不良生徒の胸ぐら掴んで叱った教師 全校生徒の前で謝罪する

不良生徒の胸ぐら掴んで叱った教師 全校生徒の前で謝罪する

教育界での体罰の是非は?

 2017年の角界を揺るがせた元横綱・日馬富士(33才)の暴行事件。10月25日の夜、巡業先の鳥取市内の飲食店で日馬富士がモンゴル人の後輩力士・貴ノ岩(27才)を殴打した。鳥取県警によると、同席した横綱・白鵬(32才)が話をしている最中、貴ノ岩がスマートフォンをいじったため日馬富士が激怒。平手やカラオケのリモコンで貴ノ岩の頭部を数十回殴打し、全治10日程度のけがを負わせたとされる。

 貴ノ岩の師匠である貴乃花親方(45才)は事件の4日後、鳥取県警に被害届を提出。貴ノ岩は入院し、九州場所を初日から休場した。スポーツ紙の報道で事件が明るみに出ると、日馬富士は大バッシングに見舞われた。

「相撲界の暴力体質は変わっていない」
「上の立場の人間が暴力をふるうのは野蛮で低俗な行為」

 連日の猛批判を受けて、日馬富士は11月29日に相撲界を引退。同日の記者会見で暴行に至った経緯についてこう語った。

「先輩横綱として、弟弟子が礼儀と礼節がなってないときに、それを正して直して教えてあげることは、先輩としての義務だと思っています。ぼくが叱ったことで、彼が礼儀と礼節をちゃんとしていける、考えながらがんばっていけると思って(やったが)、行きすぎたことになってしまいました」

 あくまで“愛の鉄拳”であったことを強調した。

◆教育界でも暴力騒動は存在する

「暴行事件」は教育界でも発生した。2017年11月下旬、秋田県立能代工業高校の男性教師が修学旅行中の羽田空港で、弁当配布に遅刻した男子生徒1人を平手打ちし、別の2人に腕立て伏せやスクワットを命じた。後にこの教師には戒告処分が下された。

 この件にも「体罰は指導とはいえない」「あってはならないこと」との世論があがった。実際、昨今は指導者が手を上げることは、いかなる理由であっても許されないという風潮がある。都内在住の女子高生が言う。

「うちの学校でも、手のつけられない不良生徒が先生の言うことを聞かず、始業式の最中にずっと騒いでいたんです。見かねた先生が胸ぐらをつかんで叱ったのですが、それを知った保護者から批判が寄せられたそうで、後から、その先生は『あの行為は体罰に違いなく、あってはならないことだった』と全校生徒の前で謝罪しました。先生が全員の前で謝るくらい、やっぱり体罰はいけないことなのだと思いました」

 先生だけでなく、親たちも子供に体罰をすることは少なくなった。都内在住の60代女性はこう語る。

「私が子供の頃は、先生だけでなく父も母も厳格でした。とくに礼儀や挨拶は厳しく指導され、言葉遣いが悪いとすぐに素手で叩かれました。今のお母さんたちは口で注意することはしても、手を上げることはまずありませんよね。私の娘もそんな母親のひとりです。孫が悪さをしても、手を上げるどころか、叱りもしない。そのせいで孫は『ごめんなさい』と言えない。それどころか、私が孫を注意すると娘に『お母さん、やめて』と怒られる。時代が変わったのだなあ、とつくづく思います」

 親が子供に手を上げると周囲から虐待を疑われてしまうことも理由の1つだろう。

 2016年6月に北海道の山中で、人や車に向かって小石を投げた7才男児が父親に置き去りにされ、100人以上が捜索した末に自衛隊の施設内で発見された。この「北海道置き去り事件」でも、「しつけの範囲を超えている」「児童虐待だ」と議論百出となり、父親が大バッシングを浴びた。

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事(外部サイト)