レントゲン室で女子高生の着替えを盗撮 30歳エロ放射線技師の手口と余罪

レントゲン室で女子高生の着替えを盗撮 30歳エロ放射線技師の手口と余罪

レントゲン室で裸盗撮の手口

レントゲン室で女子高生の着替えを盗撮 30歳エロ放射線技師の手口と余罪

写真はイメージ

 エロ放射線技師はレントゲンで女性の体の内部を撮影しながら、スマホで患者の裸を盗撮していた。

 レントゲン室で脱衣中の女子中学生の裸を盗撮したとして、東京都墨田区の診療放射線技師、安藤雅大容疑者(30)が15日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで千葉県警市川署に逮捕された。

 昨年11月11日午後6時ごろ、安藤容疑者が勤務する市川市内の診療所に、地元の女子中学生が診察に来た。診療所には更衣室がなく、安藤容疑者は女子中学生にレントゲン室で検査着に着替えるよう指示して、部屋を出た。女子中学生がブラジャーを取り、上半身裸になって検査着を着る様子を、レントゲン室の棚の上に隠したスマホで動画撮影していた。安藤容疑者はレントゲン撮影を終えた後も、女子中学生が検査着を脱ぎ、服に着替える様子を盗撮。安藤容疑者のスマホには、一部始終を撮影した13分間の動画が残されていた。

「別のわいせつ事件で安藤容疑者を逮捕してスマホを押収し、解析したところ女子中学生の盗撮動画が見つかった。スマホには他の女性の動画も残されていて、すべてレントゲン室で撮影されたものだった。盗撮の対象者は若いとか関係なく、ずっと録画モードになっていたようで、すでに消去された動画もあった。安藤容疑者は診療所の契約社員で、いつから勤め始めたかは定かではないが、少なくとも女子中学生が盗撮された11月から盗撮を続けていたとみている」(捜査事情通)

 調べに対し、一部否認しているというが、放射線技師という立場を利用して、第三者がいないレントゲン室で女性患者の着替えを片っ端から盗撮していたというから、とんでもないエロ放射線技師だ。

「もうここまで来るとコレクターというか、薬物と一緒。その瞬間の快楽、興奮、成功体験が忘れられなくなり、やめられなくなってどんどんエスカレートしていく。病気ですよ。別件で今回の事件が判明したから良かったものの、あのままだったらもっと被害者が出ていたかもしれない。患者にしてみれば、まさか病院のレントゲン室で盗撮が行われているなんて、思いもしなかった。それに乗じて盗撮を繰り返していたのだから医療従事者としてあるまじき行為です」(前出の捜査事情通)

 診療所にも隠しカメラが仕掛けられているとなると、いつ、どこで、誰に盗撮されているか分からない。

関連記事(外部サイト)