埼玉県八潮市に「ヤシオスタン」が生まれた理由とは?

埼玉県八潮市に「ヤシオスタン」が生まれた理由とは?

八潮市役所のそばに位置する「カラチの風」

 埼玉県八潮市。つくばエクスプレスの八潮駅前にはいかにも郊外といった風情の大型ショッピングモールが立つ。道路は広々としており、公園や林など自然も多く、東京23区と接しているとは思えないローカル感が漂う。



 八潮は「ヤシオスタン」の異名でも知られている。ペルシア文化の影響の強い地域で「〜の土地、場所」を意味する「〜スタン」と名付けられた八潮には、多くのパキスタン人が住んでいるのだ。

「8、9割くらいが中古車関連じゃないかな」

 と話すのは、パキスタン料理店「カラチの空」を経営するザヒッド・ジャベイドさん(50)。店頭にはパキスタンの衛星放送が流れ、店内に入ればスパイスの香りとウルドゥー語の装飾、パキスタンの観光地を描いた絵画や写真が出迎えてくれる。ヤシオスタンのパキスタン人たちの憩いの場だ。

「1990年代から日本の中古車市場に参入するパキスタン人が増えたんです」(ザヒッドさん)

 日本では廃車寸前の、5万円程度の中古車でも、パキスタンに輸出して売れば数倍の値段になる。フィリピンや南アフリカなども含めて、途上国への中古車販売という分野に着目したのが、パキスタン人だったという。

 八潮には中古車のオークション会場がある。出入りしているのは、日本人よりもパキスタン人のほうがはるかに多いそうだ。周辺の越谷や野田、岩槻、足立区などにも会場があり、ヤシオスタンはその中心地としてパキスタン人の生活の場になっていった。いまでは150人ほどのパキスタン人が暮らす。

 政府の政策も後押しする。中古車の持ち込みの際にかかる関税を、半年につきひとり一台までなら免除する措置をとっていたのだ。外貨獲得のため、海外への出稼ぎを奨励する制度だった。

 在日パキスタン人の間で中古車販売は代表的なビジネスとして育ち、現在では解体業や、タイヤ専門、バッテリー専門で売る業者、中古バイクや自転車を手がける人など、細分化を遂げている。

 そんな中、ザヒッドさんのような料理店はレアケースといえる。

「80年代までは、車じゃなくてじゅうたんを扱うパキスタン人が多かったね」(ザビッドさん)

 ザヒッドさんの叔父も神戸でじゅうたんの販売をしていたそうだ。叔父を頼りに遊びに来た日本で、自分も暮らしてみようと思い立ち、まだ18歳の頃に来日。まず日本語学校で言葉を覚え、それから医療機器の会社に就職し、20年以上働いた。

 故郷のラホールに帰ったのは2005年のことだ。日本でためた資金をもとに、父親が飲食業だったことも影響して、レストランをオープン。しかし、

「10代からずっと日本でしょ。だからパキスタンの文化や習慣にあまりなじめなくて(笑)」

 2010年に再来日。以降、ヤシオスタンでレストランを経営している。

 味に妥協はなく、「日本人向けのアレンジは一切していない」と断言。ほかの県に住むパキスタン人や、大使館の人々もやってくるほどの人気だ。日本のエスニックファンも多い。

 レストランであると同時にパキスタンの食材店でもあり、現地のコメやさまざまな豆、スパイス、お菓子などが並ぶ。買い込むついでにザヒッドさんと立ち話をしていくお客も多い。モスクも近くにあり、金曜日のお祈りが終わったあとは、とくに混み合う。ここはヤシオスタンの社交場なのだ。

 長年、日本で暮らすザヒッドさんは、日本人のモラルを絶賛する。「うそをつかない、時間やルールを守る。人にぶつかったら頭を下げる。電車を整然と乗り降りする。日本人は当たり前だと思ってやっていることができないパキスタン人、イスラム教徒がどれだけ多いか。家族や親戚がパキスタンから遊びに来るたびに、みんなビックリするんですよ」

 やや褒めすぎのようにも感じるが、ザヒッドさんにとって日本は居心地のいい、暮らしやすい国のようだ。「日本は平和で自由。女性の人権も守られている。イスラムの教えを実践しているのは、むしろ日本人のほうですよ」

 生活で困ることは、外出時にハラルフード(イスラムの戒律にのっとって処理された食品)のレストランが少ないことくらいだが、それも近年は増えてきており「ハラルのラーメン屋もあるほどだしね」と笑う。

 中古車業だけでなく留学生も多くなっており、日本に住むパキスタン人は増加している。ヤシオスタンのコミュニティーも拡大していきそうだ。(文・写真/室橋裕和)

関連記事(外部サイト)