厚生労働省が、2030年には約47万人が“死に場所難民”の可能性があると警告

記事まとめ

  • 団塊世代がすべて75歳以上になる「2025年問題」が東京五輪の5年後にやってくるという
  • 厚労省は「2030年には約47万人が“死に場所難民”になる可能性がある」と警告している
  • 横須賀市は行政、医師会、病院が一体となり在宅医療対策を進め、評価を受けている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております