女子高校生遺棄事件 18歳高3殺害を供述した年上妻の異常な嫉妬心

鷲野花夏さんの遺体遺棄で小森章平・和美両容疑者を逮捕 章平容疑者は不倫を否定

記事まとめ

  • 高校3年生の鷲野花夏さんの遺体を遺棄したとして小森章平・和美両容疑者が逮捕された
  • 事情通によると夫は不倫を否定していたが、妻は疑っていたという
  • 妻も鷲野さんと面識があり、話し合っているうちに逆上したとみられている

女子高校生遺棄事件 18歳高3殺害を供述した年上妻の異常な嫉妬心

女子高校生遺棄事件 18歳高3殺害を供述した年上妻の異常な嫉妬心

警視庁向島署に入る小森和美容疑者(央)/(C)日刊ゲンダイ

 東京都墨田区の私立高校3年生、鷲野花夏さん(18)の遺体を遺棄したとして、31日、死体遺棄容疑で警視庁捜査1課に逮捕された群馬県渋川市のいずれも職業不詳の小森章平(27)と妻・和美(28)両容疑者。

 調べに対し、夫の章平容疑者は「(鷲野さんと)約2年前にツイッターで知り合い、妻に関係を嫉妬された」と話し、2人そろって「小屋の中で殺した」と供述しているという。

 鷲野さんは28日午後3時半ごろ、母親に「友人に会いに行く。夕方には戻る」と言い残して自宅を出たきり、連絡がつかなくなった。31日、山梨県早川町の山中にある物置小屋で、変わり果てた姿で見つかった。鷲野さんは壁にもたれるようにして、両足を投げ出して座っていたという。鷲野さんの首には細いロープが巻かれ、絞められた痕が残り、背中には刺し傷が4カ所あった。事件発覚を免れようとしたのか、携帯電話がなくなっていた。小屋は施錠されていた。

「章平容疑者は鷲野さんとの不倫関係を否定していたが、和美容疑者は疑っていた。和美容疑者も鷲野さんと面識があり、『3人で話し合おう』ということになり、章平容疑者が鷲野さんを呼び出し、鷲野さんは自ら夫婦の車に乗り込んだ。話し合っているうちに、和美容疑者が逆上したとみられている」(捜査事情通)

 30日午後7時20分ごろ、2人は長野県の中央自動車道「辰野パーキングエリア」にいるところを見つかり、遺体を遺棄したことを認めた。

半年前に別の男性と離婚したばかり

 2人が住んでいる渋川市の築約50年の自宅は昨年12月、和美容疑者が「長谷部和美」の名前で購入している。購入当時、和美容疑者は別の男性と結婚していた。近隣住民がこう言う。

「今年初め、旦那さんと挨拶に来た時は、『長谷部です』と名乗っていました。2人そろって近所のコンビニで働いていたようです。しばらくすると奥さんが家から出て行き、旦那さんが1人で生活していた。そのうち旦那さんもいなくなり、間もなくして今のご主人を連れて奥さんが戻ってきた。その時は明るく愛想も良かった。それが1カ月ほど前のことです。女性は離婚後、半年は籍を入れられないから、新婚ホヤホヤのはずです」

 嫉妬に狂い、10歳も年下の女子高生にカッとなって、殺害したとしたら、あまりにも短絡的だ。

関連記事(外部サイト)