火星で「パスタ」を発見!?探査車が捉えた「ミステリー物体」を解明せよ

火星で「パスタ」を発見!?探査車が捉えた「ミステリー物体」を解明せよ

火星で「パスタ」を発見!?探査車が捉えた「ミステリー物体」を解明せよ

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車パーサヴィアランスが現在、火星で活動中だが、7月12日に撮影されたモノが物議を醸す事態になっている。科学ライターが苦笑しながら言うには、

「なにやらソーメンのような、パスタのような、白い麺類的な物体が映っているのです。昔よく描かれた、典型的なタコあるいはクラゲ型火星人の、あの脚のような、細くてヒラヒラ、ふわふわした感じの…」

 誰かが火星でパスタを作って食べたのか。

「いや、そんなはずはないでしょう。何かの生命体というわけでもなく、いわゆる『宇宙ゴミ』というやつではないですか」(前出・科学ライター)

 宇宙は謎だらけ、ロマンの宝庫だ。この「パスタ」のミステリーをぜひ解明してもらいたい。

関連記事(外部サイト)