「おはらいをする」と金をダマし取り20代女性を陵辱…“ペテン陰陽師”の悪辣手口

「おはらいをする」と金をダマし取り20代女性を陵辱…“ペテン陰陽師”の悪辣手口

おはらいと言って…(写真はイメージ)

「あなたには生き霊がついている。おはらいが必要だ」

 ニセ陰陽師は女性の弱みに付け込み、口から出まかせを言って金をダマし取り、体まで弄んでいた。

「隠れ陰陽師・真東無浄」と名乗り、SNSで知り合った宮城県内の20代女性から6万円を詐取し、性的暴行を加えたとして、名古屋市の無職、長谷川一人容疑者(53)が27日、詐欺と準強制性交の疑いで宮城県警仙台北署に逮捕された。

■悩みを抱える女性の弱みに付け込む

 私生活で悩みを抱えていた女性は昨年、SNSのオープンチャットに参加し、そこに長谷川容疑者がいた。2人はその後、直接やりとりするようになり、女性が長谷川容疑者に悩みなどを打ち明けていた。長谷川容疑者は昨年11月18日、「生き霊がついている。私はおはらいができる」と女性にメッセージを送信。「おはらい」の名目でATMから自分の口座に6万円を振り込ませた。20日に長谷川容疑者は仙台市を訪れ、「おはらいをする」と言って女性を信用させ、青葉区のホテルに連れ込み、セックスをした。

 その後も12月7日から今年4月8日まで計4回にわたり、長谷川容疑者は「生活費や交通費に困っている」とメッセージを送り、女性に20万5000円を振り込ませた。ダマし取った金はギャンブルなどに使っていた。

「さすがに20万円もの大金を長谷川容疑者の口座に振り込むよう指示され、女性はようやく、おかしいことに気付いた。女性が長谷川容疑者を問い詰めたところ、あっさり、『すべて嘘でした』と白状した。今年5月、女性が警察に相談して発覚。長谷川容疑者は性的暴行については容疑を認めているが、なぜかおはらいの費用をダマし取ったことについては否認しています。余罪があるとみて調べている」(捜査事情通)

「隠れ陰陽師」については、ネット上でこんな投稿が。

<隠れ陰陽師など真っ赤な嘘、似非催眠術師で元AV制作会社の男です。家族が死ぬなどと恐怖支配しお金と性的な被害を受けている女性ばかりです>

<「自分はがんだが特殊な力で進行していない」というのが真東無浄の口上。祈祷料だけでなく弱みに付け込み性交渉を求めます。抗がん剤、足代、たばこ代、あらゆるお金をせびるようになります>

<「家族がタヒのがん」とマインドコントロールし女性に金を無心。そして恐怖支配し性交渉を求める極悪人>(注=タヒとは死や絶望を意味するネットスラング)

 とんだペテン陰陽師だ。

関連記事(外部サイト)