トヨタ、新ロボット「KIROBO mini」の実力 約10センチで顔認識機能も…

トヨタ、新ロボット「KIROBO mini」の実力 約10センチで顔認識機能も…

トヨタが発表した「KIROBO mini」

 会見中、シャッターが切られるたびにその音に反応、あたりをキョロキョロと見回す。トヨタの吉田守孝専務役員が報道陣に向かって話をすれば、その傍らでうんうんとうなずいてみせる。9月29日に行われた会見でかわいらしい動きを見せたのは、トヨタが発表した新ロボット「KIROBO mini」だ。

 トヨタはこれまでもロボット事業に着手していた。2013年から14年にかけてはKIROBO miniの前身ともいえるコミュニケーションロボット「KIROBO」を宇宙ステーション「きぼう」に送り、宇宙で若田光一宇宙飛行士との会話を成功させている。

 そんなトヨタが今回発表したKIROBO miniのコンセプトは、人間との生活の中で「いつも寄り添い、心を通わせる」というもの。そのため、サイズや機能もそれに合わせたものとなっている。

 従来のKIROBOが身長約34センチだったのに対し、KIROBO miniは座った状態で身長10センチほど。基本的には座った状態で会話をするようにできており、女性の手のひらにも収まるサイズだ。自動車のカップホルダーにも入るサイズなので、一緒にドライブに出かけることも可能だという。

 特徴のひとつが「未完成」で、会話を通じて「成長」するという点。KIROBO miniは会話のなかで相手の興味や好き嫌いを覚え、そうした記憶をその後の会話に生かすことができるという。例えば、KIROBO miniに「今日はうな丼を食べたよ。高かったよ」と話しかけるとそれを記憶し、後日、別のタイミングで「うな丼」の話が出た際に「うな丼って高いんだよね」と返答したりするという。

 さらに、顔認識機能で相手の表情を識別することもできるようになった。カメラで相手の表情を認識すると、笑っているのか悲しんでいるのかを推測し、それに合わせて「何かいいことあった?」「何か頭にくることあった?」と会話内容を変えることができるという。

 顔認識とともに搭載されたのが「顔追従」の機能。これは話者の方向を推定し、そちらの方向を見て会話する機能だ。例えばKIROBO miniの真横から話しかけると、話者を見つけて、相手の方を見つめて返答する。また、物陰などで見えなかったところから相手の顔が見えると「見ーつけた」と話すなど、相手を認識する様々な機能が搭載されている。しかし、顔認識はできるが「顔認証」はできないため、相手が誰であるか判別したり、人によって会話内容を変えるといったことはできない。

 もうひとつの注目ポイントが、自動車や家と「つながる」機能だ。専用アプリをスマホにダウンロードし、スマホとKIROBO miniをBluetoothなどでつなぐことで、自動車や家との連携が可能だという。KIROBO miniを自動車と連携させると、こんなことができる。例えば、一緒に車に乗っている時に急ブレーキを踏むと、「あわわわ、気をつけてよ」、自動車から出ようとすると「置いていかないでよ〜」と話すなど、車の状態に合わせた会話を繰り広げる。

 家に関しても同様で「玄関の鍵しめたかな?」と話しかけると「大丈夫みたい。念のため自分の目で確かめてね」と答えるなど、家の状況を記憶して会話に反映させることができる。

 前出の吉田氏は「KIROBO miniは人に寄り添うパートナー。一方で、自動車の方はいろんなものにつながっていくという流れになってきている。人と車と家と、その間にKIROBO miniが入っていくのかなと思う」と話した。

 本体の価格は3万9800円(税抜き)だが、連携のため別途アプリ使用料(月額300円程度)がかかるという。全国のトヨタ車両販売店で17年に発売する予定で、それに先駆けて今年の冬から、都内と愛知県の一部販売店で先行販売する。

 10月4日から7日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2016にも出展を予定しており、そこで実際にKIROBO miniとのコミュニケーションを体験できる(文・横田 泉)

関連記事(外部サイト)