診療報酬詐欺ドクターが強制わいせつで再逮捕 沖縄ハレンチ有名医師の止まらない悪評

診療報酬詐欺ドクターが強制わいせつで再逮捕 沖縄ハレンチ有名医師の止まらない悪評

わいせつ有名医師の悪評続々

診療報酬詐欺ドクターが強制わいせつで再逮捕 沖縄ハレンチ有名医師の止まらない悪評

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 帝王切開手術をしたかのように装い、診療報酬82万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで送検された産婦人科医が、20代の女性職員にわいせつな行為をした疑いで再逮捕された。

 強制わいせつの疑いで11日、沖縄県警捜査1課に逮捕されたのは、沖縄市の産婦人科医院「あいレディースクリニック」の院長、北條英史容疑者(52)。

 昨年8月、北條容疑者は診療時間中、病院内で20代の看護師に「ストレッチ体操をしよう」と言って近寄り、服の上から女性の胸を何度も揉み、体をなで回した。県警は同僚らから話を聞き、院内の防犯カメラの映像を分析するなどして捜査を進めていた。調べに対し、北條容疑者は「手が当たってしまったことはあるかもしれないが、わいせつな行為をしたことはない」とシラを切っている。

「北條容疑者は院内の一室に看護師を連れ込み、嫌がられても体を触りまくった。ターゲットは、お気に入りの職員です。北條容疑者は<コミュニケーションとかスキンシップだよ>と言って体を触ったり、抱きついたりしていた。2人きりになると手を出してくるそうです。院長と職員という立場上、なかなか<やめて下さい>とは言いづらい。黙っていると、ますますエスカレートするそうです」(捜査事情通)

 一方、同クリニックでは5年前から北條容疑者の指示により、診療報酬明細書の書き換えが横行していた。自然分娩を帝王切開手術に装う手口で、指示に従わない職員は叱責されたり、嫌がらせを受けるため、断り切れなかったという。パワハラやセクハラ、不正行為強要に耐えかね、退職する職員が後を絶たなかったというから、北條容疑者の横暴ぶりがうかがえる。

 北條容疑者はラ・サール高、鹿児島大医学部卒。地元テレビ局にCMを打ち、自らもメディアに出演するなど、地元ではちょっとした有名人で、クリニックは県内有数の売り上げを誇る。

「職員は院長の好みなのか、きれいな人ばかりで、皆親切です。ただ、入院費や食事代が他の病院に比べて高い気がして、薬や注射の量も多い印象です。転院を申し出ると露骨に嫌な顔をされ、なかなか紹介状を書いてもらえなかった人もいるそうです。頻繁に通院するように言われるため、病院はいつも妊婦や患者でいっぱい。数時間待たされることも珍しくありません。院長は気に入らないことがあると、患者の前でも看護師を怒鳴りつけます」(地元関係者)

 北條容疑者はクリニックのHPで、診察を終え、恥ずかしくて目を合わさなくなる患者に対し、<私は産婦人科医だからなんとも思わない>と断言していたが、とんだエロ産婦人科医だった。

関連記事(外部サイト)