現役受刑者が証言!ゴーンの「刑務所生活」を緊急シミュレーション

現役受刑者が証言!ゴーンの「刑務所生活」を緊急シミュレーション

現役受刑者が証言!ゴーンの「刑務所生活」を緊急シミュレーション

 これまで多くの知能犯を受け入れてきた栃木県の刑務所・喜連川社会復帰促進センター。その獄中では、早くも「ゴーンがやって来る!」と超大物の話題で持ちきりだという。

「ゴーン逮捕の記事が新聞に出てから、喜連川刑務所に“会長”が入って来るんじゃないかと盛り上がっています。ここは経済犯罪で捕まった人が多いので、入所する可能性が高いと見られているんです」

 面会室で本誌記者にこう明かしたのは現役受刑者A氏である。11月19日に日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が金融商品取引法違反で逮捕された事件は、刑務所にも衝撃をもたらした。

 ゴーン容疑者は、同じく逮捕された前代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)と共謀し、2011年3月期から15年3月期までの役員報酬を、実際よりも約50億円少なく有価証券報告書に虚偽記載していたという。この先、ゴーン容疑者の実刑はあるのか。弁護士の紀藤正樹氏はこう説明する。

「金融商品取引法違反だけなら2、3年。さらに特別背任罪の逮捕が加われば、懲役10年以上の実刑判決が予想されます」

 ゴーンの入獄が有力視される喜連川社会復帰促進センターは07年に開設。過去には、斡旋収賄で逮捕された鈴木宗男元衆院議員(70)や、収賄容疑で逮捕された守屋武昌元防衛事務次官(74)も収監されている。

 前出の受刑者A氏が解説する。

「受刑者には平等に刑務作業が割り当てられます。土日は休みですが、平日は1日約7時間は労働をしなければいけません。喜連川には33の工場があって、仕事内容もバラバラ。資格が取れそうなやり甲斐がある仕事もあれば、退屈極まりない単純作業もあります」

 12月11日発売の「週刊アサヒ芸能」は、ゴーン容疑者の獄中労働生活を緊急シミュレーション。アノ消臭剤やイカソーメン製造、ねじの検品、パチンコ機器の解体など、キツすぎる仕事の実態に迫っている。

関連記事(外部サイト)