「茨城女子大性殺人事件」廣瀬晃一容疑者の素顔(1)うつむいたままスマホで…

「茨城女子大性殺人事件」廣瀬晃一容疑者の素顔(1)うつむいたままスマホで…

「茨城女子大性殺人事件」廣瀬晃一容疑者の素顔(1)うつむいたままスマホで…

 昨年春に東京の大学に進学した18歳の女子大生が連絡を取っていたのは、中学卒業後、職を転々とした茨城の35歳の元土木作業員だった。自宅からおよそ100キロ離れた男のアパートを訪ねたその夜、不釣り合いな男女を結んだ携帯電話の電波は途絶えた。男が本性を剥き出しにした空白の5時間とその鬼畜な所業に迫る。

 地元住民が困惑げに語る。

「なんだか知らねぇけど、よっぽどのことがあったんでねぇか。若い女の子が東京さからわざわざ1人でこっちさ来て、タクシーで男の家まで行ったんだからな。うまいこと言ってダマされたんだべな」

 1月31日、東京・葛飾区の女子大生・菊池捺未さん(18)=事件当時=が昨年11月から行方不明となっていた事件で、警視庁捜査1課は茨城県神栖市の無職・廣瀬晃一容疑者(35)を死体遺棄の容疑で逮捕した。年齢も住まいも共通項がまるで見当たらない男女の事件は、謎が謎を呼んでいる。

 事件の発生は、昨年11月20日。東京・湯島にキャンパスのある日本薬科大学の1年生だった菊池さんは、午前中の講義を受講したあと、自宅がある葛飾区から電車を乗り継ぎおよそ2時間半、JR鹿島神宮駅へ向かった。その後、駅から7キロほどの距離にある容疑者の自宅アパート付近まではタクシーを利用したことが判明している。菊池さんを乗せたタクシー乗務員が語る。

「乗せたのは5時半過ぎ、ちょうど夕方の帰宅時間だったね。無線にお客さんから予約が入ったという連絡があり、タクシー乗り場ではなく、改札の真ん前のロータリーで待っていた。駅から出てくるのは制服姿の高校生ばかりだったから、私服姿の菊池さんはすぐにわかったよ。派手な感じではなく、普通の子だったよ。友達のところに遊びにでも行くのかと思った」

 目的地まで乗車時間は約20分間。しかし菊池さんの印象は薄かったという。

「なにしろ消え入るような細い声で『神栖方面までお願いします』って言ったあとは、スマホで誰かとメールのやり取りでもしているのか、ずっとうつむいたままだったよ。でも、途中で地元民でなけりゃわからないような店名を出して『その店の先を左に』って言うんだ。まるで誰かに指示されているような感じだったね」(タクシー乗務員)

 はたして指示に従っていたのか、菊池さんは廣瀬容疑者のアパートから約900メートルの位置にあるコンビニ店で降車。その後、さらに100メートルほど容疑者宅に近づき、別のコンビニへと移動している。

 捜査関係者が明かす。

「2人はネット上のゲームを通じて出会ったようです。このコンビニで、菊池さんの姿が防犯カメラに確認されている。2人はここで合流して、自宅へ向かったとみられているが、その際、廣瀬容疑者は菊池さんに目隠しを要求している。また、菊池さんがわざわざ都心から北関東まで交通費を払ってまで訪れているだけに、当初は援助交際の目的があったことが疑われていた」

 電車、タクシー代合わせた交通費は往復1万円ほど。菊池さんはそれでも「対価あり」と見積もったのだろうか。

関連記事(外部サイト)