医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<寒暖差疲労>「肩凝り、頭痛、目まいは自律神経の乱れが原因」

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<寒暖差疲労>「肩凝り、頭痛、目まいは自律神経の乱れが原因」

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<寒暖差疲労>「肩凝り、頭痛、目まいは自律神経の乱れが原因」

 連日の猛暑で、肩凝りや頭痛に悩まされている人は「寒暖差疲労」かもしれない。これは気温の変化で体の不調が続く症状。最近は、エアコンによる外気温との差が大きいため、自律神経が乱れる人が増え、発症する人が多い。

 そもそも気温と自律神経の関係は密接な関係にある。外気温が高い時には体内から熱を放出するために発汗を促し、副交感神経が優位になる。逆に外気温が低いと、体内の熱を外に逃がさないように血流が低下し、交感神経が優位となる。副交感神経はリラックスした時に優位になるが、寒暖差が激しいと発汗の調節などにエネルギーを消耗してしまい、自律神経が乱れる。そのため、肩凝り、頭痛、食欲不振、めまい、冷え、気分の落ち込みなどさまざまな症状が現れるのだ。

 寒暖差疲労を起こしやすい要因は、暑さや寒さ、冷え性、エアコンが苦手、代謝が悪い、むくみやすいなど。季節の変わり目に体調を崩しやすく、オフィスや自宅で一日中一定の温度下で過ごしている人に多い。

 予防には筋肉をつけることが一番だ。筋肉量の多い人の場合、筋肉の中に栄養素やエネルギー源、水分が蓄えられるため、余力がある。痩せている人や筋肉がない人は余力が乏しいため、激しい寒暖差に体が対応できなくなるからだ。寝る前のヨガなどの有酸素運動や軽いストレッチ、スクワットで筋力をつけることを心がけてほしい。

 この時期はふだんより長めに寝たり、昼寝を取り入れるなど質の高い睡眠をとりたい。ポイントはシャワーではなく、お風呂に入るとリラックス効果が現れることだ。

 疲労回復や代謝に欠かせないビタミンBが多い豚肉や、抗酸化作用と疲労回復の「イミダゾールペプチド」が多く含まれる鶏の胸肉も摂取して寒暖差を乗り切ろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

関連記事(外部サイト)