GW明け「鎖国日本」で猛威!「新たな海外ウイルス」の殺人力

GW明け、海外ウイルスに注意 謎の急性肝炎はアデノウイルスと関連か

記事まとめ

  • 謎の急性肝炎は、世界12カ国で169例が報告、重症の子供たちはアデノウイルスに感染も
  • 中国が北京までロックダウンしたのは、実はアデノウイルス隠しでは、と訝しむ声もある
  • 激症肝炎を起こすウイルスを、GW明け、ハワイ帰りの日本人などが持ち帰る可能性を指摘

GW明け「鎖国日本」で猛威!「新たな海外ウイルス」の殺人力

GW明け「鎖国日本」で猛威!「新たな海外ウイルス」の殺人力

GW明け「鎖国日本」で猛威!「新たな海外ウイルス」の殺人力

 欧米を中心に蔓延する、謎の急性肝炎。世界12カ国で169例が報告されており、日本でも3例が報告された。肝臓移植が必要なほど重症の子供たちはアデノウイルスに感染しており、中にはコロナウイルスに重複感染している子供もいた。

 イギリスとアメリカの保健当局も、アデノウイルスと関連に注目している。

「中国が北京までロックダウンしたのは、実はコロナではなく、このアデノウイルス隠しではないか、と訝しむ声も上がっています」(感染症専門医)

 かつてアデノウイルスは2006年から2008年にかけて、アメリカで猛毒株に突然変異し、アラスカの先住民集落を危機的状況に陥れたことがある。激症肝炎を起こすウイルスを、ハワイ帰りの日本人観光客などが持ち帰る可能性があるのだ。

 もっと怖いのが、麻疹だ。WHO(世界保健機関)は昨年比78%も麻疹感染者が増えていると、今年4月に警告を出した。都内では2021年、2022年と、麻疹患者はゼロ。コロナによる鎖国と緊急事態宣言で「無菌」「無ウイルス」の無防備な状態にさらされている。

 感染すれば麻疹にかからないというのはあくまで日本国内のウイルスの話で、2018年には台湾から持ち込まれた麻疹ウイルスで数十人の感染者を出した。麻疹が怖いのは、妊婦感染で胎児死亡を引き起こすからでもある。

 コロナより怖い海外のウイルスから身を守るために、GW明けは細心の注意が必要だ。

関連記事(外部サイト)