東日本大震災から6年 福島県内での避難者と地元住民との軋轢が断絶へと深刻な事態に

記事まとめ

  • 福島第一原発事故から6年、避難者と地元住民の軋轢は断絶へと深刻な事態となっている
  • 東京電力からの『賠償金格差』が、避難者と地元住民の間で軋轢を生んだのだという
  • 2013年には、市役所の壁などに「避難者は帰れ」と落書きされるなどの騒動が起きた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております