路線バスでの“露出行為”をSNSに50回以上投稿…25歳中学校教諭オドロキの動機とは

路線バスでの“露出行為”をSNSに50回以上投稿…25歳中学校教諭オドロキの動機とは

(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

「幼少期から周囲に認められず、認めてもらいたかった」

 露出狂というと他人にイチモツを見せつけ、喜びを感じるものだが、コンプレックスを抱えた中学教諭はちょっと違った。バレないようにこっそり露出を繰り返し、自撮りした画像をツイッターに投稿して満足していた。

 神戸市教育委員会は昨年12月27日、同市垂水区を走る山陽バスの車内で下半身を露出したとして、市立多聞東中学の男性常勤講師(25)を懲戒免職とした。男性講師は12月2日に公然わいせつの疑いで兵庫県警垂水署に逮捕され、22日に不起訴(起訴猶予)となっていた。

 男性講師は2019年9月〜20年7月、バスや電車内で計5回、チャックを下ろし、イチモツをペロンとモロ出し。その様子をスマホで自撮りして、陰部の画像や動画を自身のツイッターに50回以上投稿していた。画像を見た人から県警に「ツイッターにわいせつな画像をアップしている」と情報提供があり、アカウントから発覚した。

■乗客のほとんどいない車内で露出を繰り返す

「男性講師は路線バスの他にも、JRの電車内や宿泊施設、自分の部屋でも陰部を露出し、その模様をツイッターにアップしとったんや。バスや電車で撮影する時は見つからへんように、車内に乗客がほとんどおらへんタイミングでやっとった。5回のうち、4回が出勤や帰宅時に撮影されたもんやった。ツイッターはカギ付きやったため、なかなか犯行がバレへんかった」(捜査事情通)

 男性講師は19年9月に臨時的任用教職員として採用され、20年4月に多聞東中学に赴任し、理科を担当していた。

「不起訴になったとはいえ、教員としてあるまじき行為だったので懲戒免職処分としました。動機はこれまでの人生で褒めてもらうことがあまりなく、ひとりの人間として認めてもらいたかったようです。以前、飲食店のアルバイト従業員が冷蔵庫に入った動画をアップして問題になりましたが、そういう心理状況で注目を浴びたかったのかもしれません。これまでトラブルはなく、精神的に不安定だったとか、勤務態度も問題はありませんでした」(学校関係者)

 男根を公開することで周りの関心を自分に向けさせ、喜びを感じていたのだろうか。

関連記事(外部サイト)