植物を育てる介護予防の“園芸療法”、収穫し食べることが大事

植物を育てる介護予防の“園芸療法”、収穫し食べることが大事

腰が痛くても車いすでも作業に集中できるよう高さを工夫したプランター

 植物は物も言わず、ただただ静かな存在だ。それだけに、美しい花を咲かせたり、みずみずしい実を実らせたり、一途で力強い生命力を垣間見ると、感動せずにはいられない。

 そんな植物の力を利用したリハビリテーションに、園芸療法がある。介護予防として園芸療法のプログラムに参加する高齢者の多くが、いつの間にか“ハマり”、イキイキとして元気になるという。恵泉女学園大学准教授で、NPO法人日本園芸療法研修会代表の澤田みどりさんに聞いた。

◆植物を育てる過程にかかわることが大切

「趣味でガーデニングを楽しんだり、買ってきた切り花を愛でたりすることとは少し違います」と言う澤田さん。

 これらも植物の魅力ではあるが、園芸療法はあくまで治療法(セラピー)である。

「趣味の園芸は植物が主役。花をきれいに咲かせる、野菜や果実をおいしく育てる、花壇をおしゃれに作るといった目的をもって植物のことを学び、体を動かすことで達成感や満足感が生まれます。

 一方、園芸療法は人が主役なのです。その人の障害や病気、加齢による機能低下などを改善し、その人らしくADL(日常生活動作)を維持・向上させることが目的です。高齢者は、体力の低下や認知症で外出が億おつ劫くうになり、家に閉じこもりがちになる。すると、お腹が空かないので食べない。足腰が弱って歩けなくなる、寝たきりになる…と生活不活発病への悪循環に陥りやすくなります。

 介護予防として園芸療法を行う場合、まずその人の心身の状態、本人の希望などをもとに治療目標を決めます。そして目標に合った植物を選び、道具や作業環境もその人の力を引き出し、安全に作業できるように準備します。たとえば、療法を開始する季節に蒔く種の中から、本人がつかめるサイズのものを数種類用意し、選んでもらう。

 作業は畑やプランターに数人から十数人が集まって行いますが、握力がない人には道具に滑り止めをつけて持ちやすくしたり、またプランターの高さを工夫して車いすの人でも作業できるようにしたりと、さまざまな工夫をします。作業の一部を体験するというのではなく、自分で育てる種を選び、蒔いて水をやり、植物を育てる過程に主体的にかかわることが大切なのです」

◆収穫して食べる、楽しむまでが重要なプログラム

 園芸療法は、花も野菜も果物も育てる。

「自分で蒔いた種が芽を出すと、もう放っておけないようです。普段、足腰が悪いと言って動かない人も、畑をどんどん歩いて様子を見に行き、水をやり、雑草を取ります。そしてもう1つ大切な工程が、収穫して食べること。

 育ててきたトマトが赤くなった! 採って食べてみようと、どんどん心が動きます。収穫して、みんなで料理して食卓を囲むときは至福です。園芸療法がほかのリハビリと比べてよいところは、この収穫の喜びの“共感”です。たとえば工芸品などを作る作業でも、それなりの満足感や達成感はあります。でも園芸療法で、大きく育ったおいもを土から掘り出したときの『わー、すごいね!』という喜びの共有と興奮は、想像以上に大きいのです。

 こうして随所で心が動く。心が動けば体が動く。外気浴や日光浴、歩行も能動的です。そして仲間と共感してほめ合い、自分の存在意義や自信を得られるのです」

 園芸療法は、アメリカでは1970年代頃から傷痍軍人の心の傷を癒す治療法として発展し、確立したという。

「日本でも精神科病院などで行われてきた歴史はありましたが、主に屋外作業が目的。心身機能の治療法としてもっと多くの人のケアに生かしたくて、アメリカで学び、ノウハウを持ち帰りました。

 帰国後、1995年に阪神・淡路大震災。被災者だけではなく、日本中が命や生きることを考えさせられました。折しも園芸ブームで、多くの園芸愛好家の心を動かし、人に活力を与える園芸療法への期待も高まりました。現在は病院、障害者施設、介護施設、地域の介護・認知症予防活動などで、園芸療法が行われています」

※女性セブン2018年2月15日号

関連記事(外部サイト)