「18歳成人」で横行!無知な若年層を狙う「新型詐欺」の実態

今年の4月から、成人年齢が18歳に引き下げ 無知な若年層を狙った詐欺が横行とも

記事まとめ

  • この4月から、成人年齢が18歳に引き下げられ、「大人」が一気に増えたことになる
  • 改正少年法施行で裁判員選任の可能性があり、犯罪者となった場合には実名報道が可能に
  • 18歳といえば、まだ社会を知らない無知な若年層で、若者を狙った詐欺が横行しそうとも

「18歳成人」で横行!無知な若年層を狙う「新型詐欺」の実態

「18歳成人」で横行!無知な若年層を狙う「新型詐欺」の実態

「18歳成人」で横行!無知な若年層を狙う「新型詐欺」の実態

 この4月から、成人年齢が18歳に引き下げられた。すなわち「大人」が一気に増えたことになる。ではこれによって、どんな変化が生じるのか。いくつか重要な注意点が指摘されている。

 例えば昨今、社会問題化している艶系ビデオへの強要出演。この契約取り消しが可能になる法整備が進みそうなのだ。このほか、

「改正少年法施行によって、裁判員に選任される可能性があります。逆に犯罪者となった場合には、実名報道が可能になる。さらにはローン、クレジットカード、アパートを借りる、などが親の承諾なくできるようになります」(社会部記者)

 こうした変化を受けて水面下で蠢いているのが、新たな犯罪だという。

「18歳といえば、まだ社会を知らない、無知な若年層。そうした若者を狙った詐欺が横行しそうなのです」(犯罪ジャーナリスト)

 社会経験の乏しさや知識不足に付け込んでのものだといい、

「詐欺的な定期購入商法、大人用サイトや法律違反サイトでのトラブル、投資や儲け話、怪しげなオンラインゲームをめぐる金銭問題などです。詐欺というと、中高年、高齢者を主なターゲットとしたものというイメージがあるかもしれませんが、これからは若者が詐欺師のカモになる可能性が高いのです」(前出・犯罪ジャーナリスト)

 果たして防衛するうまい手立てはあるのか──。

関連記事(外部サイト)