バイデン氏への政権移行手続き開始へ。敗北を認めないトランプ大統領も協力。

バイデン氏への政権移行手続き開始へ。敗北を認めないトランプ大統領も協力。

バイデン氏への政権移行手続き開始へ。敗北を認めないトランプ大統領も協力。の画像

これまでバイデン陣営には政権移行手続きが承認されていませんでしたが、政権移行手続きを管理する一般調達局が政権移行手続きをバイデン陣営に承認しました。これをトランプ氏もバイデン氏の勝利に備えてアメリカにとって最善のために行動とするとして承認しているものの、法廷闘争を継続させる構えを見せています。一方、政権移行手続きを承認されたバイデン陣営は新型コロナウイルス対策の担当者との協議を行うことから本格始動に向けて動き出す姿勢を示しています。

アメリカの政権移行手続きを担当する「一般調達局」が政権移行手続き開始承認をバイデン陣営に通知しました。これまでは引き継ぎ業務の実施を承認していなかったため、バイデン陣営が安全保障に関する機密情報の報告を受けることができないなど、円滑な政権移行の妨げになっているとの懸念が生じていました。この政権移行手続きをトランプ氏も承認しており、バイデン陣営の勝利の可能性をトランプ陣営が認めたことになります。

しかし、その一方で、トランプ氏は、一般調達局に政権移行手続きの開始を承認したものの法廷闘争とは別であるとツイートしています。この回の政権移行手続きの承認はあくまでもバイデン氏が公式に勝利認定が行われた場合に備えたものであり、トランプ氏は「国全体での選挙不正を撲滅」し、「私たちは勝つと信じている」とツイートし、敗北を認めたわけではないことを強調しています。

一方、バイデン陣営は政権移行手続きの開始にともなって、現職の政府機関職員と協力できるようになり、本格始動に向けて動き出したといえます。その本格始動の手始めとして、バイデン陣営の政権移行チームは「数日中に新型コロナウイルス対策について連邦政府当局者との協議を開始する」と表明するなど、新規感染者数が15万人を連日超えている新型コロナウイルス対策にまずは力を入れる構えを示しています。

関連記事(外部サイト)

×