新紙幣デザイン発表 肖像に渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎 裏面は富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」など

新紙幣デザイン発表 肖像に渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎 裏面は富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」など

財務省のニュースリリースより

政府は9日、一万円札、五千円札、千円札、五百円硬貨のデザインを一新するとしてイメージを発表した。紙幣は2024年度から、五百円硬貨は2021年度から発行する。


新一万円札の表の肖像には実業界で活躍し日本の資本主義に貢献した渋沢栄一を採用。裏は明治・大正期を代表する建築物の一つである東京駅(丸の内駅舎)となる。新五千円札の表は、岩倉使節団に随行した最初の女子留学生の一人で、現津田塾大学を創立した津田梅子。裏は古事記や万葉集にも登場し、日本で古くから親しまれているフジ(藤)となる。新千円札の表は、日本近代医学の父と呼ばれる北里柴三郎。裏は葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」となる。


新紙幣には偽造防止対策として、高精細すき入れや銀行券への採用は世界初となる肖像の3D画像が回転するホログラムを導入。五百円硬貨には素材に新規技術を採用し、貨幣の縁には新たに「異形斜めギザ」などを導入する。

関連記事(外部サイト)