池上彰さん緊急寄稿! ノーベル賞を受賞した大隅さんの研究が私たちに教えてくれること

池上彰さん緊急寄稿! ノーベル賞を受賞した大隅さんの研究が私たちに教えてくれること

大隅良典さん(左)と池上彰さん/(c)朝日新聞社(大隅さん)

 2016年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典さん。実は、9月に出版された本『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ――東工大で生命科学を学ぶ』(東京工業大学の生物学教授・岩ア博史さんと田口英樹さんの共著)の中で、池上彰さんと対談しています。

 大隅先生から直接、オートファジーや老化のしくみについて学んだ池上さんが、今回の受賞を受けて、大隅さんの研究が私たちに教えてくれること、そして大隅さんの生命科学に対する思いを記します。

*  *  *
 この本の中で話を聞いている東京工業大学の栄誉教授である大隅良典氏が2016年度のノーベル医学・生理学賞を受賞しました。本の中で「オートファジーの研究でノーベル賞有力候補である」と紹介していただけに、いわば“予言”が当たったようなものですね。

 この本は、東京工業大学で「生命科学」が必修になったのに合わせて、東工大の先生たちから生命科学の大切さを学ぼうと企画されました。

 私たちが生きていく上で極めて大切な存在がタンパク質です。私たちは、外部からタンパク質を吸収しないと生きていけません。

 ところが、船が難破して漂流したときなど、水だけである程度生きていくことができます。それはなぜか。私たちの体内にあるタンパク質を分解して組み立て直す仕組みがあるからなのです。そんなタンパク質の秘密に迫ったのが、大隅先生の研究です。

 それにしても、私たちは、なぜ生命科学を学ぶ必要があるのか。大隅先生は、理由を二つ挙げています。

 まずは「人間は地球上の生物のひとつである」という認識をもってほしいからだというのです。

 もうひとつの理由は「自然を考え直す」ことです。大隅先生が子どもだったころの時代は、田舎で自然と一体になって生きてきたことが実感としてありました。日常的に作物がすぐそばにありましたし、野原で食べ物を採って食べることもがありました。そういう実体験が、現代ではだんだん減っています。そこでもう一度、「自然を考え直す」ことが、生物学に限らず学問を学ぶ上で大事だというのです。

 生命科学の進展は、私たちの常識を覆し、新たな社会の到来を告げています。しかし、だからこそ批判的な視点が必要だと大隅先生は指摘します。

「一人ひとりの知識と、きちんとした批判能力が現代人には問われていると思います。最近は再生医療が注目されていますが、一部の人たちだけで決めるのではなく、社会的なコンセンサス(同意)が必要なはずです。今、何がどこまで実現していて、本当にこのままでいいのだろうかと、社会全体で考えるべきです。今は報道などで簡単に誘導されてしまい、批判的に考えることはそう易しくはないのですが、このままでは人類は豊かにならないのではないかと危惧しています」

 生命科学は、現代で生きるために必須の常識であり、現代の良識の基礎になるのです。(池上彰)

関連記事(外部サイト)