大家さんの2人に1人はトラブルに遭遇 天井ぎりぎりに積み上げられた◯◯に絶句!

大家さんの2人に1人はトラブルに遭遇 天井ぎりぎりに積み上げられた◯◯に絶句!

大家さんの2人に1人が、何らかのトラブルに巻き込まれていた(オーナーズ・スタイル提供)

 今やサラリーマンほど不安定な職業はないのではないだろうか。定期収入はあるものの、それだって保障はされていない。終身雇用は幻となり、過度な能力主義によって、いつクビになるかもしれない。年金もあてにならない今、家賃収入で暮らせる大家業は、多くのサラリーマンにとってあこがれの職業だ。

 しかし、どんな職業にも落とし穴がある。賃貸経営者向けに情報誌「オーナーズ・スタイル」を発行する出版社、オーナーズ・スタイル(東京都中央区)が、首都圏や関西の読者を対象にアンケート調査を行ったところ、回答した747人のうち、半数以上の397人が、何らかの事件・事故に巻き込まれた経験があることが分かったのだ。

 同社の取材で、例えば次のような話を聞いたという。長年入居している中年男性の勤務先から、転勤を拒否して出社しなくなったと連絡があり、「自殺しているかもしれない」と安否確認の依頼があった。警察官と男性の部屋に駆け付け、何度もインターホンを鳴らし、大声で呼びかけるも反応がない。思い切って合いカギで部屋に入ると、2DKのほとんどの空間がゴミで埋まっていたという。

 ゴミと天井のすき間はわずか数十センチ。男性は部屋にいなかった。その後、男性と連絡を取ろうと試みたが、手紙を入れても反応なし。電話機もゴミに埋もれていたためか、つながらなかった。会社を訪問すると警告してようやく連絡がつき、ゴミを片付けることを約束してくれたという。連絡がつかなかった間も、自宅で生活していたようだ。

 ゴミ問題は、賃貸経営とは切っても切り離せないようで、燃えるゴミやプラスチック、缶などを分別せずにゴミ捨て場に出して、収集されずに置いていかれるケースも多い。入居者を特定して注意することでたいていの場合は改善されるが、ワンルームの単身者に多く、入居や退去の際には、ゴミの出し方を細かく指導しなければならないという。

 同社によると、昔と比べて入居者の情報感度や権利意識が高まる中、入居者が原因のトラブルも増えてきているという。アンケートは、大家さんの実態や悩みなどを把握し、その結果を賃貸経営に生かしてもらおうと2015年12月に実施したものだ。

 いったいどのような人が賃貸を経営しているのか。回答者の約8割は男性、50〜60代が6割を占め、40代(18%)、70代(15%)と続いたが、30代も2%とわずかに存在した。大家歴は最も多かったのが10〜14年の26%で、次いで5〜9年(17%)、15〜19年(15%)だった。0〜4年と答えた人も12%おり、賃貸経営を始めて間もない人も多いようだ。

 調査結果によると、大家さんが巻き込まれた事件・事故のうち、最も遭遇率が高かったのは、「入居者が家賃滞納で強制退去に」で19.4%に上った。回答者の5人に1人が経験していることとなり、必ずしも安定した家賃収入が得られるわけではないようだ。

 次いで「入居者が夜逃げ、失踪」(9.2%)。前述の事例のような「入居者の部屋の中がゴミ屋敷に」(8.2%)は3番目に多かった。その後は「火事、ボヤ騒ぎが発生」と「入居者が空き巣に入られた」がいずれも同率で7.4%、「入居者が孤独死した」(4.4%)、「入居者が逮捕された」(4.3%)と、当事者になったとしたら頭を抱えてしまう事例が続く。「殺人事件が発生」(0.1%)という恐ろしい回答もあった。

 オーナーズ・スタイルの担当者は「調査結果のグラフに挙がっている以外に、入居者が自己破産してしまった、入居者が契約者と違っていた、反社会的勢力だった、といったケースもありました」とコメントする。

 トラブルへの備えとしては、火災は火災保険、家賃滞納は保証会社を利用する、といった対策がある。また、孤独死が増加傾向にある中、賃貸に入居している高齢者が孤独死した場合、リフォームなどの費用を支払ってもらえる「孤独死保険」も普及し始めているという。

 片付けや分別指導で対策が取れるゴミ問題なら、まだ解決の糸口が見つかりそうだが、孤独死や逮捕、殺人となってくると、まったくいただけない。日々あくせく働く身としてはせん望のまなざしを送ってしまうが、大家さんは、決して「楽な商売」ではなさそうだ。(ライター・南文枝)

関連記事(外部サイト)