傷害容疑で父親を再逮捕へ 年末にも暴行しけがさせた疑い 千葉小4女児死亡

傷害容疑で父親を再逮捕へ 年末にも暴行しけがさせた疑い 千葉小4女児死亡

栗原勇一郎容疑者が長女に暴行を加えたとみられる現場のアパート(奥)=千葉県野田市山崎で、橋口正撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された父勇一郎容疑者(41)が昨年12月末にも心愛さんに暴行していた疑いが強まったとして、県警は勾留期限の14日に傷害容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で明らかになった。心愛さんの体には、1月24日の死亡当日以前に加えられた暴行によるものとみられるあざが複数あり、県警は暴行と死亡の因果関係も慎重に調べている。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は昨年12月末、心愛さんに暴行を加え、けがをさせた疑いがある。

 県警は、1月25日に勇一郎容疑者を逮捕。母なぎさ容疑者(32)も今月4日に傷害容疑で逮捕した。逮捕容疑は、共謀して1月24日午前10時ごろから午後11時過ぎまで、心愛さんに冷水のシャワーを掛けたり、首付近を両手でわしづかみにしたりしてけがをさせたとしている。

 同日午後11時10分ごろ、勇一郎容疑者から110番があり、駆けつけた救急隊員が死亡している心愛さんを発見。司法解剖の結果、腹部などにあざが見つかり肺から水が検出されたが、死因は特定されていない。

 なぎさ容疑者は「冬休み中に(娘が)夫に暴行されて体の見える部分にあざができ、ばれないように1カ月間、外に出さないようにしていた」と供述している。またこの間、心愛さんが自宅で泣いたり立たされたりしている様子を、両親のどちらかがスマートフォンで撮影したとみられる複数の動画を県警が押収している。【信田真由美、加藤昌平、秋丸生帆】

関連記事(外部サイト)