、それをポピュリズムと言う……。

 2021年、我々が田中真紀子から「学ぶ」べきことはまだ無限にある。

(敬称略)

「週刊新潮」2021年2月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×