睡眠不足だと肥満のリスクが高まる仕組み解明 食欲抑制ホルモンのレプチンが減少

記事まとめ

  • 睡眠時間が短いと肥満のリスクが高まる仕組みを早稲田大学と花王の研究グループが解明
  • 睡眠不足になると高カロリーの食品が欲しくなり、これが肥満につながるという
  • 7〜9時間睡眠の人に比べ、肥満率が4時間以下だと73%、5時間睡眠で50%高いと判明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております