ガッツ石松のOK偉人牧場<現代のヒーロー>(2)毎晩「オールド・パー」を1本…

ガッツ石松のOK偉人牧場<現代のヒーロー>(2)毎晩「オールド・パー」を1本…

ガッツ石松のOK偉人牧場<現代のヒーロー>(2)毎晩「オールド・パー」を1本…

 角さんは日本の高度成長期を支えて、日本の針路を作った偉人じゃないかな。あの時代に腰折れの指導者だったら、昭和48年あたりの石油危機の段階で、日本はまだ発展途上だっただろうね。「日本列島改造論」で高速道路をバンバン造って、急激に発展してきたわけだから。日本がこれだけの国になったのも、角さんの功績だと思うね。

 それだけのことをできたのも、いい番頭がいたからだな。金丸さんに竹下さんとか。それが、あるところから一人二人と離れていった。リーダーには強引なところも必要だけど、後先も考えないとダメなんだね。

 角さん失脚の一番の原因は、中国との国交正常化。あれは一つの偉大な功績でもあるんだけど、アメリカにしたら「俺たちのハンコももらわないで国交正常化なんかしやがって」と。アメリカにとって日本はあくまでも「一つの州」だから。「アメリカの属州のくせに冗談じゃねー」というのが本音にあるんだね。

 もう一つは石油。角さんはアメリカを通さないで直接カナダと取引しようと思って、水面下で動き始めたんですよ。それを知ったアメリカが「そこまでやるか。田中を潰せ!」と。つーことで、ロッキードのピーナッツでスキャンダルを仕掛けたわけだ。アメリカにハメられたんだな。日本の舵取りをしてた角さんは、舵を取られちゃった。それで角さんにくっついてた金丸さん、竹下さん、小沢さん、みんな離れていった。

 晩年の角さんは側近がどんどん抜けちゃった悔しさと寂しさから、毎晩酒飲んでたらしいね。オールド・パーを飲みながら「俺はアジャパーだ」つって、毎晩1本空けてたっていうから。ある意味ではアメリカのせいで政治生命を絶たれたうえに、本当の命まで絶たれたっていう感じだな。

 ガッツ的には角さんは独断すぎたのかなと思うね。学歴もない、コネもない、ゼロから出発して自分で全部築き上げてきた人は自分を信じてるから、独断専行っていうところがあるんだよね。何でもかんでも「俺が俺が」と、全部自分の力でやろうとする。そこが魅力でもあり、欠点でもあり。

 角さんみたいな人は、武将の時代だったらよかったよね。金の使い方も人を配置するのもうまいし、力もあったし。武田信玄じゃないけど、そういう武将になれたんじゃないのかな。力でグイグイいける時代はよかったんですよ。それがやがて力だけではうまくいかない時代になったんだね。時代が角さんを育てたし、時代が角さんを滅ぼした。田中角栄という人は、そういう偉人じゃないのかな。

関連記事(外部サイト)