ミーアキャットの赤ちゃん、円山動物園で14年ぶりに誕生 体を寄せ合う愛らしい双子がお披露目

ミーアキャットの赤ちゃん、円山動物園で14年ぶりに誕生 体を寄せ合う愛らしい双子がお披露目

画像提供:札幌市円山動物園

札幌市円山動物園は4日、7月に誕生したミーアキャットの双子の赤ちゃんの写真を公開した。


ミーアキャットの赤ちゃんは、父親「あさひ」と母親「ゆうひ」の間に7月6日に生まれた双子(現時点では性別不明)。写真には、丸っこい体を寄せ合う愛らしい姿が収められている。


同園では、2008年から2014年まではミーアキャットを飼育していなかったこともあり、赤ちゃんの誕生は2003年以来となる14年ぶり。初めての子育てで奮闘する「あさひ」と「ゆうひ」を、職員も慎重に見守っている。一般公開の時期などは現時点では未定。赤ちゃんの成育状況をみながら時期を検討するとしている。


関連記事(外部サイト)