また「騙し商法」!スシロー「生ビール半額」で正規料金請求に「ブラック回転寿司だ」の怒号

スシローの「生ビール半額」巡り怒りの集中砲火 昨年の宣伝には景品表示法違反の指摘

記事まとめ

  • スシローで生ビール半額の掲示を見た客が注文したところ、まだキャンペーンを実施せず
  • SNSで拡散されると「これは騙される」「完全にブラック回転寿司」と怒りの集中砲火
  • スシローは昨年提供できないとわかっていながら宣伝したことで景品表示法違反の指摘も

また「騙し商法」!スシロー「生ビール半額」で正規料金請求に「ブラック回転寿司だ」の怒号

また「騙し商法」!スシロー「生ビール半額」で正規料金請求に「ブラック回転寿司だ」の怒号

また「騙し商法」!スシロー「生ビール半額」で正規料金請求に「ブラック回転寿司だ」の怒号

 人気回転寿司チェーン店のスシローが「またやらかした」と怒号が鳴り響いている。

 神奈川県内の「スシロー」で、生ビール半額の店内掲示を見た客が数杯注文したところ、実はまだ半額キャンペーンを実施しておらず、正規の価格で会計されたのだという。

 半額キャンペーンのチラシ写真と共に、その顛末がSNSで拡散されると「またスシロー?」「これは騙される」「完全にブラック回転寿司だね」など、怒りの集中砲火が浴びせられる事態になったのだ。

 広告代理店関係者が言う。

「スシローは昨年9月から12月の騒動で、公正取引委員会から景品表示法違反(おとり広告)を指摘されました。店舗にウニやカニの在庫がなく、提供できないとわかっていながら、テレビCMやインターネット上でキャンペーン商品を繰り返し宣伝したのです。当時も消費者からは『間違いなく確信犯』『スシローにはもう行かない』など大ブーイング。運営会社の『あきんどスシロー』の社長が、月額報酬を3カ月間、3割カットするとして謝罪したのですが、これにも『たった3割を3カ月だけ?』と、火に油を注ぐ結果を招きました」

 それが今度はビール半額トラブルで、

「チラシを見ましたが、デカデカと『何杯飲んでも生ビールジョッキ半額』の文字が目立つばかりで、何よりキャンペーン開始日が書いてありませんからね。あれが店内にあったら、ほとんどの人が勘違いするでしょう。あきんどスシローは『キャンペーン開始日の7月13日から掲出予定だった』と釈明。どうやら店舗のミスということで片付けるようです」(フードライター)

 店舗のミスであれ、またしても客が「騙され」てしまうスシローのやり方に、擁護の声は聞かれない。それどころか、「店舗のミスで終わらせようとか汚い会社」「ポスターの作り方もあざとさプンプン」「レシート持ってきたら半額返金とかナメてる。全額返金だろ!」などと、批判のオンパレードなのである。

「結局、この騒動で13日からの生ビール半額キャンペーンが、期せずして大々的に宣伝されたことになりますね」(前出・広告代理店関係者)

 回転させるのは寿司ではなく、客を欺くアイデアばかりなのか──。

(山田ここ)

関連記事(外部サイト)